gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

貧困が引き起こす教育格差とは?就職、結婚にまで影響する可能性も

この記事を要約すると

子どもの貧困。この言葉は、先進国である日本ではあまり関係ない問題と思われるかもしれませんが、実は身近に存在しています
その影響は大きく、貧困世帯では教育格差が生まれている現状です。
それはやがてその世帯で育った子どもが大人になっても付きまとい、就職や結婚にまで影響してくる可能性さえあるのです。
こちらでは、そんな日本の貧困と教育格差への影響などをご紹介していきます。

子どもの貧困問題とは?国内・海外で貧困に苦しむ子どもが増えている現状や支援方法とは

貧困が引き起こす教育格差


貧困であるということは、子どもの成長にも大きな影響を与えてしまいます。
特に、学力や心に大きな影響が及びます。

貧困によって、教育の機会が失われてしまうのです。
塾や家庭教師、習い事もそうですが、高校や大学進学には多額な費用がかかります。

貧困によって費用が払えないために、大学進学を諦める子や、進学するために高校生のうちからアルバイトをする「高校生ワーキングプア」なるものもあります。
さらに大学進学のために奨学金を借りても、その返済が大学卒業後に襲い掛かってくるため、貧困のスパイラルから抜け出せないでいる人もいるのです。

貧困の影響は精神面にも

また貧困による影響は学力だけではありません。
心にも大きな影を落としてしまうこともあります。
それは子どもの遠慮や自尊心の欠如を生み出してしまっています。

貧困に喘ぐあまり、親が子どもに「生まなければ良かった」「お前さえいなければ」などの否定的な言葉を使ってしまうケースもあります。
親からこういった言葉を浴びせられた子どもは、自尊心を抱けなくなってしまいます。
あるいは「お金がないから我慢なさい」と言う言葉をかけられれば、敏感な子どもは察していろいろなことを諦めてしまうようになってしまいます。

これらによって自分で自分の可能性を狭める、あるいは可能性を潰してしまうようになりかねません。

成長しても貧困による影響が苦しめ続ける

貧困による学力や心への影響はご紹介してきましたが、これらが高校や大学進学、就職にどのような影響を与えるのでしょうか。
それは長い苦しみとなって現れるようになります。
代表的なケースとして、下記が挙げられます。

  • 自己肯定感がない
  • 人の目を気にして自分を表現できない
  • 社会的な経験の不足

自己肯定感の欠如は、自尊心を抱けなくなる原因です。
自己を肯定できず、自己否定感の強い人間いなってしまい、何をしても自分はダメだと心を閉ざしてしまうことになります。

またそれが鬱病などの一端となり、やがては社会へ出て行くことさえも危ぶまれてしまいます。

これはいつ起こるかわかりません。
高校生や大学生など早い段階で現れれば、社会復帰できなくなる可能性もあります。
また就職、就業中に起これば自殺者などを出してしまう可能性さえあるのです。

人の目を気にして自分を表現できないようにもなります。
自己肯定感の欠如も起因していますが、何をするにしても周りから否定されるのではないかという「怯え」から自己を表現できなくなるのです。
これらは幼少期から貧困によって親から我慢させられたり、自分の存在を否定されてきたりしてきた影響とも言えます。

社会的な経験の不足

社会的な経験の不足は、先の塾や家庭教師、習い事など、学校外あるいは家庭外での経験が不足してしまうためです。
貧困によってそのような機会が失われてしまうのは先述しましたが、それぞれ費用が高いことからなかなかそのような経験をさせてもらえない子どもも増えています。
そのまま成長してしまうと、何かにチャレンジするといった精神が育まれないため、例え自分で何かをできるようになっても外へ飛び出していこうと言う気持ちが生まれず、結果としてさらに人より社会的な経験が不足してしまうと言うことになるのです。

教育格差を広げないためには教育支援が重要

貧困による教育格差を広げないためには、学校以外での勉強の場所や社会経験を積む場所が必要です。
さらにそれは、子どもにとって自分らしくいられる場所、自分を表現することを恐れることのない安心できる場所でなければなりません。
最近では子どもの貧困に危機感を抱く人が増え、教育支援を行なう団体が増えています。

各団体によって行われている教育支援の取り組みは?


現在、貧困により様々な機会を失われてしまう子どもたちを支援すると言う形で多くの団体が教育支援を行っています。
例えば、あるNPO法人では幅広い年齢の子どもたちの教科学習支援を行っています。

高校生の受験サポートや、中退予防、大学進学のためのサポートといった進学のためのサポートや児童養護施設向けやひとり親家庭向け、母子生活支援施設向け、生活保護家庭向けの学習支援…
こういった経済的に費用を工面する教育支援を行っています。

また地方公共団体など、自治体による教育支援も行われています。
例えば幼児教育では「私立幼稚園就園奨励費補助金」、小中学校へ通う子ども向けの「就学援助制度」、高校生向けの「高等学校就学支援金」など多くの支援が用意されているのです。
もちろん条件はありますが、貧困だからと諦めるのではなく、これらの制度を利用することで子どもの学習機会を増やしてあげることができるのです。
※支援内容は、各自治体によって異なります。

私たちにできる支援は?

それでは私たちには何ができるのでしょうか。
例えば先ほど出てきたNPO法人の活動は寄付やボランティアによって成り立っています。

私たちは寄付をすることでこのような活動の助力をすることができます。
あるいは教育に関係した仕事をしている方や、そのような経験がある方はスタッフとしてボランティアを行うこともできます。
そのような形で協力することができるだけでも、貧困で教育を受けられない子どもたちを支援することができるので、ぜひとも積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。