gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

SDGsの目標達成のために私たちにできることを考え行動しよう

この記事を要約すると

世界規模の災害や様々な問題への対策を立てて、今現在も未来においても住みやすい世界にしようという活動が行われています。それを具体的な目標として定められたのが、SDGsです。

今回はこのSDGsとはどのようなものなのか、そして私たち一人ひとりに何ができるのかをご紹介します。

持続可能な開発目標・SDGsとは?17の国際目標やターゲットなどを解説

SDGs:持続可能な開発目標とは


SDGsとは何か、それが必要とされる理由を説明します。

SDGsとは持続可能な世界を実現するための目標

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2015年9月の国連サミットで定められた、2016年から2030年までの達成を目指す国際目標のことです。

持続可能な世界を実現するために、17のゴールとそれぞれに設定された全169の具体的なターゲットから構成されます。

持続可能な開発とは

持続可能な開発とは、将来世代のニーズを損なうことなく現代世代のニーズを満たす発展を意味します。簡単に言えば、環境を破壊し続けることなく、人びとの消費を支え続けられる世界にするということです。

消費活動には自然の資源を使いますし、環境を破壊することもあります。資源を使い果たし環境を回復できないほどに破壊してしまうと、将来の世代が生活をするために必要な資源を得られなくなります。

そこで自然環境を保全し、資源の消費と自然の再生のスピードを管理する必要があります。そのバランスを取ることで、持続可能な世界を実現します。

しかし、この持続可能な世界を実現するためには、解決すべき地球規模での多くの問題があります。
貧困・飢餓・紛争・教育の質や男女格差などのほかに、貧富格差・気候変動や自然災害・エネルギー問題・生物多様性の喪失などがあります。

これらの問題が複雑に絡み合い、さらに予測不可能な問題を引き起こすことも考えられます。

SDGsの17のゴールとは

そこで、これらの問題を細分化して具体的な対策に捉え直し、解決しやすいものとしたのがSDGsの17のゴールであり、169のターゲットです。

17のゴールは以下のとおりです。(※1)

ゴール1 貧困をなくそう 不平等が広がることで情勢不安や紛争に発展することを防ぎます
ゴール2 飢餓をゼロに 飢餓による人間開発への支障を防ぎ、社会開発に好影響を与えられます
ゴール3 すべての人に健康と福祉を すべての人の健康な生活を確保することは、豊かな社会の構築につながります
ゴール4 質の高い教育をみんなに 質の高い教育は貧困の連鎖を断ち切り、不平等の是正とジェンダーの平等達成に貢献します
ゴール5 ジェンダー平等を実現しよう 女性や女児の能力向上は、経済成長と社会開発に欠かせません
ゴール6 安全な水とトイレを世界中に 安全な水と衛生環境は健康維持につながり、生態系とその多様性の保全にもつながります
ゴール7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに 炭素燃料の燃焼による温室効果ガスの発生を抑え、再生可能エネルギーを普及させて安定した電力供給を目指します
ゴール8 働きがいも経済成長も ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を促進して生産性を高め社会全体の利益につなげます
ゴール9 産業と技術革新の基盤をつくろう 持続可能な開発促進には、技術革新と新産業の成長が不可欠です
ゴール10 人や国の不平等をなくそう 貧困や気候変動、移住や経済危機は特定の国や地域に限定されず、世界的な解決すべき問題となっています
ゴール11 住み続けられるまちづくりを 都市の自然成長を放置せずに人的・社会的・経済的な損失を回避するよう構築する必要があります
ゴール12 つくる責任つかう責任 持続可能な消費と生産のパターンを確保し、環境と社会への影響を緩和させることが必要です
ゴール13 気候変動に具体的な対策を エネルギー・産業・輸送・食料・農林業のシステムを変革し、地球の平均気温の上昇を1.5℃に抑えなければ、あらゆる生態系に悪影響を及ぼします
(出典:国際連合広報センター)
ゴール14 海の豊かさを守ろう 世界の海洋と海洋資源を保全します
ゴール15 陸の豊かさも守ろう 持続可能な形で森林を管理し、生物多様性の損失に歯止めをかけます
ゴール16 平和と公正をすべての人に あらゆる場所の人々が安心して生活を送れるようにします
ゴール17 パートナーシップで目標を達成しよう 17の持続可能な開発目標は先進国、途上国を問わずにすべての国に対して、「誰も置き去りにしない」ために行動することが必要です

SDGsを達成するために必要なこと


SDGsには全部で169ものターゲットがあります。これを達成するために取り組むのは国であり企業やNPO・NGOであり、わたしたちです。

つまり、この世界で生活をする個人それぞれが取り組む必要があります。

となればSDGsを達成するために、まずは個人それぞれが関心を持ち理解することが必要になるでしょう。

そのためには各国が協力し、主体となって動くことが大切です。毎年SDGsに取り組む国それぞれの達成度のランキングも発表されています。

2019年版のレポートでは、日本は162ヵ国中15位でした。

日本でも政府の取り組みのもとで企業やNPO・NGOがSDGsの達成に向けた取り組みを表明し、具体的な実践へと踏み出しています。

その企業や団体といった組織が啓蒙活動を行うことで、個人一人ひとりがSDGsへ関心を持ち、その必要性を理解して行動に移すことができます。

そして個人一人ひとりに何ができるのか、具体的にわかれば簡単にSDGsの目標達成に向けた取り組みができるようになります。

(出典: Sustainable Development Report 2019)

SDGsの達成のために私たち個人単位でできること


SDGsの達成に向けて個人ができることは多くあります。

寄付・募金

NPOやNGOの団体に寄付や募金をすることで、食料支援や教育支援などに貢献できます。
飢餓と貧困をなくし質の高い教育を普及することで、ゴール1・2・4の達成につながります。

日常生活を見直す

食料やエネルギーの無駄をなくすことを心得るだけで、ゴール7と12の達成に貢献できます。

環境省の発表では、4人家族1世帯で年間約6万円相当の食品が家庭から捨てられているそうです。

買いすぎないようにしたり保存方法を工夫したり、日常生活でできることが多くあります。また電気をこまめに消すなど、エネルギーを無駄にしないことも大事です。

(出典:環境省「食品ロスを減らすために、私たちにできること」)

周りの人に広める

SDGsの目標達成には、個人の取り組みが不可欠です。しかし、そのような取り組みがあること自体を知らない人も大勢います。

そこで自分が知っていること、日常で取り組んでいることを知ってもらうことも大切です。世界で起きている問題に関心を持ち、SDGsを理解する人が増えれば、それだけ活動が広がります。

SNSなどで情報発信をしてみるのも効果的です。

国連が「ナマケモノにもできるアクション・ガイド」を公開


国際問題の解決に努める国連はSDGsの目標達成に関して、様々な活動をしています。
そのひとつとして誰でも簡単に実践できる、SDGsの目標達成に向けた取り組みをアクション・ガイドとして公開しています。

レベル1:ソファに寝たままできること

ソファに寝たままでもできる取り組みとは、どんなものがあるのでしょうか。

例えばスマホでSNSをチェックしている時、気候変動を防止する企業の取り組みを見たら”いいね!”を押したりシェアするだけでも効果があります。
あるいは少額投資でそのような企業の株式を購入することもSDGsのゴール13の目標達成につながります。

レベル2:家にいてもできること

エアコンの運転効率を高めるために、窓やドアの隙間をふさぐことや、窓ガラスに断熱フィルムを貼るのも効果的です。
電気代の節約になりますし、SDGsのゴール7の達成に貢献できます。

レベル3:家の外でできること

買い物には”エコバッグ”を持っていくことがおすすめです。レジ袋は少しずつ有料化していますが、これはレジ袋の消費を減らすのが目的です。

そしてプラスチックごみを減らすことで、そのごみが流れ着く海を守るというSDGsのゴール14の達成に貢献できます。

レベル4:職場でできること

職場で差別があれば、勇気を持って社内の相談窓口で訴えることが大切です。また、周りの人や後輩で悩んでいる人がいれば相談に乗ってみても良いでしょう。
ゴール8で目指す働きがいのある職場環境の実現につながります。

(出典:国際連合広報センター公式サイト)

一人ひとりの小さな行動が世界を変える大きな力に!


SDGsは決して国や企業だけで実現するものではありません。そこで働く一人ひとりが心がけるものですし、さらに普段の生活の中でもちょっとしたことで取り組めます。

たとえば多くの人がレジ袋を使わなければ、海の生態系も守ることにつながります。自分の小さな取り組みが、未来の誰かの生活環境をより良いものにするでしょう。

SDGsの目標を達成することで、将来はもちろんのこと今を生きるみんなも住みやすい世界にできます。そのためには、個人それぞれの取り組みが大切です。日常生活でできることが多いので、身近なことから始めてみるとよいでしょう。

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。