gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

海洋プラスチックごみ問題とは?日本や海外の取り組み、私たちができることを解説

海洋プラスチックごみ問題とは?日本や海外の取り組み、私たちができることを解説

海洋プラスチックごみは今、世界で注目され問題視されており、海を汚染するだけでなく、そこに住む生き物にも影響を与えています。

海洋の現状がこのまま続けば、持続的に海洋資源を得ることができなくなるとも言われているのです。

では海洋プラスチックごみはどのような問題を起こしているのか、日本や海外の取り組み、私たちができることなどを紹介します。

海洋プラスチックによるごみ問題とは

海洋プラスチックによるごみ問題とは、私たちが普段の生活の中で使うプラスチックによる海洋汚染や生態系への影響を問題視したものです。

軽量で加工がしやすく丈夫であることから、プラスチックはレジ袋やペットボトル、車や建築資材といったあらゆるものに利用されています。

その多くは使い捨てとなっていますが、ポイ捨てや不法投棄による海への流出が問題となっているのです。

海に流出したプラスチックごみは回収されない限り、風に飛ばされ川などに流され、やがて海へと行き着きます。
このように海に流れ着いたプラスチックが海洋プラスチックごみなのです。

その量は年間800万トンとも言われており、既に海に存在しているプラスチックごみは1億5000万トンと推定されています。

(出典:WWFジャパン公式サイト)

マイクロプラスチックとは?

プラスチックごみは大きな形状のまま漂流するもののほか、細かい粒子として海洋に流れ込むマイクロプラスチックというものもあります。

例えば歯磨き粉や洗顔剤にスクラブ入りと表記されているものがありますが、これが細かくなったプラスチックです。

マイクロプラスチックは2種類に分けることができます。

一次マイクロプラスチック

一次マイクロプラスチックは先述したスクラブやマイクロビーズなどマイクロサイズで製造されたプラスチックで、排水などを通じて自然環境中に流出したプラスチックごみを言います。
一度流出すると自然環境中での回収はできず、製品化されたあとは対策も難しいとされています。

二次マイクロプラスチック

二次マイクロプラスチックは、ペットボトルやビニール袋など、大きなサイズで製造されたプラスチックが自然環境中で紫外線や衝突などの影響を受け、破砕され細分化されてマイクロサイズになったものを言います。

これらはこのような状態になる前に、廃棄管理やリサイクルなどを行うことで発生を抑制することや、マイクロ化する前であれば回収も可能なため、ある程度の対策ができます。

(出典:環境省公式サイト)

マイクロプラスチックのもとになる5大プラスチック

マイクロプラスチックのもとになるのは「4大プラスチック(汎用樹脂)」と呼ばれる原料です。
プラスチック自体は100種類以上ありますが、その中でも以下のプラスチックは多くの製品に使われています。

プラスチックの種類 使用されている製品
ポリスチレン(PS) ハンガー、食品用トレ、プリンター
ポリエチレン(PE) 高密度ポリエチレン(HDPE) バケツ、洗剤ボトル、灯油タンク
低密度ポリエチレン(LDPE) レジ袋、ラップ、紙パック飲料などの内外面
ポリエチレンテレフレタート(PET) ペットボトル・卵パックなどの透明な容器・包装フィルム・衣類の繊維
ポリプロピレン(PP) ストロー・ペットボトルキャップ・文具・医療器具

(出典:環境省公式サイト)

中国ではプラスチックごみの輸入を停止

中国では2017年まで海洋プラスチックごみの発生量が世界トップを維持していました。

しかし東アジア地域の海洋の環境保護を軽視し、人体や生活環境に対して重大な危害をもたらしたことから、「固体廃棄物輸入管理制度改革実施案」を公表。廃プラスチックなど環境への危害が大きい固体廃棄物の輸入を、2017年末を機に禁止するとともに、2019年末までに国内資源で代替可能な固体廃棄物の輸入を段階的に停止する意向を示したのです。

2016年には月60万トンを輸入していた廃プラスチックを18年には月3万トンまで激減させました。これまで回収方法や廃棄方法についての体制を見直し、早急な整備を行うことで国内の固体廃棄物の回収率を高めたのです。

(出典:環境省公式サイト)

プラスチックごみが海に与えている影響は?

プラスチックごみは海洋の汚染だけでなく、海に生きる生物や産業、私たちの体にまで影響を与えます。

海洋プラスチックごみが増えることで、プラスチックに付着する有害物質やプラスチックそのものの有害性により、海はどんどん汚れていきます。

それだけではなく、目に見えないマイクロプラスチックは北極や南極にも行き着くほど広く分布しており、海氷の中に含まれているとの調査報告も挙がっているのです。

(出典:環境省公式サイト)

海の生命体に与える影響

マイクロプラスチックのような微量な粒子は、海洋生物の体内に取り込まれることで、体内に蓄積される可能性があります。

また海洋生物がプラスチック製品を餌と間違えて取り込んでしまい、それが体内で消化されないため内部を傷つける、あるいは腸閉塞を起こして死んでしまうといった事例もあります。

生物が消化できないプラスチックごみは、海洋生物に悪い影響を及ぼしているのです。

海の産業に与える影響

漁業や養殖業で本来得られるはずの漁獲量が減るといった問題や、漁獲用の網などにゴミが絡まってしまうことで、海洋生物がかからない、網が使えなくなるといった損失もあります。

そしてプラスチックごみは、産業は何も漁業だけでなく観光業にも影響を与えます。
観光業の場合は、きれいな海を求めてやってくる人が多く、海水浴やダイビングなどを楽しむ人たちにとってはプラスチックにより汚染された海では魅力がなくなってしまいます。

そのため観光業での収入が減ることで経済的損失も大きくなります。
実際にこの海洋プラスチックゴミの問題が深刻なアジア太平洋地域では漁業や養殖業で年間3.6億ドル、観光業で年間6.2億ドルもの損失が出ていると推定されています。

私たち人体への影響

先述したとおり、海洋生物が体内に取り込んだマイクロプラスチックは細かな粒子であり、分解されないため体内に蓄積されている可能性があります。
マイクロプラスチックを飲み込んだ海洋生物が市場に出回れば、それらを口にする私たちの体内にもマイクロプラスチックが入り込む可能性があるのです。

マイクロプラスチックが体内に入り込むことでどのような影響が出るかは、具体的にはまだ解明されていません。しかし様々な物質が付着していることや、体内で消化できないことから良くない影響であるのは明らかです。

(出典:WWFジャパン)

日本政府の取り組み

日本政府では、海洋プラスチックごみに対して様々な取り組みをすべく議論を重ね、「第4次循環型社会形成推進基本計画」と「海洋プラスチックごみ対策アクションプラン」の2つを主軸とした対策に取り組んでいます。

これは政府だけでなく関係機関、地方自治体、漁業関係者などと連携した海洋環境改善のための計画です。
以下で詳しく解説します。

第4次循環型社会形成推進基本計画

政府の取り組みを行う上で作られたのが、「循環型社会形成推進基本計画」です。

第四次まで進められているこの計画は、循環型社会形成推進基本法に基づいて、循環型社会を作り上げていくための施策を総合的に、そして計画的に推進するための基本計画になります。第四次計画ではその方向性として3つの項目が新たに挙げられました。

  • 地域循環共生圏形成による地域活性化
  • ライフサイクル全体での徹底的な資源循環
  • 適正処理の更なる推進と環境再生

このうちのライフサイクル全体での徹底的な資源循環では、必要なモノ・サービスを、必要な人に、必要なときに、必要なだけ提供するという取り組みが行われています。

これは過剰な供給などを行わないことを徹底しており、便利で大量に生産されるプラスチックを徹底した管理のもと資源循環を推進するという取り組みを行う方針です。

また適正な処理の更なる推進と環境再生のなかには安定的・効率的な処理体制の確立に加え、環境再生を目指してマイクロプラスチックを含む海洋ごみ対策への取り組みも盛り込まれています。

海洋プラスチックごみ対策アクションプラン

海洋プラスチックごみ対策アクションプランというものも政府で策定されています。

これはプラスチックの有効利用を前提としつつ、海洋の新たな汚染を生み出さないため取り組みを徹底していくためのプランです。

具体的には、プラスチックごみの回収から適正処理を徹底するとともに、ポイ捨てや不法投棄、非意図的な海洋流出の防止を進めます。また、既に流出したプラスチックごみの回収にも取り組む方針です。

それだけでなく、海洋に流出しても影響や負担が少ない素材の開発や、その素材への転換などを推進していく取り組みも進められています。

(出典:環境省公式サイト)

海洋プラスチックごみを減らすために私たちができること

日本政府を中心として上記のような取り組みが行われていますが、プラスチックごみを削減するには私たち消費者が積極的に取り組むことも必要です。

プラスチック製品は私たち消費者が使い、そして処理を適正に行っていないためにごみとなって海に流れ着いてしまうことがほとんどです。

プラスチックごみの削減、そして海洋プラスチックごみを出さないためにどのようなことができるのか紹介します。

3Rを心がける

3Rとは「リデュース(Reduce)」「リユース(Reuse)」「リサイクル(Recycle)」のことを言います。

3Rはどれもプラスチックごみを出さないための工夫であり、場合によっては資源にもできる方法を説いています。これを意識することで海洋プラスチックごみ削減にも繋がるのです。

リデュースはマイバックやマイ箸の持参によるレジ袋や使い捨て食器の削減、リユースは詰め替えの使用によるボトルの再利用と廃棄ボトルの削減などが具体的な方法として挙げられます。
そしてリサイクルはプラスチックを分別回収し原料として再利用を行う方法です。

どれもちょっとした行動や意識の変化でできることであり、取り組みやすい方法でもあります。

プラスチックごみを減らすための行動をする

上記の3Rも含めたプラスチック削減のための行動は何よりも大切です。
もっと具体的な対策の一例を以下に挙げます。

  • レジ袋をもらわなくていいようにマイバックを持参する
  • 小分けにするポリ袋の使用を控える
  • タンブラーなどマイボトルを持参し、プラスチック容器の使用を減らす
  • プラスチック製のスプーンやフォークをもらわず、マイ箸やマイスプーンなどを常備する
  • プラスチック製ストローの使用を控える
  • 繰り返し使える詰め替え用ボトルなどを購入する
  • ラップの使用を減らすためにも、タッパーやふた付きの容器などに食品を保存する。
  • レジャーや屋外などで出るごみは分別して、必ず持ち帰る
  • ごみが溜まりやすい河川敷や海岸などの清掃活動に参加する
  • ごみのポイ捨てや不法投棄はせず、所定の場所や時間に分別して捨てる

これはできることの一部であり、まだまだ私たちにできるプラスチックゴミ削減のための行動はありますが、まずはこのようなことから始めてみてはいかがでしょうか。

ゴミ拾いやボランティアに参加する

ごみ拾いやボランティアに参加することも、プラスチックごみの削減に大きく貢献できます。

海に流れ着くプラスチックごみの量は非常に多く、定期的な清掃を行っていますが、海岸は広いため多くの人が清掃活動に積極的に参加することが求められます。

また清掃活動を行う団体の中には、海洋ごみの問題をもっと多くの人に知ってもらおうとイベントを行っているところもあり、ボランティアとして参加することで多くの人の認知度を上げて海洋プラスチック削減の手助けを行うことができます。

(出典:政府広報オンライン)

海洋資源、生物を守るために私たち一人ひとりが行動しよう!

海洋プラスチックごみは世界的に深刻な問題として取り扱われています。
既に日本でも取り組みを進めていますが、プラスチックごみ削減のためには私たち個人の行動が不可欠です。

まずは日常の暮らしのなかでできるアクションから始めてみてはいかがでしょうか。

プラスチックごみに関する記事