レジ袋

レジ袋ではなくエコバックを利用してプラスチックごみ削減に取り組もう

レジ袋有料化が始まり、商品を持ち帰る際などには別の入れ物を検討する必要が出てきました。
この問題に対してはすでに先行してレジ袋の有料化を行っている地域で答えが出ており、レジ袋削減にも大きな効果をあげています。
それがエコバッグの利用による取り組みです。エコバッグの普及のために様々な取り組みが行われており、浸透している地域もあります。
この記事では、エコバッグの利用、取組事例などを合わせて紹介します。

レジ袋の有料化がスタート!プラスチックごみ削減に貢献しよう

年間約50万人が参加、
累計2億円の支援金額を達成!

「ちょっといい明日づくり」に挑戦する私たちgooddoと一緒に、まずは無料で社会支援をしてみませんか?

この無料支援は、「気候変動などの問題から世界の美しい自然を守るため」活動をしている「国際環境NGOグリーンピース・ジャパン」に10円の寄付として贈られます。

レジ袋削減はプラスチックごみ問題から環境を守るための方法


買物をする際、これまではもらえていたレジ袋は、その軽さや丈夫さ、あるいは大きさや形状も種類があり、物を入れる上で便利であることから重宝されてきました。
配布する店側としても安価であり、製造する企業も大量に作ることができることから、様々なシーンで利用されてきました。

しかしそのレジ袋が2020年7月1日より全国で有料化され、必要なときには購入しなければいけなくなりました。
なぜこのような政策がスタートしたのか、それは環境問題への対策として必要であったためです。
レジ袋の多くはプラスチックを原料としています。プラスチックであることで、軽量で丈夫な物を生み出していますが、プラスチックは石油由来の物質です。大量にレジ袋が生産されれば天然資源を大量に消費することにつながります。
また製造過程、あるいはごみとして焼却する際には二酸化炭素が発生します。二酸化炭素は温室効果ガスの主成分であり、この増加が地球温暖化を含む気候変動を悪化させる要因にもなっています。

さらにレジ袋がごみとして大量に廃棄されることも問題です。焼却処分されることでも問題を引き起こしていますが、不法投棄などにより陸地や海洋を汚染する問題が発生しています。
特にレジ袋を含む海洋プラスチックごみは世界的にも深刻な問題として取り上げられ、対処が急がれています。

レジ袋は日常生活に根付き、便利であることは確かですが、消費者の行動次第でごみとして排出される量も変わってきます。
つまり、私たちの行動でレジ袋を削減することができれば、ごみの排出削減や地球温暖化防止の一助となる二酸化炭素の排出抑制、化石資源の使用削減につながり、環境を守る取り組みとなります。

  • レジ袋が2020年7月1日より全国で有料化された
  • レジ袋の多くはプラスチックを原料としており、製造・焼却の際に二酸化炭素が発生する
  • レジ袋を削減することは環境を守る取り組みの1つ
  • レジ袋有料化とエコバッグの重要性


    レジ袋有料化は2020年7月1日より全国でスタートしましたが、取り組み自体は先行して19県が、早い県だと10年以上前から実施していました。
    この取り組みは県内のすべての販売店ではなく、参画事業者を募って行われた取り組みであり、有料化を行ったことでレジ袋の削減効果は高かったことが分かっています。

    例えば2019年から取り組みを行う徳島県では、有料化に伴う結果について報告を行いました。それによるとレジ袋削減枚数は年間で7,000万枚にもなったと言います。県民一人当たり年間100枚と推計されており、ごみの削減量だけで1年間で700トン、二酸化炭素の排出量も4,300トンも削減できたと推計されています。
    約1年の取り組みであっても大きな効果を見せており、他県でも以前から有料化を行っていた地域では、すでに定着化され、レジ袋の辞退率など大きな効果をあげています。

    他にも、富山県では2008年から消費者団体や事業者、行政が協定を締結してレジ袋を有料化し、48事業者が賛同・参加しました。
    10年以上もレジ袋有料化の取り組みが行われてきましたが、2017年時点での報告では、レジ袋有料化に伴い95%の人がマイバッグを持参するようになったとされています。
    レジ袋をもらえないとなると、商品を入れるための別の袋が必要となります。有料となったレジ袋を購入する人もいますが、多くはエコバッグやマイバッグを持参して、商品を持ち運ぶようになったということです。

    現在では全国でレジ袋の有料化が行われているため、先行した19県の人々だけでなく、日本に住むすべての人がその対象となり、商品を持ち運ぶレジ袋に変わる物が必要となります。
    その上で繰り返し使えるエコバッグやマイバッグは非常に重要なアイテムとなることは明らかです。
    またごみとして廃棄するとなると、家庭ごみとしては量を増やすことになり、それだけ廃棄費用がかかることになります。
    しかしエコバッグを持ち歩くようになれば、廃棄費用やレジ袋の出費を抑えることができます。
    大局的に見れば環境問題を解決するための方法ですが、私たちの生活における経済的な損失も抑える効果が期待できます。

    エコバッグの種類

    レジ袋に変わるエコバッグの種類はいくつかあります。
    まず挙がるのは折り畳み軽量タイプのエコバッグです。
    レジ袋と同じように一部ビニールなどを利用した素材のものもありますが、軽量で丈夫なのは変わらず、折り畳むことで小さくなり、鞄の中などに入れて持ち運びやすい利点があります。

    他にも素材として紙製や布製のバッグも販売されています。
    また購入するものが少ない人向けに、ハンカチやキーホルダーサイズの極小タイプの物もあります。
    反対に大量の物を一度に購入する人向けには、トートバッグやショッピングバスケットといった容量が大きい物も用意されています。
    これはそのまま持ち運ぶしかありませんが、大きな物も入れられるため、家族が多い場合などには重宝されるでしょう。

    加えて保冷バッグは食料品の温度を保ちながら持ち運びができることや、サイズが大きいものも多いため、エコバッグとして利用されることがあります。
    エコバッグとして作られているわけではありませんが、リュックや風呂敷をエコバッグ代わりに使用する人もいます。
    リュックは大容量のものが多く、両手も塞がらないため安全であり、風呂敷は様々な形状のものを包んで持ち運べるため便利です。

    レジ袋を使わず、商品を持ち運ぶという点では、これらは非常に有効なバッグや袋として機能します。
    また既製品ではなく、リサイクルで壊れた傘布から防水性の高い袋や古着から袋をリメイクしたりする取り組みも行われています。

    エコバッグの取組事例

    レジ袋の使用削減は有料化による政策だけでなく、行政や様々な企業でも推進されています。
    例えば所沢市の役所本庁舎ではエコバッグツリーを配置して、職員が買物に行く際、ツリーからエコバッグを持って行き、使用後は返却するという取り組みです
    このエコバッグ自体も職員から使わないマイバッグを、他の人に使ってもらうためにマイバッグリユース大作戦と銘打って始められた企画により集めたもので、レジ袋削減とごみの排出削減に大きく貢献しています。
    また古着や古布、食品由来の染物を活用したエコバッグの作成教室の開催や、エコバッグの販売や配布など、普及に向けた取り組みも進められています。

    エコバッグを使うときの注意

    レジ袋に変わる便利な袋として重宝するエコバッグですが、使用する上で注意点もあります。
    多くのお店で会計の未処理を防ぐため、買物マナーとして協力を呼びかけていることではありますが、買い物中はエコバッグに商品を入れるのではなく、店指定のカゴに入れてレジまで持っていきましょう。
    またエコバッグを使うのはレジについて会計が始まってから、あるいは会計後に使用することも必要です。
    こうすることで未会計のものが発生せず、スムーズに店を出ることができます。
    当たり前のことかもしれませんが、これまでエコバッグの使用に馴染みがないと、誤った使い方をする可能性もありますので注意しましょう。

  • 全国でレジ袋有料化が始まる以前から、19県が先行してレジ袋有料化の取り組みを実施していた
  • エコバッグの種類は様々なものがあるため、用途や生活にあったものが選べる
  • エコバッグを使う際はマナーや注意点も意識することが大切
  • (出典:経済産業省「レジ袋有料化に係る背景について」.2019)
    (出典:徳島県「有料化によるレジ袋削減効果について」,2019)

    エコバッグを持ち歩いてレジ袋を使わない生活をしよう


    エコバッグを持ち歩くことは、これまでやったことがない人にとっては慣れるまで時間がかかるかもしれません。
    しかし、便利だったレジ袋の代わりに利用するためにも持ち運ぶことは必須となるアイテムです。
    自宅から直接買物に行く際には、大きな形状のエコバッグを持っていければ忘れることはないでしょうが、仕事帰りなどで立ち寄る際には、折り畳のものなど、かさ張らない物がおすすめとなります。

    エコバッグ利用することで、プラスチックごみは削減され、環境を守ることにつながります。
    近年起こっている気候変動や地球温暖化による気象災害は、元をたどればプラスチックごみも影響しています。
    私たちの未来の生活を守るためにも、レジ袋有料化を機にエコバッグを利用した取り組みを始めてみてはいかがでしょうか。

    年間約50万人が参加、
    累計2億円の支援金額を達成!

    「ちょっといい明日づくり」に挑戦する私たちgooddoと一緒に、まずは無料で社会支援をしてみませんか?

    この無料支援は、「気候変動などの問題から世界の美しい自然を守るため」活動をしている「国際環境NGOグリーンピース・ジャパン」に10円の寄付として贈られます。

    動画はこちら
    この記事を書いた人
    gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

    - gooddoマガジン編集部 の最近の投稿