gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

子どもの貧困を解決するため、政府が行っている対策は?

この記事を要約すると

世界の中でも日本の子どもが貧困に陥っている割合は低くありません。
厚生労働省の発表によれば7人に1人の子どもが貧困であり、むしろ先進国としては高い方であることから、早急な支援や対策が求められています。

子どもの貧困を解決することは、未来を担う人材の育成につながり、自立した納税者として社会貢献に参与する可能性を高める重要な取り組みです。
政府もそのための取り組みに注力しており、様々な対策を行っています。
具体的にどのような取り組みを行っているのかご紹介します。

子どもの貧困問題とは?国内・海外で貧困に苦しむ子どもが増えている現状や支援方法とは

子どもの貧困は日本の深刻な問題

日本の子どもの7人に1人が貧困家庭で生活していることが厚生労働省の調査によってわかっています。多くはひとり親家庭と言われていますが、貧困が深刻化している理由には複合的な要因があり、NPO法人や地域の団体だけでなく政府も対策を行っています。

政府が行う子どもの貧困対策「子どもの未来応援プロジェクト」


子供の未来応援プロジェクトは、生まれた環境によって教育の機会が得られずに将来の可能性が閉ざされてしまう子どもたち、健やかな成長を育むための衣食住が十分確保されていない子どもたちのために行われている政策です。子どもたちが自分の可能性を信じて前向きに挑戦し、未来を切り拓いていける社会にするために様々な支援が行われています。
プロジェクトは「教育支援」「経済支援」「生活支援」「就労支援」の4つの柱に分けることができます。

教育支援


文部科学省による教育支援には、幼児から高等教育に至るまで広く対応しています。

幼児教育の無償化に向けて

幼児教育を段階的に無償化するための取り組みを推進するため、地方との協議や住民や事業者への説明などを実施。

義務教育の就学援助

義務教育を受ける子どもがいる家庭に対して、就学援助の制度により市町村から以下の費用などの支給支援を行っています。

学用品費/体育実技用具費/新入学児童生徒学用品費等/通学用品費/通学費/修学旅行費/校外活動費/医療費/学校給食費/クラブ活動費/生徒会費/PTA会費など

高等学校等就学支援金制度

授業料に充てるための高等学校等就学支援金を生徒に給付し、生徒が安心して学校生活を続けられる、学ぶ権利を守るための制度です。
国公私立を問わず高等学校等に通い、要件を満たす世帯の生徒に対して利用できます。

高校生等奨学給付金(奨学のための給付金)制度

所得が低かったり家計の急変などで経済的に困窮した場合でも、教育費の負担を軽減するために高校生等がいる低所得の家庭を支援する制度です。

私立高等学校等の授業料減免

家計の急変や生活保護による経済的理由から授業料の納付が難しくなった生徒に対し授業料軽減措置を行っている場合があります。

このほかにも高等教育機関でも授業料の減免などによる経済的な教育費の軽減措置に関する制度があります。

・専修学校高等課程の授業料減免
・国立大学の授業料等の減免
・公立大学の授業料等の減免
・私立大学の授業料等の減免
・国立高等専門学校の授業等の減免
・専門学校生への経済的支援(実証研究)
・特別支援学校・特別支援学級等で学ぶ際の教育関係経費の補助

また、大学等奨学金の制度もあり、高校在学時に予約による申し込みが可能な制度もあります。
制度として運用されているもののほかにも調査を始めることによって制度運用への検討資料とするための試みも政府や自治体によって行われています。

経済的な支援のほかにも学校生活や家庭での生活を幅広く支援するための制度として以下のような取り組みもあります。

・スクールソーシャルワーカーの配置
・スクールカウンセラーの配置
・家庭環境などによる教育格差の解消に向けた教職員定数の改善
・地域未来塾による学習支援
・放課後子供教室
・外部人材を活用した教育支援活動
・地域の教育資源を活用した教育格差解消プラン
・家庭教育支援
・コミュニティ・スクール
・補習等のための指導員等派遣(高等学校等)
・高等学校における次世代の学習ニーズを踏まえた指導の充実事業
・キャリア教育の充実
・スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)
・夜間中学
・学校給食の充実
・国立青少年教育施設での体験活動
・「子どもゆめ基金」事業
・学生サポーター制度

厚生労働省の取り組みでは、

・生活困窮世帯等の子どもに対する学習支援事業
・児童養護施設等で暮らす子どもへの学習支援

などの事業によって支援されています。

経済支援


厚生労働省の経済支援の事業では、児童扶養手当の支給を行っています。ひとり親家庭に対して要件を満たせば支給する児童のための経済支援です。

母子父子寡婦福祉資金の貸付

ひとり親家庭では非正規雇用や病気などにより低所得者の割合が多いという調査結果がありますが、ひとり親家庭では稼ぎ頭が一人となってしまうため、病気になると家計が急変し、経済的にも困窮するケースが後を絶ちません。
そうした家庭に対して自立を支援し、生活の安定を目的とした貸付制度です。

養育費及び面会交流に係る相談支援の実施

離婚の際の相談窓口として弁護士による養育費及び面会交流などの手続きを支援しています。
離婚後に養育費を受け取っていないひとり親家庭は過半数以上になり、離婚後ただちに経済的に困窮する家庭も少なくありません。
そのため養育費を請求するための手続きについてテンプレートなどのひな型を配布するなどでひとり親の経済的な問題の解決に向けて支援しています。

生活支援

厚生労働省の行う生活支援事業では主に以下のような制度があります。

・地域若者サポートステーション
・生活困窮者自立相談支援事業
・生活困窮者住居確保給付金
・生活困窮者家計相談支援事業
・子育て安心プラン
・幼児教育の段階的無償化
・乳児家庭全戸訪問事業
・養育支援訪問事業
・社会的養護自立支援事業
・児童養護施設等の体制整備
・ひとり親家庭の子供への学習支援
・ひとり親家庭の子供への学習支援

また、国土交通省は住宅に関する相談等にも取り組み、生活や就労のためにも必要となる住居の確保を支援しています。
そのほか、新たな住宅セーフティネット制度もあり、家系の急変や経済的な困窮により住居を失ってしまうことを防ぐことが目的です。

就労支援


厚生労働省で行う就労支援の事業では、ハローワークなどでも知られるように就労に向けたさまざまな支援を行っています。

公的職業訓練

職業訓練を行うことで就労の機会を得る可能性を拡げることが目的です。民間の専門学校などにも委託事業として協力しており幅広い分野での就業の可能性を高めています。

住居確保給付金の支給

家賃相当額の支給です。離職などで住居を失った方や、失うおそれがある方に対して、就職活動をするなどの条件のもと、一定期間の家賃相当額を支給しています。安心して暮らせる住居を確保して、就労支援をするのが目的です。

家計相談支援事業

家計を立て直すためのアドバイスを行います。
ここでは家計のお金を「見える化」し、自分で家計管理できるようになることを目的としています。支援計画を作成し、相談の支援や関係機関への連携、必要であれば貸付などについてもあっせんすることで早期の再生に向けた支援を行っているものです。

就労訓練事業

段階を踏んで就労の機会を提供する取り組みです。
すぐに就労することが難しい方のために行っています。個々のペースに合わせ作業が可能な機会を提供しながら、個別に作成した就労支援プログラムに基づいて、一般就労に向けた支援を中・長期的に継続していく就労訓練事業も行われています。

一時生活支援事業

住居を持たない方への衣食住の提供を行っています。住居をもたない方やネットカフェ等で不安定な居住形態の状況にある方に、期間を定めて宿泊施設や衣食の提供によって支援をしています。

このほかにも以下のような支援事業があります。

・ひとり親家庭高卒認定試験合格支援事業
・高等職業訓練促進給付金
・在宅就業では企業や店舗など外に働きに出られない事情を抱えた方でも在宅で就労できる機会を確保するための就労支援を行っています。

あなたのやさしさが誰かを救う支援に


文部科学省や厚生労働省などをはじめ、地方自治体などでも多くの制度によって子どもたちが学びの場を確保し、安心して学校生活を継続できるための取り組みはその効果も検証されながら行われています。

しかしどんなに十分な制度があっても、子どもたちの心身を育むのは環境や周囲の大人たちの見守りによるものも大きいと言えます。

インターネットやAIなどの技術の発展が著しい時代だからこそ、人と人とのかかわりが、子どもたちにとってはその後の人生を支える礎を築くためには不可欠です。
どんなささやかなことでも、子どもたちを見守りたい、というその思いをぜひ支援のチカラとして子どもたちに向けてみませんか。
そのやさしさが遠くの小さな子どもたちをそっと守る手のひとつになります。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。