シリア(紛争)

シリア内戦による難民はどこに逃げる?今必要な支援や私たちができることとは

現在、世界ではシリア内戦により国を追われた難民の人々が周囲の国々へと逃げています。

満足な食事もできず劣悪な環境で過ごすことが多い難民にとって、必要なのがNPO・NGOなどによる支援活動です。

難民の人々にとって必要な支援とはどのようなものでしょうか。また、私たちにできることについても考えてみましょう。

シリア内戦の原因・現状は?難民の人々が必要としている支援とは

「紛争で苦しむ難民へ支援物資を届ける」
活動を無料で支援できます!

30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「紛争で苦しむ難民へ支援物資を届ける」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!

設問数はたったの4問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?

\たったの30秒で完了!/

難民キャンプやシリアの人々に行われている支援活動

難民キャンプやシリアの人々は紛争や自然災害の影響で、衣食住の環境が整っていないことがほとんどです。 そのため、以下のような多岐に渡る支援活動が必要です。

  • 食糧支援
  • 教育支援
  • 医療支援
  • 子どもの保護
  • それぞれの支援でどのようなことが行われているのか、見ていきましょう。

    食糧支援

    難民となってしまった人々にとって生きるために何よりも必要となるのが、水や食料です。 食料不足が原因で栄養不良や栄養失調となり、抵抗力がなくなり重篤な病気にかかるリスクを高めます

    特に食料不足は子どもたちの成長に大きな影響を与え、5歳未満で亡くなる子どもが後をたたない状態です。 出産をした母親も栄養が不足していた場合、死に至ってしまうこともあり、食料不足の問題は非常に深刻です。 生きていく上では水の確保も必要です。

    キャンプでは衛生的な水が飲めるように様々な活動が行われていますが、水の量が制限されることで不衛生な環境に身を置かなければならない状況もあり、病気のリスクを高めることにもつながります。 食糧支援や水の支援は難民の命に関わる問題です。

    そのため栄養強化ビスケットや調理器具などを継続的に支援し、水に関しては経口保水塩の配布や水を確保できる井戸などの建設をする活動が行われています。

    教育支援

    難民の中でも、成人していない子どもたちが将来的に生きていくためには、教育が重要な役割を果たします

    難民の子どもたちの多くは、兄弟の世話や家事などに追われて教育を受けたくても学校に通う時間がなかったり、教育を受ける環境が整っていない、紛争によって教育の機会を奪われているため教育を受けられない問題もあります。

    NPO・NGOは学校の新規開設や、壊れてしまった校舎を修繕し、子どもたちが安心して教育を受けられる状況を作り出しています。

    他にも教科書などの支給や、教員を育成したりと、子どもたちが教育を受けられる環境整備のための支援が行われています。

    医療支援

    難民が暮らす場所やキャンプの衛生環境は劣悪であることが多く、子どもたちが病気になるリスクが高まります。病気になっても医療施設が不足しているため、満足な医療を受けられないケースも多数あります。

    ワクチンの摂取や病気の予防もできず、栄養不良や下痢になった子どもの治療もままならないこともあります。 NPO・NGOはこのような状況を解消するため、トイレなどの衛生施設の整備や管理をしつつ、子どもたちへのワクチン接種も実施しています。

    さらに栄養不良などの検査をし、必要であればその治療をするか母親と保護者に乳幼児の食生活について研修を受けてもらうなど、病気の予防につながる支援も行っています。

    子どもの保護

    難民の子どもたちは、親とはぐれてしまったり移動途中に親が亡くなってしまうケースが多く、このような子どもたちを保護する支援も行われています。親とはぐれてしまった子どもの場合は、1日でも早く再会できるように捜索などを行います。

    保護者と一緒であっても、難民キャンプでの生活を保護するための活動もあります。 難民キャンプでは、子どもたちが安心できる空間は決して多くありません。

    そこで子どもが保護者と過ごせる空間を作る支援や、難民となったことで受けた心の傷などをケアする心理カウンセリングも行われています。

    他にも爆発性戦争残存物の危険や身の守り方についての教育、ライフスキル研修、衣類や毛布、防水シート、テントの提供など、子どもたちへの支援は幅広く行われています。

  • 栄養強化ビスケットや調理器具などを継続的に支援し、経口補水塩の配布や井戸などの建設をする活動が行われている
  • NPO・NGOでは学校の新規開設や壊れた校舎の修繕を行い、教育環境の整備を支援している
  • 衛生管理やワクチン接種、栄養不良などの検査、病気の予防につながる支援が行われている
  • (出典:ワールド・ビジョン・ジャパン 「シリア・アラブ共和国」)

    私たちも難民の人々のためにできる支援をしよう

    難民の人々にとって支援活動は命綱ともいえる大事なものです。 私たちが現地へ行き支援活動を行うことは難しいですが、現地で支援活動を行うNPO・NGOを日本からサポートすることが可能です。

    その方法は寄付であったり、ボランティアスタッフとしてNPO・NGOの活動を支えることです。 まずは難民のために活動しているNPO・NGOを調べ、寄付をしてみてはいかがでしょうか。

    一人ひとりの力は小さくても、多くの人が行動に移すことで、たくさんの難民を救うことができます。

    「紛争で苦しむ難民へ支援物資を届ける」
    活動を無料で支援できます!

    30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「紛争で苦しむ難民へ支援物資を届ける」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!

    設問数はたったの4問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?

    \たったの30秒で完了!/

    動画はこちら
    この記事を書いた人
    gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

    - gooddoマガジン編集部 の最近の投稿