gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

持続可能な開発目標・SDGsの目標7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」のターゲットや現状は?

持続可能な開発目標・SDGsの目標7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」のターゲットや現状は?

「2030年までに安価かつ信頼できるエネルギーを普及させる」と大きな目標を掲げている持続可能な開発目標(SDGs)。

世界のエネルギー問題を解決するために、大きな役割を果たしています。とはいえ、具体的な目標の内容まで分からないといった方も少なくありません。

今回は持続可能な開発目標・SDGsの目標7「誰もが使えるクリーンなエネルギー」について解説します。

持続可能な開発目標・SDGsとは?17の国際目標やターゲットなどを解説

持続可能な開発目標・SDGsとは


持続可能な開発目標・SDGsは、地球上の様々な課題を解決するために、掲げられた世界共通の目標です。

人々が安心して暮らせる世の中を実現するために、大切な役割を果たしています。

持続可能な開発目標・SDGsは2015年に実施された「国連持続可能なサミット」で定められ、各国が同じ目標に向かい、達成するために様々な取り組みを実施します。

SDGsは17の目標と169のターゲットから構成され、項目ごとに分野がわかれています。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任、つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさを守ろう
  16. 平和と校正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

(出典:外務省「JAPAN SDGs Action Platform」)

持続可能な開発目標・SDGsのテーマは「貧困」や「飢餓」だけに限りません。「気候変動」から「働き方」まで課題は多岐にわたります。

目標一つ一つには具体的な「ターゲット」も設定されています。目標を達成するにあたり、内容を具体化させた文章です。
目標とあわせて把握しておくと、世界が目指している生活のイメージが明確になるはずです。

SDGsの目標7「誰もが使えるクリーンエネルギー」の内容とターゲット


持続可能な開発目標・SDGsの目標7「誰もが使えるクリーンエネルギー」は、地球上のエネルギー問題を解決するための内容です。世界中の人々の手に、安く信頼のできるエネルギーが届く未来を目指します。

実現するためには、様々なエネルギー源に投資しなければなりません。太陽光や風力など種類は様々です。
一方で無駄に消費しているエネルギーを削減する必要もあります。生産できるエネルギーの量は限られるからです。

ターゲット

目標7の具体的なターゲットは次のとおりです。

7.1 2030年までに、安価かつ信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保する。
7.2 2030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。
7.3 2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。
7.a 2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率、および先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究および技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。
7.b 2030年までに、各々の支援プログラムに沿って開発途上国、特に後発開発途上国および小島嶼開発途上国、内陸開発途上国のすべての人々に現代的で持続可能なエネルギーサービスを供給できるよう、インフラ拡大と技術向上を行う。

(出典:国際開発センター公式サイト)

目標7は2030年までの達成を目指しており、良質なエネルギーが安く、多くの人の手に届く未来を築きます。

実現するは再生可能エネルギーの割合を増やすだけでなく、インフラ設備への投資も欠かせないとされています。
特に発展途上国に注力し、世界中の人々にエネルギーを提供するのが理想と言われています。

クリーンなエネルギーとそうでないエネルギーの違い


クリーンなエネルギーとは再生可能な自然エネルギーで、太陽光や風力などが挙げられます。自然から得られるので、枯渇する心配もありません。
人体的な害を与えないため、クリーンで安全なエネルギーと考えられています。

地球にもやさしい理想的なエネルギーですが、生産可能な量が限られているのが課題と言えるでしょう。
自然エネルギーは、2011年には全世界のエネルギーの約20%以上を占めるようになりました。
しかし自然エネルギーの比率を高めるために各国が投資し、技術開発コストの補填をしているのが現状です。

一方でクリーンではないエネルギーは、地球に害を与えるリスクのあるエネルギーで、石油や石炭などが例として挙げられます。人々の暮らしを快適にするために大きな役割を果たす一方で、各国の経済力を表す指標の一つといっても過言ではありません。

(出典:国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所公式サイト)

クリーンではないエネルギーによるリスク

クリーンでないエネルギーは、燃焼させると二酸化炭素が発生するために地球温暖化の要因となる恐れがあります。
地球温暖化が悪化すると海面が上昇するだけでなく、気候変動も活発となり食料不足につながる可能性も否定できません。

人間だけでなく、地球上の自然や動物に大きな悪影響を与えかねないため、クリーンでないエネルギーを使用する際は、環境への負担を考えながら生産し取り入れる必要があります。

電力を利用できない人は世界で5人に1人の割合

世界のエネルギー問題は深刻化しており、世界中で30億もの人が電気を利用できていないといわれています。つまり、およそ5人に1人が電気を使わずに暮らしているのです。

電気がなければ明かりをともすことはもちろん、機械を動かすこともできません。
電気の代わりに薪や石炭を使用している人が全世界に約30億人。中には動物の糞を調理に使用しているケースもあります。
エネルギーを利用できず、不自由な暮らしをしている人は、現在も多いのです。

(出典:国際連合広報センター公式サイト)

クリーンなエネルギーを広めるために世界で行われている取り組み


安全なエネルギーを届けるために、世界中では様々な取り組みが実施されています。エネルギー消費量をおさえる呼びかけを行う国も少なくありません。
エネルギーを確保するべく、国同士でパイプラインの建設を進めている事例もあります。

日本でも、エネルギーを効率的に消費するための施策が、打ち出されてきました。

「省エネ」に注力した商品を発売する企業も多く、そのほか二酸化炭素を排出しないエネルギーを生み出す研究も進められています。

各国が様々な対策を行うほど、エネルギー問題は深刻な課題の1つです。人々が持続的に生活し続けるためには、逃れられないテーマといえるでしょう。

まずは現状を知り、私たちにもできることを考えよう!


世界では5人に1人は電気を使わずに生活しているほど、良質なエネルギーが普及されていないのが現状です。
世界中の人々が安全でクリーンなエネルギーを利用できる世の中を実現するための道のりは、決して短くありません。

エネルギーについての課題を解決するには、クリーンなエネルギーの大切さを世界中の人々に訴求する必要があります。
まずは一人ひとりが関心を持ち、行動に移すのが大切です。

まずは私たちが暮らしの中で無駄な電力を使っていないか、また物を製造するためにもエネルギーが必要なため、食品・物を無駄にしていないかなど、身近なところから確認してみてはいかがでしょうか。

エネルギーをみんなに そしてクリーンにに関する記事