gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

貧困家庭の子どもたちのために私たちができる支援の方法は?

この記事を要約すると

貧困により生活に困窮している子どもたちに対して、私たちができる支援のかたちはいくつもあります。
ひとりでも多くの方がそれぞれにできることに取り組み、たくさんの支援が集まることで子どもたちを大切に育む社会を形成していくことにつながります。
ここでは私たちにできることとしてどのような支援の方法があるか、具体的な方法を以下にご紹介します。

子どもの貧困問題とは?国内・海外で貧困に苦しむ子どもが増えている現状や支援方法とは

貧困家庭の子どものために私たちができること


厚生労働省の「日本の子どもの7人に1人は貧困」という調査結果から垣間見えるのは、わたしたちが思っている以上に多くの子どもたちが貧困に苦しみ、将来への夢や希望を持つことさえためらっている現状があります。
豊かになったとされる社会にあまりにも多くの子どもが貧困に悩み、未来を思い描けないのは悲しい現実です。
しかし一人ひとりでは弱い私たちにも、貧困で苦しむ子どもたちのためにできることはたくさんあり、どんな小さなことでも自分にできる支援をできるだけ早く始めること。それが少しでも多くの子どもたちの役に立つことは間違いないことであると言えます。

様々な形で貧困に悩む子どもたちを支援しよう

どんなかたちであれ、子どもたちのための支援の活動にすぐにでも参加していくこと、それが何よりの支援となります。
みんなが意識を変えて、ささやかだと思えるようなことでも子どもたちが未来を夢見るための大きな一歩になると理解することも必要です。ですから今の自分にできる支援を考えることからスタートしてほしいのです。きっとあなたにできる支援の形がみつかるはずです。

子どもたちを寄付で支援する


寄付をする、というのは支援の形としては非常にシンプルでわかりやすい支援のひとつです。
実際に自分が身体を動かしたり、何かを手伝ったり、という肉体的行動としての活動による支援は難しい、あるいはもしかすると具体的な支援活動をするのは気が引ける、など様々な心情的なものもあるかもしれません。
また、顔が見えないほうが支援しやすい、という方も少なくないようです。
そんな場合でも支援団体などへの寄付なら、支援団体を通じて形あるものとして寄付が資金として活用されます。どのような活動であれば支援したいか、またどのような活動をしている団体があるのかを知ったうえで納得して寄付することでも理解を深めた支援につながっていきます。

寄付をするためには?

子どもたちを支援している団体は国内にも数多くありますが、中でも子どもの支援を行っている団体の会員となることでも寄付を行うことができます。
このほかにも児童養護施設などへ直接寄付をすると、施設を通じて子どもたちのために役立てられることになります。
それぞれの場合のメリットとしては、寄付が子どもたちを支援するための資金として使われると言うことでしょう。
子どもたちにとって必要なものなどとして寄付が利用されるため、物を贈った場合のミスマッチを防ぐことにもなり、年齢や性別などに偏らず子どもたちの支援ができることがメリットとしてあげられます。

金銭の寄付


子どもの支援を行っている団体ではより手厚い支援をして子どもたちが安心して学び、心身を育成に力を注ぎたい、と考えています。
そのためお金を寄付することでその支援の力も大きくすることになります。物の寄付であれば用途が限られてしまう場合もあるため、お金の寄付というのはその用途としての可能性も広がることから非常に有意義な支援になり得ます。

寄付の方法

金銭の寄付をするには児童福祉施設や支援団体に直接持参してその意思を伝えたうえでの寄付を行ってもよいでしょう。
支援団体などであれば寄付を受付専用の口座に振り込むという方法でも可能です。銀行や郵便局の窓口、自治体にもこうした寄付を受け付けている案内や情報があります。

物品の寄付


物品の寄付をしたいと考えている場合は、不足している物品の寄付が望ましいため、寄付を行いたいと考えている団体へ寄付の意向を伝え、不足している物品についてあらかじめ確認した方がよいでしょう。寄付されても取り扱いに困るようなことになってはいけません。どのような物品であれば寄付を活かしてもらえるのかを確かめて寄付しましょう。

寄付の方法

最近では洋服ショップや靴などを購入した店でリサイクル活動や寄付を受け付けていることも多いですが、全てのお店で対応しているわけではないので事前に確認が必要です。
またもったいないジャパンなど日用品や衣類などの寄付を受け付けているNPO団体もあるため団体のサイトで寄付を受け付けている物を調べ、直接送付するのも1つの手段です。

ボランティアに参加して子どもたちを支援する


支援の方法のひとつとしてボランティア活動に参加するという方法があります。これは直接自分ができるお手伝いをするというものです。
この場合にはボランティアを募集している団体や施設、活動などに確認し、その活動規定に従った行動が求められます
そのため活動規定を事前に確認し、適切な行動によるボランティアを行って子どもたちの支援に参加しましょう。ボランティアだから役に立ちたい、という思いが先走りすぎると支援を受ける相手にとっては負担になってしまうことになります。子どもは敏感ですから同情されることで卑下されたと感じることもあります。
決して不快な思いをさせるようなことがないよう、そのままの子どもたちに寄り添い、そっと支える、というスタンスを理解してボランティア活動に参加しましょう。

募金活動

募金活動というと、街頭などで行っていることをよく見かけることもあるのではないでしょうか。
支援団体の方だけでなく、ときには学生や生徒、児童たちのボランティア活動の一環として行われていることもありますが、この募金を呼びかける活動に参加するのも支援の方法のひとつです。
募金活動に参加するには、各団体に問い合わせる必要があります。また、募金活動を見かけた時に団体に声をかけて直接聞いてみるのも良いでしょう。
大型連休などの人の移動シーズンにも街頭で募金を呼びかける活動は頻繁に行われています。このような機会を目にしたらどんな団体がどんな支援をしているのか、注目してみてはいかがでしょうか。

プロジェクトに参加

子どもたちを支援する様々なプロジェクトがありますが、そのプロジェクトに参加して支援する方法もあります。全国的なキャンペーンのほかにも、各地の自治体などによる取り組みも年間を通して行われています。
お住まいの自治体のWebサイトや行政機関などで確認すると情報を得られるでしょう。また、企業などでも社会貢献活動として行っているプロジェクトもあります。インターネットサイトなどで告知していることもしばしばありますので情報を収集して積極的に参加してみましょう。

イベントに参加

子どもたちのために開催されるスポーツなどのイベントとしても支援活動は行われています。一般家庭の方が多く集まるイベントの機会に、子どもたちを取り巻く現状を知ってもらい、理解を深めることを目的としています。すべての子どもたちが幸せに暮らせる社会をめざすために自分自身でも社会の一員として考え、取り組み、行動すること。
それは多様化し続ける時代を成長させるためには不可欠なことだといえるでしょう。

NPO法人や団体で働く


子どもたちの育成に携わる仕事に従事して継続的に支援を行うこと。それも支援の形と言えるでしょう。
NPO法人や子どもを支援する団体の運営や大学や専門学校等で子どもの育成や社会福祉などの専門知識を学び、子どもたちを支援する専門家として社会の一端を担う仕事には覚悟も必要ですが、その分仕事としても十分やりがいのあるものでしょう。
社会にとって人材育成はとても重要なことです。少子化によって人材育成がさらに重要視されるなか、人材のスタート地点にある子どもたちを支える存在としても期待される職業でしょう。

情報を拡散・多くの人に知ってもらう


スマートフォンが普及して幅広い年齢層の方が使うようになりました。そのおかげでより多くの人々に情報を伝える機会としてもインターネットは非常に役立ちます。SNSやブログなど様々な方法で子どもの現状における問題を拡散し、たくさんの人に知ってもらうことは協力してくれる人を増やすことにもつながっていくでしょう。
なかでもSNSであればリアルタイムで、かつ短時間で情報を伝えられるため必要な支援がいち早く得られる方法としても昨今ではその活用方法に注目されています。
不特定多数の人々がインターネットを通じてスピーディーに拡がりやすいためルールを守って有効活用すればツールとしてはかなり強みがあります。

あなたの気持ちが誰かの力に

グローバル化やAIの導入により経済的な格差は今後もさらに拡がり、貧困の子どもたちをめぐる環境は今後も厳しくなることが予想されています。しかしその子どもたちに寄せるあなたの気持ちが、あらゆる支援の可能性を大きくしてくれます。
どんなささやかなことでも、貧困に悩む子どもたちのために何か行動しようと考えているなら、今回ご紹介したいくつかの方法を参考にしていただき、すぐにでも子どもたちへの支援をはじめてみませんか。
一人ひとりでは小さな力かもしれませんが、あなたがはじめた支援が少しずつ広がり、大きな輪になって子どもたちを包み込んでいく可能性を秘めています。子どもたちのことを支えたい、その気持ちがあればいつでも子どもたちを助ける力になります。
あなたの支援が子どもたちの成長を温かく見守る大きな一歩につながります。子どもたちの夢の数だけ支援は必要なのです。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。