gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

海洋プラスチックごみの問題がもたらす自然への影響や行われている取り組み

この記事を要約すると

そもそも海洋プラスチックによるごみ問題とは何なのでしょうか。

私たちの生活においてプラスチックはなくてはならない存在です。身近なところで言えば、ビニール袋や容器、洋服などにも使われています。普段から使用する自動車や建築資材、発泡スチロールなどあらゆるものに使用される素材です。

プラスチックの多くは使い捨てとされていますが、手軽に使え、大量生産されるためごみとなる量も非常に多いのです。
そして問題になるのがプラスチックの処理ですが、適切にごみとして処理する分には問題ありません。

しかし、手軽に手に入り使い捨てを前提にしていることからごみ箱に捨てず、ポイ捨てをする人も少なくありません。
こう言ったごみは回収されない限り、風に飛ばされ川などに流され、やがて海に行き着きます。

海洋プラスチックごみとは、海に捨てられたプラスチックのことを指し、その量は年間800万トンとも言われています。
そして、既に海に存在しているプラスチックごみは1億5000万トンと推定されています。

プラスチックごみは海という大切な環境を壊すだけでなく、その生態系などにも影響を与えてしまいます。そして、海に生きる魚介類を食べる私たちの生活にも甚大な被害を及ぼすことに成るのです。

(出典:WWFジャパン公式サイト)

海洋プラスチックごみ問題とは?日本や海外の取り組み、私たちができることを解説

プラスチックごみが海に与えている影響は?

プラスチックごみが海に与える影響は深刻です。

このプラスチックが海の生態系に深刻な影響を与えるだけでなく、海の産業にも影響を与えるため経済的な損失も免れません。

そして私たちの人体へも影響を及ぼす可能性も出てきます。

海の生命体に与える影響

プラスチックは人工的に作られた軽くて丈夫な素材です。そのため自然に分解されることはありません。

プラスチックが海に流れ着くと、波の影響や紫外線を受けることで「マイクロプラスチック」と呼ばれる細かい粒子になります。
マイクロプラスチックは洗顔料や歯磨き粉にも使用される素材ですが、プラスチックそのものが体内に入ると有害な物質であり、マイクロプラスチックもその例に漏れません。

このような微量な粒子は海洋生物の体内に取り込まれ体内に蓄積されたり、マイクロプラスチックに吸着した化学物質などが生物に影響を与える可能性があります。
海洋生態系の中でマイクロプラスチックを取り込む可能性があるのは魚、それを餌とする鳥やアザラシ、ウミガメなどの生物です。

現在、このようなマイクロプラスチックが生物にどのような変化をもたらすか、どんな悪影響を及ぼすかは研究中であり、詳細はわかっていません。

しかし直接的な被害は報告されています。
海洋生物がプラスチック製品を餌と間違えて取り込んでしまい、それが体内で消化されないため内部を傷つける、あるいは腸閉塞を起こして死んでしまうといった事例もあります。プラスチックごみは悪い意味で確実に影響を及ぼしています。

(出典:WWFジャパン公式サイト)

海の産業に与える影響

先ほどの事例から漁業や養殖業で本来取れるはずの海洋生物の漁獲量が減るという問題があります。
これはプラスチックごみが海洋環境をが破壊し生態系が狂う、プラスチックによって生物が傷を負ったり死んでしまったりして数が減るなどが原因です。

また漁獲用の網などにごみが絡まってしまうことで、海洋生物がかからない、網が使えなくなるといった損失もあります。

そして産業は何も漁業だけではありません。観光業にも影響を与えます。
観光業の場合は、本来きれいな海を求めてやってくる人も多く、海水浴やダイビングなどを楽しむ人たちにとってはプラスチックにより汚染された海での観光を避けることでしょう。
そうなると観光業での収入は減ってしまい経済的損失は大きくなってしまいます。

実際にこの海洋プラスチックごみの問題が深刻なアジア太平洋地域では漁業や養殖業で年間3.6億ドル、観光業で年間6.2億ドルもの損失が出ていると推定されています。

(出典:WWFジャパン公式サイト)

私たち人体への影響

先述したように、海洋生物が体内に取り込んだマイクロプラスチックは細かな粒子であり、分解されないため体内に蓄積されている可能性があります。

食用とされている海洋生物は漁獲され、市場に出回りますが、体内にマイクロプラスチックが残留しているかどうか、全ての魚介を調べることはできません。

そのため商品の中に紛れ込んでいる可能性もあり、そうした魚介類を口にすれば、私たちの体内にもマイクロプラスチックが入り込む可能性があるのです。

(出典:WWFジャパン公式サイト)

海洋プラスチックごみを減らすために世界で行われている取り組み

海洋プラスチックごみについては世界中で問題視されており、特に海に隣接する国にとっては深刻な問題となっています。

そのため地球規模の問題に対して取り組んでいるSDGsの目標14には「海の豊かさを守ろう」と掲げられています。

その中には「2025年までに海洋ごみや富栄養化を含むあらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する」などのターゲットが定められています。

この目標に対し、世界の組織や国々がどのような取り組みを行っているか、いくつかの例を取り上げてみます。

国連環境総会(UNEA3)

国連環境総会では「海洋プラスチックごみ及びマイクロプラスチック」に関する決議(resolution)が採択されています。

これにより世界中の海で問題となっている海洋プラスチックごみ及びマイクロプラスチックに対処するための障害やオプションを精査することとなりました。

そのため専門家のグループ会合を召集することを決定し、2018年5月には第1回会合が開催され、対処のための施策が話し合われています。

G7(ジーセブン)

G7ではシャルルボワで行われたサミット、ハリファックスで行われた会合でそれぞれ海洋プラスチックに関する議論がなされました。

その結果、2018年6月に行われたシャルルボワサミットではプラスチックなどによって汚染される海洋環境を保全するため、「健全な海洋及び強靱な沿岸部コミュニティのためのシャルルボワ・ブループリント」が承認されました。

さらにカナダと欧州各国が「海洋プラスチック憲章」を同時に承認しています。
また2018年9月に行われたハリファックス環境・海洋・エネルギー大臣会合では「海洋プラスチックごみに対処するためのG7イノベーションチャレンジ」を採択し、海洋プラスチックごみ問題に対しての今後の取り組みをまとめました。

この取り組みにはプラスチックの製品設計から管理、廃棄物の防止、市場や教育、普及啓発などの内容が盛り込まれています。

G20(ジートゥエンティ)

2017年7月に開かれたG20では首脳宣言において海洋ごみが初めて取り上げられました。その上でこれまでG7で取り組まれてきた内容を基礎とした「海洋ごみに対するG20行動計画」の立ち上げに合意しています。

これは海洋ごみの発生抑制から持続可能な廃棄物管理の構築、また海洋ごみの調査などを盛り込んだイニシアチブとなっています。

日中韓三カ国環境大臣会合(TEMM20)

海洋プラスチックごみが深刻なアジアでは日本、中国、韓国の参加国の環境大臣による会合が2018年6月に行われました。

ここではマイクロプラスチックを含む海洋ごみの対策などを意見交換した上で、中国・韓国と海洋プラスチック問題がグローバルな共通課題であるとの認識を共有し、さらに2019年に開催されたG20に向けた連携と協力を確認しています。

(出典:環境省公式サイト)

私たちにもできることを考えよう!

プラスチックごみは主に放置されたごみなどが問題となっています。
そのためこれを減らす1番の方法は私たち消費する側が気をつけることです。

普段から大量に使用するプラスチックを適切にごみとして処理することです。
ごみをゴミ箱へ捨てるだけでなく、プラスチックごみそのものを減らす行動も重要です。

プラスチックはリサイクルが可能で、再利用方法は今も研究が進んでおり、様々な製品に生まれ変わっています。

再利用と言う観点では商品によってはプラスチックで作られているものをすぐ捨てず、何度も利用するのも手でしょう。
例えばペットボトルは使ってすぐ捨てることもできますが、洗浄して容器として再利用することも可能です。
このように私たちがプラスチックごみを減らすためにできることはあります。

自分たちでできることを考え行動に移していくことが、この問題を解決する第一歩となるのです。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。