gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

アフリカで飢餓が絶えない原因は?飢餓で苦しむアフリカの人に行われている支援とは

この記事を要約すると

日本では大々的に取り上げられることの少ない飢餓問題は、私たちが想像している以上に世界規模で問題となっており、アフリカを中心に飢餓率が高くなっている現実が横たわっています。

今回の記事では、アフリカで飢餓問題が残り続けている理由と、飢餓で苦しんでいるアフリカの人への支援について解説します。

アフリカの飢餓が深刻な理由は?
飢餓率や原因、解決策、支援内容について解説

食糧が足りているのに飢餓が起こる理由は?

世界で製造されている穀物の量は毎年26億トン以上であり、世界人口が1年通して十分に食事を取れる量は生産されています。

しかし、そんな状況でもアフリカ諸国では人口に占めるおよそ20.4%が栄養不足とされているのです。

その理由の一つはアフリカに住んでいる人々のほとんどは、小規模な農家であることが関係します。

アフリカでは農作物を育てる時期が雨季の数ヶ月に限られていたり、降雨量によって収穫量が大幅に変動するような農業を中心に行っています。
そのため、雨が降らなかったり、日照りが長期間にわたって続いてしまうと食糧生産に大打撃を受けてしまうのです。

また、安定した収入がなくなることで、医療や教育を受けることが難しくなります。

その他にも、国内で不足している食料や、諸外国からの輸入に頼っているものは国際市場での食料価格の変動の影響を大きく受けてしまいます。

これによって、アフリカの人々が払える金額と国際市場で取引される値段に大きな開きが生じてしまうことも一因に挙げられます。

また、アフリカの地域によっては道路状況が悪いため、交通インフラが整っていない場合も多く、現地に支援を届ける時間が長引いてしまい、適切な支援が行き渡らない状況を生んでいるのです。

このように複数の問題が絡み合っているために、飢餓問題を完全に撲滅することは難しいと言われています。

(出典:特定非営利活動法人 ハンガー・フリー・ワールド公式サイト)

アフリカの飢餓は様々な要因によるもの

実際に世界の食糧は足りているのに、アフリカで飢餓率が増加している理由について解説しました。更に、飢餓の要因に焦点を当てて、より詳しく解説します。

経済情勢

アフリカにある飢餓に苦しんでいる国のほとんどは、貧富の差が明確に分かれています
一握りの地主がほとんどの土地を所有しており、農地を所有していない農民を低賃金で雇っています。

農地がない農民は、自分たちで食料となる作物を育てることはできません。
また、小さい頃にしっかりと教育を受けている人も少ないため、仕事を求めて都会に出稼ぎに出ても、仕事を得ることが難しい傾向にあるのです。

問題解決には、お金を持つ人と持たない人との差をできる限りなくすことが挙げられますが、そう簡単に取り組める問題ではありません。

農地を持っていない人が、働いて給与を得る仕事場を作ることは、今後必要な支援の一つになるでしょう。
また、職を得るために必要な教育を子どもたちが受けられる環境を作ることも重要な支援となります。

(出典:日本国際飢餓対策機構公式サイト)

悪天候や異常気象

前段で説明した通り、連日の悪天候や異常気象によって作物の収穫量が大幅に減少し、収入を得ることができないことが飢餓の要因になっています。

日照りや洪水、台風、地震などの自然災害などに見舞われることで大切に育ててきた農作物が枯れてしまうのです。

このような状況が増加している現状を踏まえて、より多くの農作物を育てられる技術を身に付けることが大切です。
一時的な食料支援をすることも勿論可能ですが、根本的な問題解決にはなりません。

農業従事者が、異常気象に負けずに作物を育てられることで、自立した食料自給システムを構築できるのです。
そのためにも長い期間をかける先を見据えた支援が必要です。

(出典:国連WFP 公式サイト)

内戦や紛争

飢餓問題が引き起こされる原因は、異常気象だけではありません。
その問題は、人間の手によって引き起こされる戦争や内戦が挙げられます。

戦いが起きてしまえば、家や畑などの資産を全て投げ捨てて、逃げる他ありません。
作物を収穫する畑を捨てることは仕事を失うことにもなり、貯蓄が底をついたら食べ物を買うことすらできなくなるのです。

また戦争に勝つために、相手方の土地に食糧が入らないようにして弱らせる作戦が使われることもあります。
あらゆる要因によって全く関係のない人が逃げることを強要され、貧困に陥ってしまう現実があるのです。

このような問題に対応するために、危険な地域から逃れる難民を助ける「難民キャンプ」などで生活のサポートをしています。

「難民キャンプ」とは、危険な地域から逃げ出してきた難民を保護して、食事や医療サービスを提供する地域を指しています。

内戦や紛争を根絶することは、決して簡単ではありません。
しかし、このように起きてしまった内戦や紛争に対して適切にフォローする環境の充実が求められています。

(出典:国連WFP 公式サイト)

世代を超えて連鎖する貧困

世界規模で見ると、学校に通えない子どもは約5,800万人。読み書きのできない大人は約7億8,100万人と推定されています。

これには、貧困から引き起こされる負のスパイラルが影に存在しています。

本来であれば子どもたちは教育を受けられるはずですが、働き手の欲しい両親の想いから子どもたちは若くして学校を辞めて働き始めます
しかし、働ける職業は勉強を必要としないものに限られてしまうため、十分な収入を得ることができないのです。

そうした子どもたちが大人になり子どもを生んでも、満足な収入が得られる仕事に従事していないために、子どもを「働き手を増やす」ために育てることになります。
教育を受けさせることなく、自分の子どもにも仕事させるという終わることのないループが作られてしまうのです。

まずは、この負のループを断ち切ることが大切です。

このような問題を踏まえて「学校給食支援」なども始まっています。
学校で給食を提供して、子どもたちがご飯を食べられる環境を作ってあげることで、学校に行く理由が生まれます。

教育を受けた子どもたちは成長して、安定した職業に就くことで収入を得ることが可能になるのです。

他にも、小さな子どもたちだけでなく、大人たちが学ぶ場所を作る運動が行われている場所もあります。
日本ではおなじみの江戸時代に読み書きなどを教える場所として定着した「寺子屋」運動も世界に広がっています。

「字が読める」「字が書ける」だけで、職業選択の幅は大きく広がります。

このような発展途上国に対する教育支援が、世代を超えて連鎖する貧困を断ち切る一つのきっかけです。
(出典:公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟 公式サイト)

アフリカで飢餓に陥っている人を助ける支援

ここまではアフリカの飢餓の要因について解説しました。
飢餓の解決は決して一時的な食料支援だけでは解決できない問題です。

そんな難しい問題に対して、多くの支援団体が飢餓に苦しむ地域への支援を行っています。
この項目では、実際の支援内容を解説します。

気候に左右されない収入源の確立支援

新しい収入源を確立するための案として、気候に左右されない養鶏事業を伝える支援を開始しました。
病気感染、野犬に襲われないようにするための鶏小屋での飼育指導などを徹底して、毎日2個の卵を生むようになったのです。

この卵を売って収入を得ることで、天候に左右されない自給自足の流れを構築する支援を行っています。

(出典:特定非営利活動法人 ハンガー・フリー・ワールド公式サイト)

緊急食料支援

大規模な災害に見舞われたことで、病気に対する抵抗力が落ちてしまった5歳未満児や妊婦には、多くの栄養が必要です。
そのような人々の命を守るために、栄養食支援なども行っています。

私たちも寄付することで支援できる!

今回の記事では、アフリカでの飢餓の現状から、支援団体が行っている支援方法について簡単に解説しました。
飢餓問題は簡単に解決する問題ではありませんが、私たち一人ひとりが諦めてしまえば、問題は未来永劫残り続けてしまいます。

寄付に関しては、少ない金額からの1回払いから、毎月払いまで対応しています。
現地に赴いて支援を行うことは困難ですが、まずはどのような現状が世界で起きているのかを知ることか大切です。

現状を知った上で、自分ができる範囲で支援していくことが必要とされています。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。