gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

深刻な水・衛生事情に苦しむアフリカの子どもたちにできる支援とは

この記事を要約すると

日本では安全で安心して飲める水がいつでも使えます。料理に使うことも、手洗いうがいをすることも可能です。
衛生面もしっかりと確保されており、早々重篤な病気に罹ることもありません。

このように当たり前だと思っていることは、実は世界の中でもそれほど多くの地域で実践されているわけではないのです。
世界では多くの地域で安全な水を確保できず、また衛生面でも不衛生な環境となってしまい、多くの子どもが水を飲めず、飲めたとしても病原菌などを取り込んでしまい、病気に侵されてしまうリスクを抱え、死に至ってしまうこともあります。
そんなアフリカの子どもたちに何ができるのか。今の実状や支援の方法などを紹介します。

アフリカの水が汚れている、衛生環境が悪い理由は?解決するための支援活動は?

世界の水と衛生事情

日本では安全な水がいつでも使えるのが当たり前になっていますが、ここまで安全に水が確保できている国は実はそれほど多くありません。

水道があっても飲み水としては利用できない、そもそも汚れていて衛生上良くないといった国や地域が多いといわれています。
世界の人口が約70億人に対して21億人が安全な水を確保できていないといわれているため、10人に3人は水問題に悩まされる生活を送っていることになります。
さらに8億4,400万人は安全な飲み水が確保できていない状況です。

また、日本のように水道施設が確立されておらず、蛇口はもちろん配水管すらないため、水の確保のためには池や川から汲んできた水を利用しているのです。

(出展:ユニセフ・WHO共同監査プログラム(JMP)報告書

水と衛生事情が極めて深刻なアフリカ

そんな中でもアフリカは特に深刻な状況です。アフリカは、人口およそ9億2,500万人で、面積は3026万平方キロメートルにもおよび、実に53もの国が存在しています。
かつては多くの国々がヨーロッパ諸国の植民地となっており、独立してからも、さまざまな国や地域で長年にわたる内戦や紛争が続いていました。

それも現在では終息傾向となっており、民主的な選挙や憲法の国民投票などが実施されています。また、国連平和維持活動(PKO)の完了により、国の開発の土台となる平和と安定への歩を進め和平や民主化へのプロセスが進行しています。

ただ、すべての地域で紛争がなくなったわけではなく、未だに紛争が継続している地域があり、平和となったアフリカ諸国でも貧困や飢餓、さらには水の確保や衛生問題など、人々が生きていく上で悲惨な状況が続いています。

(出典:外務省「参考資料:アフリカの現状と日本の対アフリカ政策」)

きれいな水を飲むことができないアフリカの子どもたち

不衛生な環境が原因で毎日800人もの子どもが亡くなっている……このようなアフリカの国々では水の確保をするために池や川から汲んでくることがほとんどですが、これらは多くの場合が汚染された水です。

病原菌や寄生虫が存在し、それを含む水を使うということは重篤な病気を引き起こしかねません。
特に知能の発達や身体の成長が未成熟な子どもにとっては取り返しの付かない影響を及ぼす危険さえあります。
抵抗力の弱い幼児は下痢による脱水症状でさえ命を落としかねません。実際に下痢性の病気で命を落とす5歳未満の子どもは毎日800人以上にのぼるとされています。

また汚染された水によってコレラ、赤痢、A型肝炎、腸チフスなどさまざまな感染症の伝染を引き起こす可能性があります。

(出展:国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパン公式サイト)
(出展:ユニセフ公式サイト)

毎日8時間を水汲みに費やすアフリカの子どもたち

問題は上記のような衛生面だけではありません。このような不衛生な飲み水でも確保するためには池や川へ汲みに行かなければいけません。
しかもそれは1日に必要な分となるため、1回の水汲みでは補いきれないことがほとんどです。そうなると何度も往復することになり、その距離が遠いほど時間は掛かります。酷い地域では1日に8時間を水汲みに費やすことになる場所さえあります。

この担い手となるのが多くの場合、子どもたちなのです。子どもたちの体力では、それくらいの時間がかかってしまうのも当然といえるでしょう。
水汲みにより教育を受けることさえできず、貧困の連鎖なども起こってしまっているのです。

エチオピアで暮らすセーラムという女の子は医師になる夢を持ちながらも、水汲みのため学校を休むことが多く、本人は学校に行きたいという願いを常に持っていました。
水の確保のために将来を棒に振ってしまう子も存在するのです。
きれいな水が飲めないというのは、衛生面でも教育面でも重大な問題となっているのです。

(出展:国際協力NGOワールド・ビジョン・ジャパン公式サイト)

アフリカの水・衛生問題の原因とは

アフリカの水・衛生問題は先述したような状況となっているのですが、このような現状はアフリカのサハラ以南で特に問題となっており、その原因は主に水を確保する設備の整備不足にあります。

例えばアフリカにあるマリ共和国ではニジェール川の周辺にさまざまな都市があり、水道の設備もできていて地下水も豊富です。
しかしそれはあくまで都市部だけであり、膨大な国土すべてには行き渡らず、国民の70%は農村部で生活していて、水を確保するために川まで往復するしかありません。

また人手で掘った井戸や池、沼の水を利用する地域もありますが、そのような形で得られた水は外気にさらされ、家畜の糞尿などが入っているため、非常に不衛生となってしまっているのです。

(出展:ユニセフ公式サイト)

アフリカの水・衛生問題の解決策とは

それではこのような問題に対して、どのような解決策が提示できるのでしょうか。
解決策をいくつか挙げます。

  • 井戸や水道設備の早急な設置、整備
  • トイレなどの衛生施設の整備
  • これらの施設の管理の徹底
  • 健康維持と生活環境改善などの衛生啓発

当然ながら解決策としては井戸や水道設備、衛生施設であるトイレの設置は急務となるでしょう。また、同時にこれらを持続的に管理していけるよう、住民にトレーニングを行い自分たちで運営していけるように整えていくことも大切です。

さらにはこれらの地域に住む人たちには石鹸で手を洗うなどの衛生的な習慣がないことが多いです。
そうなると、どれだけ衛生的な施設を構えても不衛生であることには変わらなくなってしまうので、人々に啓発していくことも重要となってきます。

(出展:ケア・インターナショナルジャパン公式サイト)

アフリカの子どもたちを水・衛生問題から救う支援

このように、アフリカの水・衛生問題を改善するための方法は分かっているのですが、なかなか進んでいきません。
それは、方法は分かっていても支援活動やその手がまだまだ不足しているからです。
アフリカの子どもたちを水や衛生問題から救う支援としてどのようなことが具体的に行われているのか、そして私たちができることは何なのか、そちらについても紹介していきましょう。

支援活動

水や衛生を届ける支援として、先ほどのような水道施設の設置支援が実際に行われています。井戸や貯水タンクの設置はもちろん、衛生面を配慮したトイレの整備なども行っています。

これらはボランティアの方々なども参加しつつ、現地の人々と協力して持続的に管理できるような形を作っています。
例えば住民組織である「水委員会」などを立ち上げることで運営や支援などを行えるようにしているところもあります。

他にも基礎的な衛生を根付かせるために、屋外排泄の改善や食前の手洗いなど衛生習慣の適切な指導なども実施。
これにより下痢が原因で命を落とす子どもが格段に減ることになります。

寄付

日本で暮らす私たちができる支援としては、募金や寄付が一般的です。

例えば3,000~5,000円の支援でORS(経口補水塩)、家庭用衛生キットなどを多くの子どもたちに提供でき、1錠で4~5リットルの水を浄化できる浄水剤を何千錠も購入できます。
そして15,000円以上の支援となると井戸の手押しポンプ用器材など、環境を改善するための物品も購入が可能になります。

寄付の金額が大きくなくても、一人ひとりが少額でも寄付をすることで大きな金額となり多くの子どもを救うことができるのです。

アフリカの子どもたちが安心して水を飲めるためにできること

アフリカの多くの地域では、未だに多くの場所で安心して水を飲めない状況にあります。それができるのは発展した都市のごく一部の地域だけです。
ほとんどの人々は不衛生な水や環境の中で生活しており、過酷な環境の中で生きているため、重篤な病気などに侵され死に追いやられることもあります。

そのような子どもたちを救うためには、今安全に暮らせている私たちが支援をしてあげることが大切になってきます。
わずかな寄付でも多くの子どもたちが救え、支援の手も広がっていきます。子どもたちの将来を明るくするためにも、この水や衛生問題をしっかりと受け止め、支援をしていくことをおすすめします。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。