gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

アフリカの子どもたちを救うために私たちができる支援や寄付の方法は?

この記事を要約すると

アフリカでは、医師や医療従事者が不足している、また医療施設も少ないために満足な医療サービスを受けられない人が多くいます。

こうした現状を変革するためには、活動団体に対して寄付や支援をすることが必要です。
一人ひとりの力は小さくとも、大勢の人がアフリカのために行動することで、数多くの命を救うことができます。

この記事では、満足な医療サービスを受けることができない子どもたちの現状や、彼らを救うために私たちにできることを紹介します。

アフリカの医療の現状を知り、子どもや妊婦の命を守るために必要な支援を考えよう

満足な医療サービスが受けられないアフリカの子どもたち


2018年、死亡率推計に関する機関間グループ(IGME)が発表した報告書によれば、世界では子どもの死亡数のほとんどの540万人を5歳未満児が占め、その約半数を新生児が占めています。

そして、2017年の世界の5歳未満児死亡の半数がサハラ以南のアフリカ地域で起きています。

5歳未満で亡くなる子どもの死因のほとんどは、予防可能あるいは治療可能な、出産時の合併症、肺炎、下痢、新生児敗血症、またはマラリアなどです。
つまり、アフリカの子どもたちは、先進国であれば医療サービスを受けることで助かるような病気や感染症で命を落としているのです。

アフリカの子どもたちは、これらの病気や感染症にかかっても、医療機関で治療を受けることがほとんどできません。
医療設備や薬が整った病院は都市部にしかなく、公立の病院は満員の状態が多いのです。緊急の状態であったとしても、治療を受けることさえできず、長い時間を待たなければなりません。

さらに、先進国と同じレベルの医療を受けようと思っても、貧しい地域に暮らす子どもたちは公立の病院での治療しか受けることができません。私立病院も都市部には存在しますが、高額な治療費がかかるため、アフリカのなかでも高所得な人しか通うことができないのが現状です。

アフリカの子どもたちが満足な医療サービスを受けられないという現状を打開するためには国際機関や支援団体をサポートするためにも私たちの支援が必要です。以下では、私たちにできる支援の仕方について説明します。

(出典:IGME『Levels and Trends in Child Mortality 2018(2018年度版 子どもの死亡における地域(開発レベル)別の傾向)』)

アフリカの子どもたちを救うために寄付しよう!


日本に住む私たちでも、アフリカの子どもたちを救う方法はたくさんあります。

私たちのほんの少しの行動で、多くのアフリカの子どもたちを救うことができるのです。
その代表的な方法として行いやすいのが寄付です。

寄付は現地で支援活動を行う国連機関や団体を通して、現地の人や状況に応じて最適な形で活用されるのです。

以下では、様々な寄付の方法について説明します。

継続寄付

寄付には様々な方法がありますが、アフリカの子どもたちを救うためには長期的な努力が必要であるため、私たちも長期的な支援を行うことが大切です。

そして、長期的な支援を無理なく実現できるのが継続寄付となります。

継続寄付では、任意の金額を毎月、継続的に団体に寄付します。

継続寄付は基本的に自動で行われるので、一度手続きさえ済ませてしまえば、後は引き落としやクレジットカード払いなどで簡単に寄付ができるようになります

都度の寄付

寄付の方法は継続寄付だけではありません。継続寄付は継続的に寄付することが前提となりますが、できるときだけ寄付をする都度の寄付という方法もあります。
都合の良い時に、自由な金額を寄付することができる方法です。

定額で毎月寄付することは難しいという人、あるいは、まずはお試しで寄付してみたいという人には都度寄付の方が向いています。
一度寄付をしてみて、その団体の活動報告をみてから、今後寄付を続けるかどうかを考えることもできます。

もちろん、活動に納得がいけば、継続寄付に切り替えたり、さらに寄付をすることも可能です。

クラウドファンディング

クライドファンデングをしている団体に寄付することもできます。

クラウドファンディングは、ある事業やプロジェクトなどを行う団体や個人がその活動の資金を得るために行う資金調達方法です。

クラウドファンディングを行うと、その活動の報告を受けられますし、プロジェクトの結果として何かを受け取ることができることもあります

クラウドファンディングという資金調達方法は、新しく革新的なプロジェクトや事業を行っている企業が採用することが多く、参加しやすい方法であることから、近年はこうした資金調達方法を利用する人が増えてきています。

寄付金控除・税制優遇措置とは

寄付をすることで社会に貢献したいと考えている人の活動を後押しするために、一定の法人に寄付をした人には税制上の優遇が受けられる制度があります。

個人が国や地方公共団体、特定公益増進法人(公益社団法人、公益財団法人、社会福祉法人等税制上の優遇を受ける法人の総称)や認定NPO法人等に寄付をした場合には、寄付金控除を受けることができます。

寄付金控除の対象となる金額は、寄付をした金額の-2,000円です。ただし、総所得金額等の40%が、税制優遇を受けられる限度額となる点には注意が必要です。

従来、寄附金控除制度は、所得控除しか選択することはできませんでしたが、2011年の税制改正により、「税額控除」または「所得控除」いずれか有利な方式を選択し、寄付金控除を受けることができるようになりました。

寄付金控除を受けるためには、いずれの控除の場合も、確定申告の手続きが必要です。寄付した団体によって発行される領収書を確定申告書類に添付して税務署に申告することで、寄附金控除制度によって、税金の還付を受けることができます。

私たちの寄付はアフリカでどのように活用される?


活動団体に寄付されたお金はアフリカの子どもたちのために活用されます。
それは現地で活動を行う人件費であったり、子どもたちを救うための物資の購入、環境改善のための設備や機材の設置に関する費用などです。

具体的には以下のようなものがあります。(ほんの一例です)

  • 肺炎にかかった子どもの治療をするための抗生物質の購入
  • 下痢による脱水症から命を守ることのできる経口補水塩の購入
  • 蚊を媒介とするマラリアから子どもたちを守るための蚊帳の購入
  • 井戸を作るための資金

ワクチンなどを保存するための保冷庫などの購入

私たち一人ひとりの支援がこのような活動に結びつくことによって、多くのアフリカの子どもたちを救うことができるのです。

私たちの寄付がアフリカの子どもたちを救う!


日本で暮らす私たちでも、お金を寄付することで、アフリカの子どもたちを救うための活動を支援することが可能です。
支援団体の活動を通じて、多くの子どもたちの命が救われています。

一人ひとりの寄付は少額だとしても、多くの人が寄付をすれば、アフリカの子どもたちを救う大きな力となるのです。

アフリカの子どもたちを救うために、まずはできることから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。