gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

世界の子どもを苦しめる食糧危機とは?子どもの命を救うために私たちにできること

この記事を要約すると

私たち日本人は、日々当たり前に食事をし、水を飲んでいます。その質に違いはあれど、このような恵まれた環境が準備されている国や地域が全てではありません。
食糧問題という深刻な状況、食糧危機に苦しめられる子どもたちや人びとが存在するのです。
その中でも子どもたちは抵抗力も弱いため、命を落としてしまうこともあります。
このような子どもたちをそのままにしておくことは、先々の未来に暗い影を落としてしまいます。
そんな子どもたちを救う方法は何かないのでしょうか。
それらを考えていくためにも、現状の食糧問題や食糧危機などをご紹介していきます。

子どもたちを苦しめる飢餓状態。飢餓に耐える子どもたちの実状や支援方法は?

食糧問題・食糧危機とは


飢餓とは、十分な食糧が得られず栄養不良な状態にあることを言い、生存と社会的な生活が困難となってしまっている状態を指します。
また栄養不足とは、十分な食糧、すなわち健康的で活動的な生活を送るために十分な食物エネルギー量を継続的に入手することができないこと」と定義しています。
生きていく上で重要になっていく最低エネルギー必要量は、年齢や体格、生活水準、病気にかかっているかどうか、妊娠や授乳中であるかどうかなど様々な要因で決まります。
さらに量だけとっていれば良いわけではなく、ビタミンAや鉄、ヨウ素といった生命維持に不可欠となる微量元素、ビタミンの欠乏も様々な病気に繋がります。
心身の正常な機能を損なってしまう可能性があり、例えば鉄の欠乏が貧血、妊産婦の健康や乳幼児の発育に影響する、あるいはヨウ素の欠乏が甲状腺に異常をきたすなど、危険な状況を引き起こすことがあります。
これらが増加傾向にある主な原因として、武力紛争の拡大や気候関連の大きな変化などによる打撃が挙げられています。
その結果、食糧問題や食糧危機などの深刻な問題が引き起こされるのです。

紛争地域では難民となってしまい、作物の収穫はもちろん家畜の飼育などもできず、それどころか毎日飲む水さえ確保するのも危うい状況の地域もあります。
また干ばつや洪水など自然災害により、作物や家畜が全滅し、食糧の確保ができない食糧危機の地域も存在しています。
このような地域では食糧の価格が高騰してしまい、貧困な農村部では食糧を得ることができず、飢餓状態に陥ってしまうのです。
ただしこれらの問題は何も紛争や気候だけの影響だけではありません。根底にあるのは、日本のような先進国が起こしている飽食やフードロスも影響しているのです。
食糧問題や食糧危機は、飢餓問題へと発展しており、現在アジアやアフリカなど、様々な国で急性栄養不良や栄養不良など、支援や治療を必要としている子どもを生み出してしまっています。

(出典:WFP公式サイト「国連WFPニュース」)
(出典:ハンガーフリーワールド公式サイト「飢餓とは」)

飢餓問題


この飢餓問題によって日に4~5万人、年間で1,500万人以上の人が亡くなっており、そのうちの7割が子どもとされています。
飢餓問題は国際的にも取り上げられ、国際連合世界食糧計画(国連WFP)の働きにより、過去10年間で1億6,700万人減少しました。
しかし2016年以降には再び増加に転じ、2017年で世界人口の11%に当たる8億1,500万人にも登る結果となりました。このうち、アフリカの飢餓人口は2億4,300万人となっており、世界全体の飢餓人口およそ20.4%を占める結果となっています。

経済的飢餓と構造的飢餓

この飢餓というものは大きく分けると経済的飢餓と構造的飢餓に分かれます。
まず経済的飢餓とは先ほどもご紹介したように紛争などによる避難で難民キャンプに追いやられてしまい食糧を作ることさえできない状況や、干ばつによって食物を育てる環境が確保できず、食糧の高騰によって確保することが難しい状況です。
このような状況は長期的に続くことが多く、慢性的な栄養不良などを起こす子どもがあとを絶たない状況です。
こうなると支援の手を出さざるを得ませんが、経済的飢餓に陥った人や地域が多く、圧倒的に支援の手が足りないため、一向に改善できないのが現状となっています。

また構造的飢餓とは政権腐敗や農業対策の不足、田畑の荒廃など、食糧を増産する施策が全く、あるいはほとんど行われていない状況による飢餓のことを指します。
農業の生産性が低い、雇用賃金が安いこと、あるいは不公正な貿易の仕組みが地球規模で存在していることも課題となっています。
これは政治や教育、環境など様々な要因が複雑に絡み合っていること、そして人びとの直接の死因が餓死ではなく栄養不足による病死であることから緊急性が乏しいと認識されています。
また支援云々で解決できる問題ではなく、その国の社会構造の改善が求められるため、より難しい飢餓問題であり、なかなか改善できない状況でもあるのです。
他にも資本や金融を主体としたグローバル経済の拡大による富裕層の一極集中が起こり、大多数の人びとが貧困や飢えの犠牲となっているゆがんだ経済システムも問題となっています。

(出典:WFP公式サイト「飢餓について」)
(出典:ハンガーフリーワールド公式サイト「飢餓とは」)

飽食


食糧破棄の問題は、飽食である日本などで問題視されています。世界では年間、食用に生産された食糧の内、3分の1にあたる13億トンが破棄されています。
これは日本のような先進国で行われている「食べ残し」や「賞味期限切れ」など消費する段階で捨てられる食べ物が多くの割合を占めます。
またこれだけが食糧破棄として挙げられるわけではありません。同時期に発展途上国では同じだけの農作物が収穫できたとしても保管方法がない、加工するための技術がない、運搬する手段やお金がない、といった理由で、必要な人の手元に届かず破棄されてしまうことが多いのです。

これらのいわゆるフードロスは、もちろん食糧問題を起こしている人々に届けられれば、問題改善に繋げることができるでしょう。
しかしフードロスが食糧問題に起こす影響はこれだけではありません。これによって廃棄するときにでる温室効果ガスは36億トンといわれており、世界の温室効果ガスの約8%を占めてしまうのです。
そうなると気温の上昇、気候の変化、それにともなう干ばつや洪水などの被害が起こりやすくなり、さらに食糧難となってしまう国や地域を拡大してしまうことにも繋がってしまうのです。
その影響を最も大きく受けるのは、アジアやアフリカといった最貧国に住む小規模な農家の人々になります。
この人たちは飢餓問題に苦しめられている人びとであり、結果として飽食やフードロスはさらに事態を悪化させることにも繋がってしまいます。
つまりこれらを改善することは、大きく食糧問題を解決する糸口にもなりえるのです。

食糧問題はどんな国・地域で深刻?

食糧問題が世界的な規模で起こっていることは分かっていただけたと思いますが、その中でもアジアやアフリカの最貧国、特にアフリカではこのような問題が山積している国が多いのが現状です。

アフリカには53の国と地域がありますが、その中でも深刻なく食糧不足に悩む国や地域が存在するのです。その中の代表的な場所を紹介していきましょう。

食糧問題に苦しむ国々

西アフリカのマリ共和国では2017年以降人道危機が拡大しており、77万人が国内での避難を強いられている状況です。
また気候変動に弱い国なので、洪水や干ばつの危機にも晒されています。これらの災害及び人道の危機によって160万人の子どもが支援を必要としており、17万人の子どもが急性栄養不良の危険に直面しています。
マリは決して最貧国というわけではないのですが、開発されている都市部に住んでいる人は一部であり、国民の70%が貧困な農村部で暮らしています。
このような地域はライフラインも確立されておらず、水道なども整備されていないため食糧も安全な水も十分に確保できない地域が多数となってしまっているのです。

アフリカ中央部のチャド共和国でも深刻な食糧難に直面しており、99万人が食糧難、450万人が食糧不安に直面しています。
また230万人の子どもを含む410万人が人道支援を必要としており、5歳未満の子どもの13.5%が栄養不良、4%が重度の急性栄養不良となっています。
このような状況は気候変動、貧困、不適切な食習慣の改善ができていない、安全な水の確保ができていない、衛生・保健サービスを利用できていないことが引き金とっています。

他にもセネガルでは2017年に降雨量が少なかったことにより、農作物の収穫量が減る時期「lean season」の影響が深刻化し、2017年の時点で25万人、2018年には73万人と約3倍にまで食糧不安に直面する人口が増加しました。
気候による食糧危機ですが、それにより7万6,000人の5歳未満の子どもが急性栄養不良のリスクに直面しています。

コンゴ民主共和国は武装勢力との対立が起こっており、暴力の激化によって210万人が避難生活を余儀なくされています。
これにより2018年には1,280万人が食糧不安と急性栄養不良の危機に直面しており、2017年にはこれが1.3倍にまで増加していまいました。
また衛生面でも不安があり、コレラの流行やエボラ出血熱の症例が報告され多くの感染症にも脆弱で子どもたちの多くが栄養状態、命の危機の両方に直面しています。

(出展:ユニセフ公式サイト「アフリカ栄養危機」)

世界中の団体が支援を行っている

このような食糧問題が起こっている地域で行われる活動としては、栄養不良の子どもたちを救う支援を中心に行われています。それは主に急性栄養不良の治療や食生活指導が挙げられます。

例えば急性栄養不良の子どもが大勢いるのはもちろんのこと、不適切な食生活が問題となっている国では、急性栄養不良の治療を提供するとともに、2歳未満の子どもを育てる妊産婦には食生活指導も行っています。

他にも栄養食プログラムや乳幼児の食事に関する包括的なパッケージ、乳幼児の食事に関するカウンセリングを提供している地域や、治療だけでなく、ビタミンAのサプリメントを提供するといった活動も行われている地域もあります。

どの国でも急性栄養不良の治療は行われており、まず抵抗力が弱い、命を落とす危険がある子どもを第一に支援されています。

食糧問題で悩む子どもたちのために私たちにできることは?

政府や人権支援団体、企業や大学など大きな単位での支援はこれら食糧問題を解決するのに必要不可欠と言えます。
では、私たち個人レベルでは何ができるのでしょうか。それは寄付やボランティアといった支援です。
小さな支援かもしれませんが、これらがなければ人権支援団体は立ち行かなくなってしまうこともあります。
つまりこれも食糧問題で悩む子どもたちのためには必要な支援であるということです。

金銭の支援

金銭の支援は主に募金や寄付になります。ただ寄付と聞くと金額も大きくないとダメなのではないかと思うかもしれません。
しかしこれは少額の寄付から始めることができ、金額は任意で選択できます。
また毎月寄付や今回寄付といった定期コースや都度コースが選べる団体もあり、どのように支援するかを自分で決めて子どもたちの助けになることができるのです。

ボランティア活動

ボランティア活動に参加することで支援する方法もあります。直接現地へ赴くことは少ないですが、例えば日本で対象地域へ運ぶ食料などの仕分け、運搬などを手伝うことや、地域コミュニティの参加、あるいは世界の飢餓問題について知ることもできる機会となります。
これらの活動が直接的、間接的いずれかの形で、世界の食糧問題に苦しむ子どもたちを救う未来へ繋がります。

食糧問題の現状を知ることが支援の第一歩

食糧問題は日本にいるとどうしてもピンとこない問題ですが、実際に世界中で起こっていることなのです。
それぞれの問題点や課題、実は日本での飽食も間接的には食糧問題に繋がっていることを理解していただけたのではないでしょうか。
食糧問題を解決するには、まず現状を知ることこそ支援の第一歩となるのです。
そこからどうして行かなければいけないのか、それを考えることも大切です。フードロスを極力減らすのもいいでしょう。支援のために寄付やボランティアに参加するのもいいでしょう。
どのような形であれ、世界の食糧問題と向き合い、今できることに参加していることが、この問題に苦しむ子どもたちや人びとを救う手立てとなるのです。

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。