gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

SDGsへの企業の取り組みは?事例とともに紹介

この記事を要約すると

SDGsには様々な企業や地方自治体、団体などが参画しています。
その中でも資本が大きく、行動スピードの早い企業には大きな期待が寄せられています。

ここではSDGsに対する企業の取り組みについて紹介します。

持続可能な開発目標・SDGsとは?17の国際目標やターゲットなどを解説

SDGsに取り組む多くの企業


SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」を略したものであり、2015年9月の国連サミットで採択されました。
国連に加盟している193ヵ国が2016年~2030年までの15年間で達成するために掲げている目標です。

日本でも多くの企業や団体が取り組んでいますが、その中でも特に積極的に取り組みを行っている企業や団体、グループは増えていきます。
それぞれが課題を解決するために取り組みを行っています。

重点的に取り組んでいるSDGsのゴール

企業はSDGsに取り組むことで、ビジネス機会の開拓につながると言われています。2017年の世界経済フォーラムでは、SDGsが達成されることで「少なくとも12兆ドルの経済価値がもたらされ、最大3億8000万人の雇用が創出される可能性がある」ことが指摘されました。

2017年にグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンが行った調査から、各企業が重点的に取り組んでいる課題が見えてきました。
気候変動や働きがい・雇用に関する課題が特に多く、次いで消費・生産や健康福祉という結果が見られました。

Q.貴社・団体ではSDGs各目標の内、どの目標を重点に選んで活動していますか?当てはまる目標をすべて選択してください。(複数回答)
n=163

重点的に取り組んでいる課題 割合
目標13:気候変動 63%
目標8:働きがい・雇用 60%
目標12:消費・生産 51%
目標3:健康と福祉 50%
目標7:エネルギー 40%
目標5:ジェンダー平等 44%

(出典:地球環境戦略研究機関「未来につなげるSDGsとビジネス」)

具体的な企業の取組


先述した「重点的に取り組んでいる課題」について、それぞれ具体的にどのような取り組みが行われているのかを見ていきましょう。

目標13:気候変動

再生可能エネルギー100%

デジタル複合機やプリンタなどを手掛ける精密機器メーカーは日本で初めてRE100に加盟した企業です。
2050年に自社排出の温室効果ガス排出ゼロを目指し徹底的な省エネ活動を進めるとともに、2030年までに少なくとも電力の30%を再生可能エネルギーに切り替え、2050年までに100%を目指しています。

RE100は事業運営に必要なエネルギーを100%、再生可能エネルギーで賄うことを目標とする企業が加盟するイニシアチブです。

使うエネルギー < 創るエネルギー

水素サプライチェーン構築を目指す総合エンジニアリング会社では、水素の輸送技術を確立
これまで究極のクリーンエネルギーと言われながら輸送方法が課題であった水素を、常温常圧で液体の状態で安全に大量に貯めて長距離を輸送する技術を確立させたのです。

ゼロエミッション社会の実現に向け、2020年、世界に先駆けて海外(ブルネイ・ダルサラーム国)から水素を日本(川崎臨海部)に運ぶ「水素サプライチェーン」の構築を目指します。

(出典:外務省公式サイト)

目標8:働きがい・雇用

働き方改革を通じた企業価値創造

ネットワーク通信工事及びシステムインテグレーションを行う通信工事会社では、2007年からICTとオフィスの什器やオフィス空間設計などのファシリティ施工力を組み合わせた「エンパワーメント・オフィス」を提唱しています。

近年ではAI、IoT、ビジュアルコミュニケーションなどの最新技術を活用し、距離と時間の制限を超えた働き方に取り組んでいます。
自社での働き方改革の実践を活かし、その過程で蓄積してきたノウハウを顧客へのソリューション・サービスとしても提供しています。

生涯現役社会の構築

日本の物流システムを支える運送会社の運営企業では、何歳になっても働ける環境づくりを目指しています。
地域のシルバーセンター等に登録する元気な高齢者を配達の担い手として、新たな雇用の場を提供することで、生涯現役社会の実現の一助となるとともに、地域のコミュニケーション(⾒守り)強化 などにも貢献。
また、荷物の配達員の人手不⾜の解消(労働環境の改善)やトラックを使用せず、小型
の荷物を⾃転⾞や徒歩で近所に配達するため環境負荷の低減にも大きく寄与するなど相乗
効果も高いとしています。

目標12:消費・生産

「フェアトレード認証コーヒー」の取扱い

京都に本社を置き西日本を中心に展開しているコーヒーの製造・輸入、販売会社では、国際フェアトレード認証ラベル商品の製造ライセンスを取得し、フェアトレード認証コーヒーを取り扱っています。

目標3:健康と福祉

健康増進等を通じたリスク予防

日本国内において大きなシェアを占める生命保険会社では、健やかで豊かな人生づくりのサポートを目指し多岐に渡る活動を行っています。
ラジオ体操・みんなの体操の普及推進や健康応援アプリの提供、高齢者に優しいビジネスモデルを構築し自社の保険サービスに取り入れるなどの取り組みが見られます。

目標7:エネルギー

脱炭素社会

日本で広く展開している住宅の設計施工・リフォームサービスを行う企業では、脱炭素社会を目指し、新築・既存住宅のすべてについて「材料購入から生産、販売、居住、解体までのライフサイクル全体において、2050年までにCO2排出量をゼロにする」ための取り組みが行われています。

具体的には気温上昇を2℃未満に抑えることを目指すパリ協定に賛同したり、事業活動で使用する電力をすべて再生可能エネルギーとすることを目指す「RE100」イニシアチブに日本の建設業として初めて加盟。

また、2018年には、同社の温室効果ガス削減目標が「科学的根拠に基づく目標」と認められ、SBT認定を取得しています。

目標5:ジェンダー平等

女性活躍支援

化粧品やスキンケア商品を中心に扱うメーカーでは、自社のブランドと商品を生かしジェンダー平等のための活動を行っています。
これまでに化粧品を通じた女性活躍支援や、タンザニアの女子中学生教育支援などに力を入れてきました。

いろんな企業の取り組みを調べてみよう


SDGsに対してはそれぞれの企業が具体的な目標を立てて多様な取り組みを行っています。
またどの企業も複数の目標を掲げ、横断的な活動をしていることもわかります。

すでに一定の結果を出している企業も多く、それらを調べていくのも非常に有意義なものとなるでしょう。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。