gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

生活に不可欠な水の衛生環境。意外と知らない世界で起こっている問題は?

この記事を要約すると

私たちが生きていく上で水は必要不可欠となっています。飲み水はもちろんのこと、料理を作るため、手洗い、お風呂、トイレなど衛生面でも利用されることが多いです。

日本では衛生環境の整った状態でこれらの生活用水で使用できますが、このような環境が整っている国は果たしてどれだけあるのでしょうか。

実は世界ではこの環境が整えられた国や地域というのはそれほど多くありません。
具体的にはどれほどの人々が衛生環境が良くない状況にいるのでしょうか。

今回は、日本にいると意外と知らない、世界の水や衛生事情を中心としてご紹介していきます。

世界の水・衛生問題について知ろう!私たちにできる支援を考る

世界の水と衛生事情

日本のほとんどの場所では安心して使える水が蛇口をひねれば使えるのが当たり前の生活となっています。
しかしこのような安全な水の確保ができるのは世界でも多くないことは意外と知られていません。実は世界の多くの場所で、安全な水が確保できず、衛生面でも不安が残っているのです。

現在、世界の人口が約70億人に対して21億人が安全な水を確保できていないといわれています。つまり、10人に3人は水問題に悩みながら生活していることになります。さらに8億4,400万人は安全な飲み水が確保できていない状況です。

日本のように水道施設が確立されておらず、蛇口はもちろん配水管すらないため、水の確保のために池や川から組んできた水を飲用、料理や手洗いにも利用しているのです。
これによる弊害はいろいろありますが、最も問題視されるのは衛生面、そして子どもの時間を奪ってしまっていることに危機感を覚えなければいけません。

(出展:国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパン公式サイト)

水・衛生問題が子どもたちに与える影響とは


水の確保や衛生問題は大人たちだけでなく、子どもたちにも大きな影響を与えてしまいます。
特に命の危険という意味では非常に悪影響だと言えます。

安全な水が飲めない、不衛生な環境であることで抵抗力の弱い子どもは命を落としてしまうことになります。
実際にそれが原因で命を落としている子どもはあとを絶たちません。

それだけではなく、水を確保するという行為自体が子どもたちの未来をも奪ってしまっている現状もあります。

きれいな水が飲めない子どもたち

水の問題がある地域では、水道施設はおろか、水を確保するための場所さえ危うい地域が多く存在します。
水が出る蛇口や配水管はもちろんなく、水汲み用の掘り抜き井戸すらありません。
そうなると、近くにある池や川から水を汲んでこなければいけません。これは衛生上、非常に良くありません。

池や川の水は多くの場合、汚染された水です。病原菌や寄生虫が存在し、それを含む水を使うということは重篤な病気を引き起こしかねないのです。
特に知能の発達や身体の成長が未成熟な子どもにとっては取り返しの付かない影響を及ぼす危険さえあります。

抵抗力の弱い幼児は下痢による脱水症状でも命を落とす可能性があります。実際に下痢性の病気で命を落とす5歳未満の子どもは毎日900人以上にのぼるとされています。

また汚染された水によってコレラ、赤痢、A型肝炎、腸チフスなど様々な感染症の伝染を引き起こす可能性があります。

水汲みの時間が子どもの未来を奪う

そして、問題は衛生面だけではありません。このような不衛生な飲み水でも確保するためには池や川へ汲みに行かなければいけません。
しかもそれは1日に必要な分となるため、1回の水汲みでは補いきれないことがほとんどです。
そうなると何度も往復することになり、その距離が遠いほど時間がかかります。

多くの場合、この担い手となるのが子どもたちなのです。人によっては半日をこの水汲みで時間を使う子どももいます。
この時間によって教育を受けることさえできず、貧困の連鎖なども起こってしまっているのです。
きれいな水が飲めないというのは、衛生面でも教育面でも重大な問題となっているのです。

子どもたちに安全なトイレがない

水が確保できない場所の多くでは不衛生な環境も深刻となっています。
まず安全なトイレがありません。これにより、排泄においても不衛生な環境を助長してしまっています。
多くの場所では安全なトイレどころか、トイレの設備そのものがなく、そのまま排泄している状況になっています。
そうなると生活環境そのものが不衛生となってしまうのです。
またトイレがあってももちろん水洗ではないため、衛生上問題のある状態で放置されてしまい、使用している人々の衛生への意識が低いため、安全とはいえない状況です。
さらに、水がないことにより手洗いをする習慣がないことも不衛生な状況を作り出してしまう要因になっています。

「MDGs(エムディージーズ)」「SDGs(エスディージーズ)」とは

このような世界の水や衛生環境、あるいは飢餓問題などありとあらゆる世界の問題について、世界では討論され対策を協議しています。
そんな中で採択されたのが「MDGs(エムディージーズ)」と「SDGs(エスディージーズ)」です。
当初採択されたのはMDGs(エムディージーズ)ですが、その後後継としてSDGs(エスディージーズ)が採択されました。
これらはそれぞれ一定期間で達成すべき目標をゴールとターゲット項目に分けて、明確に達成できたかどうかを認識できる内容で作られています。

「ミレニアム開発目標(MDGs)」について

MDGsはミレニアム開発目標の略称であり、2000年に国連ミレニアムサミットで採択された2015年までに達成する目標を盛り込んだものです。
193の全国連加盟国と23の国際機関が合意したものとなります。主な目標は8つであり、以下の通りです。

  1. 極度の貧困と飢餓の撲滅
  2. 普遍的初等教育の達成
  3. ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上
  4. 幼児死亡率の引き削減
  5. 妊産婦の健康状態の改善
  6. HIV/エイズ、マラリア、その他の疫病の蔓延防止
  7. 環境の接続可能性の確保
  8. 開発のためのグローバル・パートナーシップの構築

これらが世界の様々な問題を解決する上で必要とされた目標です。特に今回の水や衛生環境に関しては3を除く全ての目標が関わってきます。

「持続可能な開発目標(SDGs)」について

SDGsは接続可能な開発目標の略称であり、上記のMDGsが2015年に終了したことを受け、同年9月の国連総会でMDGsを引き継ぐ形で採択されました。
こちらはさらに17の目標と169のターゲットへと変更され、2030年までの達成を目指しています。

  1. 貧困をなくそう
  2. 飢餓をゼロに
  3. すべての人に健康と福祉を
  4. 質の高い教育をみんなに
  5. ジェンダー平等を実現しよう
  6. 安全な水とトイレを世界中に
  7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  8. 働きがいも経済成長も
  9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  10. 人や国の不平等をなくそう
  11. 住み続けられるまちづくりを
  12. つくる責任 つかう責任
  13. 気候変動に具体的な対策を
  14. 海の豊かさを守ろう
  15. 陸の豊かさも守ろう
  16. 平和と公正をすべての人に
  17. パートナーシップで目標を達成しよう

MDGsの目標を細かくしたもの、そして新たに追加したものを元にした17の目標です。
これらを持って現在の水や衛生環境、貧困などの問題を解決すべく、各国政府は目標を国の法律に落とし込んだ上で計画を立て、予算設定を行い、パートナーを積極的に募らなければならず、貧しい国は豊かな国の支援を必要とし、国際的な調整が重要であるとしています。

暮らしに不可欠な「水」と「衛生」を支援

私たちが生活をしていく上で、暮らしには水と衛生は不可欠となっています。しかし、そのどちらも安心して手に入れられる国や地域はまだ多くありません。

本当に必要なのは、これらを確保するための支援です。
しかし、解決すべき地域が多く、国自体が腐敗しているなどの問題で各地域への援助がなされていないなど、改善に向けた取り組みがなかなか進まないのが現状です。
そうなると国単位だけでなく、人権支援団体や企業、大学、あるいは個人での支援も必要でしょう。
実際にどのような支援活動が行われているのか、そして募金や寄付ではどのような支援ができるのかご紹介してきます。

支援活動

実際に支援活動として水道施設の設置支援がに行われています。井戸や貯水タンクの設置はもちろん、衛生面を配慮したトイレの整備なども行っています。
これらはボランティアの方々と現地の人々が協力して持続的に管理が可能な仕組みを作っています。
また基礎的な衛生環境を根付かせるために、屋外排泄の改善や食前の手洗いなど適切な衛生指導なども行っています。
これにより下痢が原因で命を落とす子どもの減少の手助けになることが期待されます。

数千円の支援が多くの子どもを救う

上記の支援活動はあくまで人権支援団体や企業など大規模な支援です。それ以外に私たちには募金や寄付ができます。
例えば3,000~5,000円の支援で1錠で4~5リットルの水を浄化できる浄水剤やORS(経口補水塩)、家庭用衛生キットなどを多くの子どもたちに提供でき、15,000円以上の支援で井戸の手押しポンプ用器材など、環境を改善するための物品も購入が可能になります。

子どもたちが安全な水を利用できるために

安全な水は、私たちにとっては当たり前のものかもしれません。
しかしそうでない国や地域は、現在も安全な水を使えず、不衛生な環境下で感染症などで命を落としていく子どもたちがいます。
あるいは病気にかからなくても、十分な栄養をとることができず、子どもたちの成長にも影響を与えています。

水の確保は子どもたちの仕事になってしまい、それによって子どもたちの未来に暗い影を落としてしまっているのです。
これらの問題は国だけでなく、人権支援団体や企業、大学、あるいは個人レベルとあらゆる支援の手で、子どもたちを救ってあげることが大切です。

一人ひとりの少額の募金も数が集まれば彼らの命を助ける大きな手助けとなるのです。
現状をしっかりと受け止めた上で、できることを1つずつ行っていけば、SDGsで掲げられている2030年の目標達成にも近づけることができるかもしれません。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。