gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

子どもの貧困問題とは?国内・海外で貧困に苦しむ子どもが増えている現状や支援方法とは

子どもの貧困問題とは?国内・海外で貧困に苦しむ子どもが増えている現状や支援方法とは

日本では毎年のように貧困で悩む子どもたちが増えています。

また、世界では日本以上に深刻な貧困が蔓延しており、過酷な人生を強いられている子どもたちがたくさんいます。
今回は、日本をはじめ世界の子どもたちの貧困レベルを知り、私たちにできることは何かを考えましょう。

子どもの貧困による問題とは


世界的に問題になっている子どもの「貧困」。貧困といえば、アフリカの発展途上国をイメージする人が多います。しかし、貧困は日本でも避けられない問題です。
家庭、子どもの成長、貧困の連鎖など無視できない問題が山積みとなっています。

貧困とは

そもそも、貧困の定義とは何なのでしょうか?
貧困は、「絶対的貧困」と「相対的貧困」の2つに分かれています。それぞれの概要をまとめてみました。

絶対的貧困

絶対的貧困は、アフリカなどの発展途上国で起きている貧困のことを言います。
人間として最低限の生活を送れない貧困レベルです。

例えば、

  • 着る服がない
  • 食べるものがない
  • 飲み物がない
  • 住居がない
  • 教育を受けられない
  • 医療を受けられない

などが挙げられます。発展途上国の子どもたちは、学校に通えないため昼食は食べられません。
食事できたとしても、栄養のない食事で1日1食ということもめずらしくない状況です。

さらに満足な医療施設も周囲にないため、適切な治療は受けられません。住む場所や食べ物がないから体調管理する環境もない…。
絶対的貧困の子どもたちは、そんな環境の中で毎日を生きています。日本では考えられない状況です。

1日1.90ドルで暮らしている人たちが絶対的貧困の定義

具体的な指標は国や機関によって異なりますが、2015年に世界銀行によって1日1.90ドルで暮らしているかどうかと定義されました。2019年2月現在のドル円為替で換算すると、日本円で110円くらいになります。
南スーダンの月収は500南スーダンポンド(約420円)という調査結果も出ており、想像以上に厳しい現状であることが分かります。
(出典:平成26年7月 独立行政法人 国際協力機構(JICA)南スーダン共和国ファイナルレポート)

相対的貧困

日本を始めとした先進国での貧困を相対的貧困と呼んでいます。
相対的貧困の定義は、「所得の中央値の半分を下回っているか否か」です。
日本での例を出してみましょう。日本の平均年収の中央値は年によって変わりますが、だいたい250万円くらいと言われています。

その半分にあたる125万円が日本の相対的貧困の定義です。
月収10万円前後ということになります。

絶対的貧困の月収300円に比べるとずいぶんマシですが、日本で生活することを考えると低い金額です。

関連記事

日本における子どもの貧困、どのように変化している?
「貧困」の定義は?絶対的貧困と相対的貧困とは。子どもの貧困問題解決のためにできること
貧困家庭の子どものためにどのような支援活動が行われている?
日本でも増え続ける「子どもの貧困」問題とは?貧困の原因、支援方法は?
データで見る教育格差。子どもの貧困問題がますます深刻化している実状とは

貧困家庭の環境が子どもの身体・精神の成長に大きく影響

貧困家庭で育った子どもは、将来に関わる悪影響を受けることが分かっています。それは日本だけではなく、世界中で懸念されていることです。
貧困家庭は、子どもにどのような悪影響を及ぼすのでしょうか?

身体に与える影響

貧困家庭は、子どもに栄養のある食事を与えることができません。1日1食、あるいはそれ以下の食事しか与えられないことも多いのです。
その結果、栄養失調になる子どもが出てきます。栄養失調にならないまでも、身体を壊すことは必至です。

そのような時は、病院に連れて行く必要がありますが、収入が少ないため病院に連れて行くことができません。
市販されている風邪薬さえ購入できないケースもあるのです。

日本では1日1食しか食べられない子どもはかなり少数ですが、満足な量が食べられないケースは少なくありません。
また、コンビニのご飯やジャンクフードなど、偏った食事や栄養により身体に影響を与えることも懸念されています。

心に与える影響

貧困家庭の子どもは、子どもが当たり前に受けられる恩恵を受けることができません。例えば、おもちゃ、塾、習い事、洋服、家族での食事、家族旅行などです。
周りの子どもができていることを「自分だけできない…」と感じて塞ぎ込んでしまい、大人になっても引きずってしまう人もいます。

その結果、後ろ向きな人間になったり、人付き合いが苦手な人間になったりすることが多いと言われています。

関連記事

貧困が引き起こす教育格差とは?就職、結婚にまで影響する可能性も

子どもの貧困問題、日本の現状は?

前述したように、日本でも無視できない子どもの貧困問題ですが、一体どのぐらいの割合で起こっているのでしょうか。
日本の貧困率は15.7%と言われており、7人に1人が貧困生活を強いられています。
この割合は、OECDに加盟している先進国30か国の中で、4番目に高いのです。

日本は裕福な国と言われることが多いですが、それは一昔前の話。貧困層が増えているのが現状です。

(出典:平成28年 国民生活基礎調査の概況)

子どもの貧困の原因は?

子どもの貧困層の原因で一番大きいのは、親の貧困です。特に、ひとり親世帯が増えていることが大きな要因となっています。
中でも深刻なのは、シングルマザーの急増です。

深刻なワーキングプア

近年は、離婚が珍しくなくなり、一人で子どもを育てるシングルマザーが増えています。
手に職を持っているならまだ良く、多くのシングルマザーはパートやアルバイトなどの非正規雇用で働いています。

パートやアルバイトは、フルタイムで懸命に働いたとしても高収入は見込めず、生活が楽になることはありません。
このような状態を「ワーキングプア」と言います。
そうした生活では、子どもが病気をした時が深刻です。
病気の子どもを家に残すわけにはいかないため、仕事を休んで看病にあたるためなおさら収入が減ってしまいます。

親のリストラも深刻

両親が揃っている家庭でも、貧困になる場合はあります。その一つが、親がリストラにあうことです。
親が社長をしていた会社が潰れてしまって貧困になるケースもあります。

生まれた時から貧困だったケースとは違い、一般的な生活から貧困になるため、子どもが受けるショックは計り知れません
後に詳しく説明しますが、学校を辞めざるを得ないケースも出てきます。

子どもの貧困による日本の問題

日本の子どもの貧困が続くと、次のような起こる懸念がされています。

教育格差

中学校までは義務教育なので、子どもたちは学校ではある程度平等の教育を受けることができます。
しかし塾や習い事など学校以外の教育で学力や知能・運動能力などに大きな差が現れます。
「みんなに比べて自分だけできない」という経験が根付くとふさぎ込んだり消極的な性格が形成されてしまうため精神的にも悪影響を及ぼします。

さらに中学卒業後は家庭が貧困であることから、高校や大学に進学できない子どもたちが増えています。
進学できたとしても、退学しないといけない場合もあるのです。

就労後の収入格差

前述したような教育の格差が出てくると、就職できる職種にも差が出てきます。必ずしも高学歴が高収入に繋がるとは限りませんが、高学歴の方が稼ぎやすい事実もあります。
満足な教育を受けることができなかった子どもは、世間にありふれた職業に就りたり、非正規雇用で働くケースタ増えます。そのため収入の格差は、広がっていく一方です。

孤食

一人で食事をとることを「孤食」と言います。特に、ひとり親世帯の家庭で多い状況です。
収入源となるのは唯一自分のみとなるため、親は生活のために朝から晩まで働きに出なければならず、子どもが一人で食事をとることになります。

家族で食事をとるというのは、子どもが満足感や絆を感じられるため、大切な行いです。しかし、孤食が続いてしまうと、子どもは疎外感や孤独を感じてしまいます。
大きくなってもその孤独感を引きずり、「自分は愛されない人間」と思い込んでしまうのです。
関連記事
貧困家庭の子どもの食生活は?栄養不足や孤食による影響とは

栄養不足

貧困の家庭は、栄養のある食材を揃えることができないため、子どもが栄養不足になりがちです。
そんな状況下でも、子どもの食事にだけは栄養を加えようと努力する親もいます。
しかしできあいの惣菜やインスタント食品、ジャンクフードなど手軽に用意できるものが毎日続いてしまうと栄養が偏ってしまいます

精神面

教育格差や収入格差、孤独感などを感じた子どもは、周囲との関係を遮断してしまいます。
そのネガティブな性格を引きずったまま大人になると、社会に順応できない可能性もあるのです。非行や犯罪に走る可能性も否めません。

42兆9000億円の損失

教育格差や収入格差が広がると、働きたくても働けない人たちが増えます。それは、税金や社会保険料の徴収がしづらくなるということです。
それに、プラスして、生活保護などの公的支出も増えます。
このような世代の子どもが大人になって家庭を持つと、また貧困は続き連鎖を断ち切ることが難しくなる一方です。

子どもの貧困問題を解決せずにこのままいくと、社会的コストは42兆9000億円になると言われています。
自分の身の回りで貧困が起こっていなかったとしても、社会的コストとして降りかかる可能性があるため、日本全体が無視できない問題なのです。

日本で行われている子どもの貧困支援とは


日本の貧困問題を払拭しようとする動きも見えています。それは、以下のような貧困支援です。

教育支援

貧困で悩む子どもたちに勉強を無償で教えたり、学校外での学習費用を提供する支援が行われています。
子どもたちが塾や習い事に通えるようにクーポン券を提供する形で教育費用の支援をするNPO法人、小学生から大学生までを対象に学習支援を行っているNPO法人もあります。出張授業や放課後の学校を利用して、塾の代わりとして機能しているのです。

食事支援

子どもの栄養を確保するために、食事の支援も行われています。なかでも有名なのが「子ども食堂」です。
子ども食堂は、低価格で栄養のある食事を食べられる集いの場として知られています。開催場所は、カフェやショップ、個人宅など様々です。

食材は、地元の有志が集まって提供。子ども食堂は、週に数回〜月1回行われている為、決して多いわけではありませんが、全国に普及しつつあるので注目を浴びています。
子ども食堂に通えない子どもたちのために、自宅に食材を届ける支援も行われています。「こども宅食」が有名です。
1ヶ月に1度ぐらいのペースで、子どもがいる貧困家庭に食材を届けています。寄付金で運営が行われており、全国に普及させることを目的に活動中です。

経済支援

政府や自治体による給付金や支援金を配ることで、貧困層の経済支援をしています。寄付金は、全ての団体が随時受け付けているので、支援したい方はウェブで詳細を調べるのが良いでしょう。

関連記事

日本政府が行う子どもの貧困対策、生活・経済支援はどのような施策がある?
日本でも増え続ける「子どもの貧困」問題とは?貧困の原因、支援方法は?
貧困家庭の子どもの生活習慣や健康に与える影響は?子どもの暮らしを支援する取り組みとは
子どもの貧困、沖縄がワースト1と言われる原因と対策は?
子どもの貧困を終わらせたい!ひとり親・シングルマザーを支援する取り組みや活動内容は?
日本政府が行う子どもの貧困対策の一環、放課後子供教室や地域未来塾とは?
シングルマザー(母子家庭)の貧困率が高い理由とは?子どもの貧困の実状や原因、利用できる支援など
子どもの貧困を解決するため、政府が行っている対策は?

子どもの貧困問題、海外の現状は?

IMF(国際通貨基金)が発行した情報を元につくられたBusiness Insiderのランキングによれば、海外で貧困層が多い国は

  • インド
  • バングラデシュ
  • サブサハラ
  • ナイジェリア
  • エチオピア
  • コンゴ共和国

などがあります。

特に増加傾向にあるのはインドです。インド人口の13億人中、13.4%ほどが貧困層と言われています。人口にすると1億7,000万人ほどです。インドの貧困層だけで、世界の貧困層の1/4を占めています

世界銀行が行った調査では、ナイジェリアがインド以上に貧困国であるという結果も出ており、貧困層が増えているのです。

子どもの貧困の原因は?

長年にわたって貧困が続いている国は、内戦が続いており、子どもたちは命の危機を強いられています。

このような地域はインフラが不足しており、満足な住居や食料はありません。それらを補強しようとしても、できない地域なのです。
カースト制度などの宗教を理由に生まれつき立場が弱い子どもたちもいます。そのような子どもたちは、大人になっても身分が変わることはないため、一生貧困を強いられるのです。

子どもの貧困による世界の問題

世界の貧困層には、一度も学校に通ったことがない子どもがいます。そのため、字の読み書きができないケースが多いです。
深刻な食糧難で、夢は「お腹いっぱい食べること」と語る子どもも多くいます。

このような国では最低限のインフラが整っていないため、衛生的な問題も深刻化しています。そんな環境で暮らしていれば、身体を壊すことは必至ですし、栄養失調でお腹が膨れる子どもも…。しかし、医療が発展していないため、治療を受けられません。世界の貧困層の子どもたちは、命の危機と隣り合わせで生きているのです。

関連記事

世界中で続く子どもの貧困、私たちにできることは?
世界中で深刻化する子どもの貧困、海外の対策事例は?
格差の広がる中国、貧困層の子どもの教育や暮らしの実態は?
フィリピンの貧困の現状は?子どもの教育や暮らしとは?私たちにできる支援方法
カンボジアの貧困の実状、子どもの生活や環境、私達にできる支援は?

日本を含め世界中で貧困に苦しむ子どもたちのために私たちができること

ここまで記してきたように、世界には貧困で悩む子どもたちがたくさんいます。それは、日本も例外ではありません。
貧困に苦しむ子どもたちのために、私たちの身の丈でできることはどんなことなのでしょうか?

お金・物品の寄付

洋服や教育キット、知育玩具、etc。使わなくなったら捨ててしまうものって多いですよね。
捨てるよりももっと素敵な活用方法として、貧困で悩む子どもたちのために寄付してみてはいかがでしょうか。
日用品やおもちゃ、靴などそれぞれ寄付を求めている団体があるため、寄付する前にどんなものを必要としているか調べてみると良いでしょう。

モノだけでなく、お金による寄付も大歓迎です。
お金は、食べ物や道具の購入、インフラ設備、教育支援などあらゆること利用されます。
寄付金は、全ての団体が随時募集中です。
何万円も何十万円も寄付しなければいけないということはなく、最近では数千円、月々●●円など少額で寄付する方法が増えています。
少しでも貧困で悩む子どもの力になりたい…と考えている方は検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

子ども服を寄付して貧困支援!内閣府の「こども服みらいファンド」とは?
貧困家庭の子どものために寄付しよう。寄付できるモノや方法は?

ボランティア活動

直接子どもとふれあい、支えてあげられる方法としてはボランティアに参加するのがおすすめです。
ボランティアは体力仕事のイメージがあるかもしれませんが、いろんな形があります。

例えば

  • 食事を作る
  • 食材の調達
  • 梱包
  • 場所を貸す
  • 勉強を教える
  • メンタルケア
  • 企画
  • 宣伝活動

などなど。
コンピューター知識や勉学、料理など、自分の得意なことを活かしたボランティア活動ができます。

インターンを設けているボランティア団体もあるので、学生も歓迎です。積極的に参加してみてください。
ボランティアは、ほとんどの団体が随時参加を呼びかけています。貧困で悩む子どもたちと直に接して、実態を確認してみませんか?

関連記事

貧困家庭の子どものために私たちができるボランティア活動とは?

クラウドファンディング

クラウドファンディングでは分野を問わず様々なプロジェクトがありますが、貧困の子どもたちを救うための資金集めにも活用されています。
自ら出資する、またそういうプロジェクトがあることを周囲の人に知ってもらうことも支援の一つです。

情報を拡散し多くの人に現実知ってもらう

子どもたちを助ける輪を広めるためには、この実態を多くの人に知ってもらうのが先決です。
そのため、SNSやブログを利用して情報を拡散するのも立派な支援となります。
貧困の実態を拡散するだけでも構いませんし、様々な形態の支援方法を拡散しても構いません。

関連記事

世界中で深刻化する子どもの貧困、海外の対策事例は?
子どもの貧困支援に活かせる資格は?子どものために働ける職場や環境を解説
貧困家庭の子どもたちのために私たちができる支援の方法は?

世界の子どもを貧困から救うために私たちにできることはたくさんある


子どもの貧困問題は、解決しなければ貧困の連鎖を止めることができません。
今、この記事を読んでいるあなたに貧困が降りかかっていなかったとしても、社会的コストとして将来降りかかる可能性があるので、対岸の火事ではありません。

貧困に悩む世界の子どもたちを救うために、可能な支援をしてみてはいかがでしょうか。
「少額の寄付、物品の寄付ならできるかも」「情報の拡散だけでもしてみようかな」と思うだけでも支援の一歩を踏み出したといえます。
世界や日本で貧困に悩み苦しむ子どもたちのために、私たちにできることを考えていきましょう。

子ども(貧困)に関する記事