gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

アフリカの子どもの死亡率が高い原因は?私たちにできる支援を考えよう

この記事を要約すると

先進国と比べると、アフリカの子どもたちの死亡率は非常に高いのが現状です。

5歳未満の子どもたちが命を落とす確率は、世界の中でもサハラ以南のアフリカ地域が格段に高くなっています。

私たちは、こうした問題を解決しなければなりません。そこでこの記事では、アフリカの子どもの死亡率が高い原因について詳しく説明し、私たちにもできる支援について考えていきます。

アフリカの医療の現状を知り、子どもや妊婦の命を守るために必要な支援を考えよう

満足な医療サービスが受けられないアフリカの子どもたち


2017年に死亡した15歳未満の子どもの数は630万人と推定されています。これは、子どもが5秒に1人の割合で亡くなっている計算です。

子どもの死亡数のほとんどの540万人を5歳未満児が占め、その約半数を新生児が占めています。

2017年の世界の5歳未満児死亡の半数がサハラ以南のアフリカ地域に集中しており、アフリカの子ども13人に1人が5歳の誕生日を迎える前に命を落としていることになります。

5歳未満で亡くなる子どもの死因のほとんどは、予防可能あるいは治療可能な、出産時の合併症、肺炎、下痢、新生児敗血症、またはマラリアなどです。
これらの原因のうち、約3分の1を占めている肺炎、下痢、マラリアは、家庭でも予防できる病気です。普通であれば予防できる病気であっても、アフリカの子どもたちにとっては致命的な病となっているのです。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト)

アフリカの幼い子どもが感染症になってしまう原因とは


アフリカの幼い子どもたちが感染症になってしまうのには原因があります。
5歳未満で亡くなる子どもの命の多くは、安全な水やワクチンがあり、適切なケアを受けられていれば守ることができる命です。

そして、亡くなる子どもの半分以上に栄養不良が関係していることも分かっています。以下では、アフリカの幼い子どもたちが肺炎、下痢、マラリア、エイズなどといった感染症にかかりやすい理由を説明していきます。

栄養不良

5歳未満児死亡の約半分は、栄養不良に関係しており、その数は年間300万人になると言われています。
栄養不良の子どもたちの4分の3が南アジアとサハラ以南アフリカに集中しています。特に、農村部の貧しい家庭ほど、栄養不良の子どもたちが多い傾向にあります。

栄養不良を防ぐためには、母乳育児、補完食の摂取が重要です。また、微量栄養素、ビタミンAの投与も必要です。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト,2013)

水・衛生環境

アフリカなどの貧しい地域に済む子どもたちの多くは、池や川、湖、整備されていない井戸などから水を汲んでいます。

多くの途上国では、水汲みは子どもたちの仕事です。
サハラ以南のアフリカ諸国だけでも、330万人を超える子どもたちが、水汲みや家庭の手伝いにより学校に通う時間を確保できていません

池や川、野ざらしの井戸などの水源は、多くの場合、泥や細菌、動物のふん尿などが混じった危険な水です。浄水処理をしないまま飲むと、抵抗力の弱い子どもたちはたちまち下痢を起こしてしまいます

さらに、手に入る水の量が少ないために、身体や生活環境を清潔に保てなくなると、子どもたちは肺炎などさまざまな病気に感染しやすくなります。

肺炎や下痢による子どもの死亡の4分の3は、南アジアとサハラ以南のアフリカを中心とした15カ国でおきています。

肺炎による死を防ぐためには、母乳育児、予防接種が重要となり、下痢の治療には経口補水塩や亜鉛、栄養のある食べ物を摂ることが大切です。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト)

医療サービスを受けられない

アフリカのような途上国では、満足な医療を受けることができていません。

その結果として、治療が可能な感染症であっても致命的な病となってしまいます。

肺炎になっても53%の子どもたちが治療を受けることができず、下痢になっても子どもたちの62%は治療を受けることができません。

さらに、早期に治療を行うことが重要となるマラリアに感染した子どもたちでも、70%が治療を受けることができていない状況です。

アフリカにおいては、過半数の子どもたちが適切な治療を受けることができずにいるのです

(出典:日本ユニセフ 公式サイト,2017)

アフリカの子どもたちのために私たちができること


アフリカの地域に住んでいる子どもたちのために、日本で暮らす私たちにもできることはたくさんあります。

以下では、アフリカで医療を受けられない子どもたちに対して私たちができることを紹介します。

寄付・募金

寄付・募金によって、数多くの子どもたちの命を救うことができます。

たとえば、肺炎は早期の発見と薬の投与が生死を分けることになりますが、近年では予防用のワクチンが普及しています。

私たちの寄付や募金によってワクチンを購入することができれば、子どもたちも肺炎にかからなくなり、健康に成長できるようになります。

そのほか、井戸や水道などの設備を整備したり、蚊が媒介するマラリアの予防のために蚊帳の購入・設置にも使われます。
いずれもアフリカの子どもたちにとってはなくてはならず、命を守るために重要なものです。

アフリカの子どもたちを救うためには、医療だけでなく貧困・栄養・衛生・教育など多くの課題を、現地政府や他機関と力を合わせて解決していかなければなりません。
そうした活動のための資金として、私たちの寄付や募金が有効的に活用されます。

ボランティア

アフリカの子どもたちを救うためにボランティアをすることも可能です。
日本では募金の呼びかけボランティアや問題について認知を広げるための活動に参加するなどのボランティア活動ができます。

こうした活動は全国各地で行われています。これらの活動に参加するだけでも、アフリカの子どもたちの命を救うことに貢献できるのです。

問題への理解を深め周囲に伝える

アフリカの子どもたちを救うためには、問題への理解を深め、伝えていくことも重要です。

アフリカの子どもたちを救うためには、現状の課題や解決策、必要な支援などの情報を積極的に提供することによって、問題に対する理解を深めることができます。

そうすることで、アフリカの子どもたちに対して何かしようという人が増え、支援の輪が広がっていくのではないでしょうか。

私たちの少しの行動が多くの子どもの命を救う力に!


日本からは遠いアフリカの子どもたちのことであっても、私たちの少しの行動によって救うことができます

アフリカの子どもたちの命を救うためには、一人が多大な努力をするのではなく、たとえ少しでも多くの人が継続して行動していくことが重要です。

アフリカの子どもたちのために、まずは自分のできることから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。