gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

持続可能な開発目標・SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」のターゲットや現状は?

持続可能な開発目標・SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」のターゲットや現状は?

現代は様々なものが生産され、国によっては手に入らないものはないほど物にあふれた時代となりました。これは生産力などの向上が要因となりますが、必ずしもこの状態がいつまでも続くわけではありません。

持続可能な開発という観点でいけば、浪費する量が多く、いずれは資源なども枯渇し、生産ができないような状況になってしまう可能性があるのです。

それは作る側も使う側にも課題があり、それらを改善することが持続可能な開発には不可欠となります。そのような課題を改善するためのSDGsの目標12についてターゲットや現状などを紹介します。

持続可能な開発目標・SDGsとは?17の国際目標やターゲットなどを解説

持続可能な開発目標・SDGsとは


SDGsは「Sustainable Development Goals website」の略称であり、持続可能な開発目標を示しています。

2001年に策定され、2015年に達成期限を迎えたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択されたこの国際目標は2016年から2030年までの期間で達成を目指し「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載されています。

SDGsは17のゴール・169のターゲットから構成され、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)こと」を誓い、SDGsは発展途上国のみならず先進国自身が取り組む普遍的なものとなっています。

(出典:外務省公式サイト「SDGsとは?」)
(出典:国際連合広報センター公式サイト「2030アジェンダ」)

SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」の内容とターゲット


SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」は持続可能な生産消費形態を確保することを目的としています。

持続的開発を阻む要因の1つには、食品廃棄や有価物の投棄など資源の浪費があげられます。
少ない資源で、良質でより多くのものを得られるように生産や消費ができる形態を目標12では求めているのです。

そのためには、生産工程での廃棄物の発生の抑制やユーザーのリサイクルやリユースの協力の呼びかけ、および実際に行われることが不可欠となります。

他にも産業界、政治家、メディア、消費者、地域共同体などを総動員することで、持続可能な生産と消費の形を作っていくことを目指し、策定されています。

それを達成するためのターゲットとして、対策を講じることはもちろんのこと、2030年までの天然資源の持続可能な管理と効率的利用、食糧廃棄や廃棄物の削減、化学物質などの放出の低減が謳われています。

他にも企業と行政機関の取り組み、メディアなどの役割なども盛り込むと共に、開発途上国への科学・技術分野への支援なども定められています。

ターゲット

目標12の具体的なターゲットは以下の11項目です。

12.1 開発途上国の開発状況や能力を勘案しつつ、持続可能な消費と生産に関する 10 年計画枠組み(10YFP)を実施し、先進国主導の下、全ての国々が対策を講じる。
12.2 2030年までに天然資源の持続可能な管理及び効率的な利用を達成する。
12.3 2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、 収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減少させる。
12.4 2020年までに、合意された国際的な枠組みに従い、製品ライフサイクルを通じ、環境上適正な化学物質や全ての廃棄物の管理を実現し、人の健康や環境への悪影響を最小化するため、化学物質や廃棄物の大気、水、土壌への放出を大幅に削減する。
12.5 2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。
12.6 特に大企業や多国籍企業などの企業に対し、持続可能な取り組みを導入し、持続可能性に関する情報を定期報告に盛り込むよう奨励する。
12.7 国内の政策や優先事項に従って持続可能な公共調達の慣行を促進する。
12.8 2030年までに、人々があらゆる場所において、持続可能な開発及び自然と調和したライフ スタイルに関する情報と意識を持つようにする。
12.a 開発途上国に対し、より持続可能な消費・生産形態の促進のための科学的・技術的能力の強化を支援する。
12.b 雇用創出、地方の文化振興・産品販促につながる持続可能な観光業に対して持続可能な開発がもたらす影響を測定する手法を開発・導入する。
12.c 開発途上国の特別なニーズや状況を十分考慮し、貧困層やコミュニティを保護する形で開発に関する悪影響を最小限に留めつつ、税制改正や、有害な補助金が存在する場合はその環境 への影響を考慮してその段階的廃止などを通じ、各国の状況に応じて、市場のひずみを除去することで、浪費的な消費を奨励する化石燃料に対する非効率な補助金を合理化する。

(出典:国際開発センター公式サイト)

エコロジカル・フットプリントの現状は?


エコロジカル・フットプリントとは人間が自然環境にどれだけ依存しているか、それを数値化して分かりやすくした指標です。

あるエリアの経済活動の規模を土地や海洋の表面積に換算し、その面積をエリア内人口で割ることで1人あたりのエコロジカル・フットプリントを算出。
それぞれエリア適正規模というものが存在し、それをどれほど超えた経済活動をしているかで、自然への負担を判断できます。

例えば日本のエコロジカル・フットプリントは4.3ha/人となっており、世界で見れば1.8ha/人なので、世界中が日本と同じ水準となった場合、地球2.4個分が必要となり、明らかな超過となります。
食だけで見れば、もし日本と同じ水準の食生活を世界全体がすれば1.6個分の地球が必要となると指摘されています。

当然、地球は唯一無二であり、それだけの生産力は持ち合わせていません。木材や海産物など陸や海における資源、石油や石炭などは限りがあり、過剰に使い続ければ生産力自体を減少させ、さらには地球温暖化など環境破壊を促進することになります。

これを続けていればいずれ地球は私たちが住むことのできない星になってしまう可能性も十分にあります。

木材や石油、石炭は私たちの物やエネルギーの過剰な消費、海産物は食生活のロスなどが自然環境や地球に大きな負担をかけていると言えるのです。

(出典:エコロジカル・フットプリント・ジャパン公式サイト)
(出典:WWF(世界自然保護基金)ジャパン公式サイト)

持続可能な消費と生産のために、私たちができることは?


ではこのような問題への対策や行動、私たちにできることあるのでしょうか。

まずこの問題に大きく取り上げられるのは食品廃棄、いわゆる食品ロスです。
世界の食用農水産物のうち、およそ3分の1が消費されることなく廃棄されています。先進国では6,800億ドル、途上国では3,100億ドルにも相当するロスになります。

食品ロスが発生する段階は先進国と途上国では異なりますが、先進国である日本では販売や消費段階での食品ロスの割合が高いため、必要以上の食品の供給を抑えることが求められます。

私たちの食生活の中でも余分に購入し過ぎない、できるだけ食材は使い切る、調理されたものはできる限り残さない、といったことに注意する必要はあるでしょう。

また、リサイクルやリユースにも気を配る必要があります。2000年を境に日本のリサイクル率は上昇し続け、2012年には20.4%に達しています。
しかし世界的に見れば日本のリサイクル率はまだまだ高いとは言えず、韓国やドイツ、オーストラリアに比べると大きく下回っていることから、さらなるリサイクルへの取り組みが必要となります。

企業単位で見れば、温室効果ガスの排出量の低減を推進するといった動きも必要です。
排出削減目標を社内で設定し、エネルギー効率の向上や再生可能制限の利用比率の上昇、メタン排出量、二酸化炭素排出量の抑制など、様々な施策を打ち出す企業もあります。

業種によって何を目標にするかは異なりますが、組織的に持続可能な消費・生産形態の実現に貢献するためにも、それぞれにできる目標設定が重要となります。

また、クローズド・ループ・システムへの取り組みを進める事業者もいます。これは市場で販売した製品を使用後に回収し、部品を再生あるいはリサイクルすることで、埋立地に送る廃棄物をできるだけ抑制するという取り組みになります。
このような廃棄物の抑制や再利用も今後はさらに促していくことが、目標達成には不可欠となります。

(出典:国連環境計画(INEP)機関誌「ー私たちの地球ー 日本語版2013 Vol.3」)
(出典:環境省大臣環境廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室「日本の廃棄物処理の歴史と現状」)
(出典:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所公式サイト)

私たち一人ひとりの行動が大きな力に


私たちは生産者側に回ることもあれば、消費者側に回ることもあります。多くの場合は消費者として様々なものに触れますが、今の状況を鑑みると浪費などをしていないと言えるでしょうか。

それを続けていれば、いずれ供給が難しくなる可能性も出てきます。
それでは、私たちの生活は立ち行かなくなる危険性もあるでしょう。そういった状況を作り出さないためにも、私たちができること、例えば食料品の浪費を抑えることや、リサイクルやリユースに積極的に協力することなどが大切です。

私たち一人ひとりの行動が、この目標12の達成には大きな力となります。今一度、自分の生活を見直し、できることから始めていくことをおすすめします。

つくる責任つかう責任に関する記事