gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

貧困家庭の子どものために私たちができるボランティア活動とは?

この記事を要約すると

日本で近年問題視され、様々な支援が始まった子どもの貧困。
貧困家庭の子どものために、地域や社会が動くというムーブメントも徐々に日本国内で起きつつあります。貧困家庭の子どもたちのために、私たちができることにはどのようなことがあるでしょうか。
ここでは貧困に悩む子どもたちのためにできる、ボランティア活動についてご紹介していきます。

子どもの貧困問題とは?国内・海外で貧困に苦しむ子どもが増えている現状や支援方法とは

子どもの貧困問題に向けてすぐに始められるのがボランティア


貧困家庭の子どものために私たちができる最初の支援として挙げられるのがボランティアです。
ボランティアはあくまでも任意で活動することができるような内容となっており、また子ども一人ひとりに直接自ら支援をすることができるなど様々な魅力があります。

ところで、平成28年に行われた厚労省の調査では、子どもがいる世帯の相対的貧困率は15.6%でそのうちの約半数はひとり親世帯というデータがあります。
近年の調査結果では子どもの貧困率は徐々に改善傾向にありますが、依然として多くの子どもが貧困に陥っていることに変わりはありません。

そしてこれらの子どもを支援するためには、膨大な時間やお金はもちろんのこと、マンパワーも必要となります。マンパワーについては、ボランティアという形で直接的に貢献することができるというわけです。

貧困家庭の子どものために参加できるボランティア活動


子どもの貧困の支援方法の一つにボランティア活動があります。様々な支援事業がありますが、実際にボランティアをする際は自分の特技を活かしてできるボランティアを見つけると良いでしょう。
実際に子どもと対面で向き合い何に困っているのか、悩みはないのか、さりげなくフォローしてあげることができます。そしてこれが、子どもを救う一つのきっかけになることもあるでしょう。

特に多感な子どもはボランティアの人との触れ合いに救いを見いだすこともあります。一人の人生を大きく変えるきっかけになる可能性もあるのが、ボランティア活動です。 ここではキャリア教育や学習支援などの支援活動をご紹介していきます。

高校生のキャリア教育に携わる

子ども・高校生のキャリア形成を行うNPO法人では、少し年上の先輩として大学生や社会人が高校生と少人数で話し合い、高校生の背中を押すようなワークショップを通してキャリア教育支援を行っています。

ワークショップのキャリア教育支援は、日常生活ではなかなか接点のない人同士が熱く話し合う貴重な体験となります。初対面の人だからこそ話せることもあるでしょう。普段出会わない人たちが出会うことで新しい刺激となり、将来の夢や希望にも良い刺激となることがあります。

このようなプロジェクトでは主に学生ボランティアを募集していることが多く、学生の方であればエントリーすることが可能です。事前の研修やフォローを受けてから高校生と対面するので安心して参加できるという嬉しい点もあります。

学習支援ボランティア

貧困家庭への支援ボランティアとしてよく取り上げられるのが学習支援ボランティアです。

様々な理由で学習渋滞になった子どもへの学習支援を実施する民間団体や行政支援があります。学習渋滞とは、様々な事情で日本の学習内容に合わせて学習を進めることができない状況を言います。
いわゆる不登校であったり、帰国子女などの理由で語学レベルに差があったり、塾に通いたくても通えないなどの背景が元で学習渋滞になる子どもが増えています。

そのような状況の中で、学校以外に教育を受ける機会の提供をするのが学習支援ボランティアです。

いくつかの団体も何らかの事情で学習渋滞など学習のフォローを必要とする子どもに寄り添って学習支援をしています。Webサイトから説明会などに参加して、研修を経てからボランティアが始まるという流れになっていますので、事前に研修を受けた上で参加することが可能です。

また学生時代に塾や家庭教師でアルバイトをした経験がある方や、子どもが好きだという方、そのほか社会問題に真摯に取り組みたいという方におすすめのボランティアとなっています。

体験活動支援

学習支援のほかに、子どもの体験活動支援というボランティアもあります。

家庭の事情で習い事に行きたくても行けないという子どもは多く、これらの子どもは習い事に通っている子どもたちと学習や体験において差が出てしまいます。
しかし習い事や様々な経験を通して学習をすることは贅沢なことではありません。このような機会を与えられない子どもたちはどうなってしまうのでしょうか。
この部分をもとに子どもに体験活動を支援するという団体も多く存在します。

例えば、教育サービスで使えるスタディクーポンを提供し、塾などの学習支援の他、サッカー、スイミング、ピアノ、絵画、そろばん、パソコン、外国語、習字、キャンプなど様々な体験活動として教育サービスが利用できるプロジェクト。
また、地域によって読み聞かせや子ども向け映画の上映、キャンプ、理科の実験、アートの紹介など子ども向けに様々な体験の機会が用意され、しかも参加費は無料といったイベントがあります。これらのイベントもボランティアで運営されていることがありますので、身近でこのようなボランティアを募集していないか調べ、参加することも支援の1つです。

インターンやアルバイトとしてボランティアに参加する

実際にボランティア活動をしようと団体のホームページをみていると、インターンやアルバイトの募集をしていることがあります。
その中でも特にインターンは学生を募集することがあり、中には大学を休学して打ち込むという学生もいるそう。

インターンとなると、ボランティアよりも多くの時間を子どもの貧困支援に使うことができ、より手厚い支援や問題を深く考えるきっかけにもなります。
またインターンは交通費のみ支給で報酬はなしということが多いですが、稀に報酬ありのインターンもあります。

熱い想いがある方はインターンなどを探し、団体やプロジェクトに参加するという方法もあります。

まずはボランティア活動の情報収集から始めよう


子どもの貧困支援は全国で様々な支援が行われています。自分が今いる地域ではどのような支援があり、ボランティアを募集しているのか調べてみことも支援の第一歩です。

情報はネットで検索するのはもちろん、国が主導する子どもの貧困対策「子供の未来応援国民運動」のホームページで調べる方法もあります。
こちらでは子どもの支援や地域ボランティア活性化のためなど、様々な支援団体を目的別に調べることができるので、学習支援や体験活動支援、ボランティアをしたい方に様々な情報を提供するという側面もあるサイトです。一度確認してみてはいかがでしょうか。

また支援団体によっては大々的にボランティアを募集していなくても、人手不足でホームページなどでボランティアを募集する余裕がなかったり、更新する時間が足りず実際は人づてにボランティアを募集しているためネット上ではボランティア募集情報を見つけられないこともあります。
気になる団体やボランティアを申し出たい時は、見学も兼ねて一度問い合わせをしてみるといいでしょう。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。