gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

大阪府北部地震の被害と復興状況を知り、私たちにもできることを考えよう

この記事を要約すると

2018年に発生した大阪府北部地震の震度は最大6弱を観測しました。

大阪府北部地震の現在の復興状況を知り、私たちができることを考えてみませんか?
こちらでは大阪府北部地震の被害や復興状況などを紹介します。

大阪府北部地震の被害や震源地、行われた支援活動は?震災を振り返り対策をしよう

大阪府北部地震の規模や被害


大阪府北部地震は大阪府北部を震源とした地震であり、大阪市北区や高槻市など多くの地域で震度6強という激しい揺れを観測しています。

また、近畿地方を中心として、東は関東地方から西は九州地方まで、震度5弱から震度1を観測したため、広い範囲まで揺れが到達した地震でもあります。

死者は6名、負傷者369名、建物は全壊が18棟、半壊が512棟、一部損壊については55,081 棟と多くの被害、損害を与えました。

発生日 平成30年(2018年)6月18日
発生時間 7時58分
震源地 大阪府北部
最大震度 震度6弱
マグニチュード マグニチュード6.1
震源の深さ 13km
死者数 6名
建物全壊 18棟

(出典:大阪府公式サイト,2018年11月2日時点)

大阪府北部各地の震度

広い地域で観測された大阪府北部地震ですが、その中でも震度6弱から震度5弱を観測した地域がとても多いのも特徴です。

震度 地域
6弱 大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市
5強 京都市(中京区、伏見区、西京区)、亀岡市、長岡京市、八幡市、大山崎町、久御山町、大阪市(都島区、東淀川区、旭区、淀川区)、豊中市、吹田市、寝屋川市、摂津市、交野市、島本町
5弱 大津市、宇治市、城陽市、向日市、京田辺市、南丹市、井手町、精華町、大阪市(福島区、此花区、港区、西淀川区、生野区)池田市、守口市、大東市、四條畷市、豊能町、能勢町、尼崎市、西宮市、伊丹市、川西市、大和郡山市、御所市、高取町、広陵町

(出典:総務省消防庁公式サイト)

大阪府北部地震の復興状況は?


上述したように、人命はもとより家屋や建物などの被害は多く、その復興はまだまだ完全とはいえません。

6月に発生した大阪府北部地震ですが、その1ヵ月後には豪雨の被害を受けており、1年経とうとしている今でも復興が進んでいない場所や、復旧されていない道路が存在します。
家屋については破損を受け、その後するべき行動が分からず困っている被災者もいます。

様々な団体が被災者を支え、修繕ができるまでの一時的な応急処置を行うなど、復興に向けた取り組みが行われています。

一方で道路に関しては今なお復旧に向けた工事が進められている場所もあります。

  • 国道173号(兵庫県篠山市福住)
  • 国道173号(能勢町天王)
  • 国道173号(能勢町山辺)

同じ国道173号ではありますが、広い地域で現在も復旧に向けた工事をしています。通行止めこそされていないものの、片側交互通行が続いている場所や、豪雨などの際には通行止めとなるなど、一日も早い復旧に向けて作業が進められています。

(出典:大阪府公式サイト)
(出典:日本財団「大阪北部地震の復興を支える技術系プロボノ」)

大阪府北部地震の被災地や被災者のためにできることは?


今なお復興・復旧作業が続く大阪府のために、私たちができることは何でしょうか。寄付金や義援金は行いやすい支援ですが、2019年8月時点では受付を終了している場合が多いようです。

そのため、災害ボランティアに募集したり、名産品や特産品を購入することなど、被災地の経済活動への貢献を通して支援することができます。
現地に赴くことで災害の爪痕や復興状況を見ることができ、実際に必要とされていることが見えるかもしれません。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。