gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

海洋プラスチックごみとは?海のごみ削減にむけて向けて私たちにできること

この記事を要約すると

海水浴などで海岸へ行くと浜辺に打ちあげられたごみを目にすることがありますが、これらはそのほんの一部でしかなく、多くのごみが海に流れ出していると言われています。

その中でも特に多いのがプラスチックごみであり、海洋ごみの大半を占めています。
海洋プラスチックごみは海洋環境や生態系に大きな影響を与えるとして問題視されています。

この記事では海洋ごみをなくしていくために私たちができるについて紹介します。

海洋プラスチックごみ問題とは?日本や海外の取り組み、私たちができることを解説

海洋プラスチックごみとは


プラスチックは私たちの生活のあらゆる場面で使われています。例えばビニール袋や容器、自動車や建築資材、発泡スチロールなどです。

その多くは使い捨てとなっていますが、手軽に使え、大量生産されるためごみとなる量も非常に多いです。ここで問題になるのがプラスチックの処理ですが、ごみ箱に捨てずポイ捨てをする人も少なくありません。

こう言ったごみは回収されない限り、風に飛ばされ川などに流され、やがて海に行き着きます

海洋プラスチックごみとはこの海に流れ着いたプラスチックです。
その量は年間800万トンとも言われ、既に海に存在しているプラスチックごみは1億5000万トンと推定されています。

このようなプラスチックごみはそのままの形で漂流し、様々な影響を与えるものもあれば、細かい粒子として海洋に流れ込むマイクロプラスチックというものもあります。

マイクロプラスチックは元々5mm以下で製造された細かいプラスチックである一次マイクロプラスチック、またペットボトルなど大きなサイズのプラスチックが破砕され細かくなってしまった二次マイクロプラスチックに分けられます。

大きなサイズであれば回収することも可能ですが、マイクロプラスチックになると回収はほぼ不可能であり、海洋生物の体内に取り込まれ影響を及ぼす可能性があります。

(出典:WWFジャパン公式サイト)

マイクロプラスチックは陸からやってくる

海のごみとなっているプラスチックごみやマイクロプラスチックのほとんどは、陸からやってきます。
ペットボトルやレジ袋などのプラスチックごみは雨や風によって川へと流れ着き、そのまま漂流ごみとして海へと行き着きます。
プラスチックごみは砂浜に打ち上げられることもありますが、海流や潮流によって遠くまで運ばれることもあり、世界中に海洋プラスチックごみとして存在しています。

その過程で、波や岩礁にぶつかるなど破砕されて細かくなったものが先述した二次マイクロプラスチックです。

また一次マイクロプラスチックも陸から海に流れ込むことがほとんどです。一次マイクロプラスチックは洗顔剤や歯磨き粉などに含まれるスクラブなどのマイクロビーズであり、生活排水や、マイクロビーズの製造あるいはこれを使用した排水が正しく処理されず川などに流れてしまうと、同様に海に流れ込みます。

しかも粒子であるためプラスチックごみ以上に遠洋へと流されていく可能性が高いのです。

(出典:WWFジャパン公式サイト)
(出典:政府広報オンライン公式サイト)

海洋プラスチックごみが生き物に与える影響


海洋プラスチックごみは海洋の環境を汚染するだけでなく、海の生態系にも影響を与えます。

海洋汚染はそこに住む生態系を崩し、生物が住めなくなる、環境の変化により個体数が減少する、あるいは絶滅してしまうといった危険性もあります。
また、例えばレジ袋などが漂流していた場合、海洋生物の中には餌と勘違いして食べてしまうこともあります。

プラスチックは体内に入っても消化されず、排泄ができない可能性もあり、詰まってしまい餌が食べられなくなり死んでしまうこともあります。

または漁に使われる網や釣り糸などのプラスチックごみが体に絡みつき、身動きが取れない、あるいは制限されて傷つくことや死んでしまうこともあります。

しかし、これがもし魚などの体内に蓄積されていた場合、食物連鎖の先にいる私たち人間の体の中にも魚介類とともに取り込まれる危険性もあり、どのような影響が出るかわからないのです。

(出典:政府広報オンライン公式サイト)

海洋プラスチックごみを減らすために私たちができること


海洋プラスチックごみ削減のため、世界では様々な取り組みが行われています。
それは国、関係機関、企業などが取り組みに参加していますが、このようなプラスチックごみの多くは私たち消費者が出しているともいえます。

そのため、海洋プラスチックごみを減らすためには私たち自身が考え動いていかなければなりません
以下ではそのために私たちができることについて紹介します。

3Rを心がける

3Rを心がけることは何よりも大切です。

3Rとは「リデュース(Reduce)」「リユース(Reuse)」「リサイクル(Recycle)」のことを言います。

プラスチックは捨ててしまえばごみとなってしまいますが、分別し再利用すれば資源にもなります。
この3Rはどれもプラスチックごみを出さないための工夫であり、これを意識することで海洋プラスチックごみ削減にも繋がるのです。

例えばリデュースは、レジ袋を使用しないためにマイバックを持参することや、使い捨て食器や容器の使用を減らすことを目的としています。
またリユースはボディソープやシャンプーなどもともとの容器に詰め替え、再使用することで廃棄されるボトルの量を減らすといった考え方です。

リサイクルはプラスチックを分別回収し、原料として再利用する方法です。
どれもちょっとした行動でできることばかりであり、私たちがすぐにでもできる削減方法でもあります。

プラスチックごみを減らすための行動をする

プラスチックごみを減らすための行動をすることも大切です。上記の3Rを心がけた上できることはたくさんあります。

  • レジ袋をもらわなくていいようにマイバックを持参する
  • プラスチック製のスプーンやフォークをもらわず、マイ箸やマイスプーンなどを常備する
  • プラスチック製ストローの使用を控える
  • 繰り返し使える詰め替え用ボトルなどを購入する
  • ごみのポイ捨てや不法投棄はせず、所定の場所や時間に分別して捨てる

これはできることの一部であり、まだまだ私たちにできるプラスチックゴミ削減のための行動はありますが、まずはこのようなことから始めてみることが大切です。

ゴミ拾いやボランティアに参加する

私たちが行える行動の中にごみ拾いがありましたが、特に海岸でのごみ拾いに参加することも重要なことです。

海に流れ着くプラスチックごみの量は非常に多く、定期的な清掃を行ってもなかなか減っていきません。
また海岸は広いためどうしても人手が必要となります。このような清掃活動に積極的に参加することは海洋を守る上では大切なことなのです。

そして、この問題を広く伝えるイベントのボランティアに参加すると言う方法もあります。清掃活動を行う団体の中には、海洋ごみの問題をもっと多くの人に知ってもらおうとイベントを行っている場合もあります。

こちらも人手を必要とすることが多いので、ボランティアとして参加することで間接的にではありますが海洋プラスチック削減の手助けを行うことができます。

(出典:政府広報オンライン公式サイト)

「プラスチック・スマート」キャンペーンに参加してみよう


海洋プラスチックごみの問題は世界中で取り組まれています。
海は広大であり多くの国が海を隔てて繋がっているため、世界中の国の問題でもあるのです。

国連で採択された持続可能な開発目標(SDGs)の中にもこの問題は盛り込まれており、「2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する」ことを掲げています。

日本でも様々な取り組みがなされていますが、私たち消費者が意識しなければ減っていきません。

(出典:環境省公式サイト)

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。