gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

アフリカの水が原因で多くの人がかかってしまう病気とは?

この記事を要約すると

日本では当たり前のように、安全で安心して使える水が手に入りますが、アフリカではそのような水を得ることがほとんどできません。
アフリカに限らず、世界的に見てもそのような場所はそれほど多くないのです。

これには様々な原因がありますが、何よりも日本のような浄水、水道施設がないため、不衛生な水をやむを得ず使わなければいけないという現状が横たわっているためです。

安全な水を使えないことは多くの弊害を生み出します。そもそも水は生きていくためには必要不可欠なものであり、どのような水でも摂取しなければいけません。
しかしそれを飲んでしまうことで、重篤な病気にかかってしまい、命を落とすことにも繋がるのです。こちらではそういったアフリカの汚れた水による病気についてご紹介します。

アフリカの水が汚れている、衛生環境が悪い理由は?解決するための支援活動は?

アフリの水が安心して使えない理由


アフリカの水が安心して使えない理由に、水の確保が困難という問題があります。
アフリカの都市部を除き、ほとんどの場所で水道施設や浄水施設が整備されておらず、インフラも整備されていないため日本のように簡単に安全な水を確保できません。

そのため、水は川や池、湖から汲む必要があります。
当然ながらこのような場所の水は泥や細菌、動物の糞尿が混ざっており、きれいといえないどころか、非常に汚れた水となっています。
病原菌や寄生虫にも汚染されていることが多く、これらを浄水することなく使用したり、飲んだりするため、とても危険なのです。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト)

アフリカの人々が水で病気になる理由は?


アフリカの人々はこのような水を使わなければならず、常に命の危険にさらされています。
そして、これだけ不衛生な水を飲まなければいけないのは大人だけではなく、子どもも同じです。

特に乳幼児は抵抗力もないため、このような汚染された水を飲めば下痢症になってしまう子も少なくありません。
この下痢症で脱水症状になり、命を落としてしまう乳幼児は年間約30万人ともいわれています。

子どもだけでなく、大人も下痢症になることは多いので、同じように脱水症状の危険に陥ることは多いのです。

さらに、不衛生な水には寄生虫も多く生息しているためメジナ虫病にかかってしまうこともあります。
この病気は特に深刻で、汚染された水の中に住むメジナ虫の幼虫や卵を持ったケンミジンコを体内に取り込んでしまうことにより、体内を動き回り筋肉や内臓を傷つけます。
最後には1年経った頃に肌を食い破って出てくるのですが、治療法はなく、鎮静剤を飲んで耐えるしかありません。

他にもトラコマ(慢性結膜炎)を引き起こすことや、コレラの蔓延にも繋がってしまいます。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト)
(出典:ワールド・ビジョン・ジャパン公式サイト)

アフリカでは劣悪な水環境でどれくらいの人が命を落としている?


下痢症による乳幼児の年間死者数は約30万人であることは触れましたが、子どもだけに限らず大人も入れれば年間約180万人にものぼります。
またそれと同様に多くの命を奪っているのが、肺炎です。
5歳未満の子どもの死亡要因のおよそ18%を占めるといわれており、下痢症と合わせて年間約200万人の子どもの命を奪っています

他にもサハラ以南のアフリカではマラリアに感染している人が年間で3億9000万人もいます。
このほとんどが劣悪な水環境の中で感染を広げてしまっており、毎年1億3000万人以上がこのマラリアで亡くなっています。そのうちの90%は5歳未満の子どもであることから、多くの子どもがこの病気で命を落としているのです。

また死に至らないものの、トラコマ(慢性結膜炎)は失明の危険を伴い、1億4600万人が失明の危機に脅かされているとされています。
全てがアフリカでの感染ではないものの、安全な水が使用できないことや洗顔の欠如から起こる病気であり、アフリカの水環境でも容易に起こってしまう病気であるのは明らかです。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト)
(出典先:公益社団法人 日本WHO協会公式サイト)

アフリカで行われている水の支援とは?


このような水問題を解決する1番の方法は、当然水道施設や浄水施設などインフラを整備することにあります。
水道施設を建設しようと思うと多額の資金が必要となりますが、簡易的なものであれば各団体の支援活動で実現することもできるのです。

井戸を深く掘った際には水を汲み上げる装置が必要ですが、寄付によりそのような器材を購入することができます
またこれらをいつも支援団体が管理するわけには行かないため、現地の人に管理してもらえるよう、衛生管理の方法についての指導・育成も行っています。

井戸などの給水施設をすぐに作れないとしても、汚れた水を安全に飲み水にする浄水剤を現地へ持ち込むことで、簡易的ながらも水を浄化し、感染症などの危険にさらされることなく、水を使用できるように支援しています。

既に下痢症になり脱水症状に陥っているのであれば、経口補水塩(ORS)を与え、回復に向かわせるといった支援も同時に行われています。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト)
(出典先:ウォーターエイドジャパン公式サイト)

私たちにもできる寄付があります


支援としてはご紹介したようなことが行われていますが、それでもまだまだ支援が行き届いていない地域や人々は多く存在します。
これは、支援活動を行う人手はもちろん、活動資金や支援物資を購入するためのお金も足りていないという問題があります。

どうしてもお金は必要となるのですが、国からの援助金などでは賄いきれないことも少なくないのです。

そこで私たちにも協力できることがあります。
それが継続寄付や都度寄付といった支援団体への寄付です。

継続寄付は毎月定額を、都度寄付は寄付できるときに1回だけ行うといった方法になりますが、どちらも支援団体にとっては大きな援助となります。
寄付を行うことで、アフリカの水問題を解決するための一助となり、現地の人々を救うためのサポートをしていることにもなるのです。

寄付は500円や1,000円の少額から始めることができ、負担を少なく始められる支援方法です。
現地に行けなくても、私たちができることから始めていくことが大切であり、まずは少額の寄付で支援に参加してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。