ロヒンギャ

ロヒンギャ難民への日本政府の対応は?日本の団体が行っている支援とは

2017年8月にミャンマーのラカイン州北部で激しい衝突が勃発し、ロヒンギャの人々が隣国のバングラデシュへ避難を始めました。

避難した人は2019年には91万人にも及び、難民キャンプで厳しい生活をしているロヒンギャ難民に関して日本政府も様々な対応しています。

この記事では日本政府の対応を紹介します。

ロヒンギャ難民とは?問題の原因や彼らの生活、必要な支援について詳しく解説

年間約50万人が参加、
累計2億円の支援金額を達成!

「ちょっといい明日づくり」に挑戦する私たちgooddoと一緒に、まずは無料で社会支援をしてみませんか?

この無料支援は、「難民が日本で安心して暮らし、共に生きられるよう」活動している「認定NPO法人 難民支援協会」に10円の寄付として贈られます。

(出典:ユニセフ「ロヒンギャ難民緊急募金」,2019)

ロヒンギャ難民の現在の暮らしとは

ロヒンギャとは一般的にミャンマー西部に暮らすイスラム系少数民族を指します。
彼らは国籍を持たず、1990年代から数十年にも渡る差別と激しい迫害に苦しめられ、命からがら国外へ逃れてきました。

2017年にロヒンギャの武装組織がミャンマーの警察施設に武力攻撃を仕掛けたため、ミャンマー軍が徹底的な反撃に出ました。

その結果、ミャンマー軍がロヒンギャを弾圧するための掃討作戦を開始し、ジェノサイド(大量虐殺)といわれる最悪な結果につながったのです。2017年8月には武装部隊や暴徒により村全体に火がつけられ、罪のない人たちが虐殺されました。
たった1カ月で6,000人以上のロヒンギャが死亡したといわれています。

ロヒンギャの人々は命からがら逃げ出し、身を寄せ合うバングラデシュの避難キャンプは既に許容量の限界を超えており、支援も間に合っていない状態です。

(出典:英国内法務省「国別政策及び情報ノート ビルマ:ロヒンギャ」,2017)
(出典:国境なき医師団(MSF)「6700人以上のロヒンギャ、ミャンマーで殺害される——MSFが独自調査」)

ロヒンギャの人々のために日本の団体が行っている支援とは?

2017年の夏にミャンマーで激化した暴力から逃れるために、少数民族のロヒンギャの人々が隣国のバングラデシュに逃れてから2年。避難した人々は2019年には91万人にものぼっています。

難民が避難しているキャンプでは、人々を保護するために援助物資が空輸で行われており、シェルターや毛布、ビニールシート、家族用のテントなどが運ばれています。

また、難民の中には保護者がいない子ども、乳幼児を抱える女性、身寄りのない高齢者なども多く、専門の保護チームによるケアも行われています。

そして、多くの人が密集して暮らす難民キャンプでは、水の確保や衛生面を改善することで病気の予防や子どもたちが教育を受ける機会の増幅につながり、教育の支援を行うことが貧困から脱する要因となるなど、支援活動は横断的に行う必要があるのです

そのため、難民キャンプでは「水と衛生」「保健」「栄養」「教育」「子どもの保護や開発のためのコミュニケーション」など多岐にわたる支援活動が行われています。

ロヒンギャの人々のために私たちができること

日本で暮らす私たちは、ロヒンギャの人々に対して行われている国際機関やNPO・NGOの支援活動を応援することができます。

応援方法のひとつには寄付があり、寄付するお金は現地の人や状況にあわせて最適な形で活用されます

寄付

寄付はロヒンギャの難民たちを救うためにもなくてはならない活動です。
たった数百円、1,000円の寄付でも多くの人を救う力となるのです。

寄付により集まったお金の用途は様々ですが、その一例として以下のような物品を購入するために活用され、多くの人の命や生活を助けます。

  • 子どもの免疫力を高めて病気にかかりにくくするビタミンA
  • すぐに食べられる高カロリーの栄養治療食
  • はしかから子どもを守るための予防接種ワクチン
  • 水容器、浄水剤、石けん、歯ブラシ、生理用ナプキンなどが入っている「家庭用の水と衛生・尊厳回復キット」
  • 無理なく、継続的にできる範囲で支援することが大切です。

    ロヒンギャの現状を知り情報を伝える

    ロヒンギャ難民の正しい情報を知ることで支援する必要性も明確になります。
    まずはどういったことが起きているのかを知り、自分の周りに広めていくことが大切です。

    ロヒンギャの問題に対し日本政府が行っている支援・国際協力

    深刻なロヒンギャの問題に対し、日本政府も様々な支援の手を差し伸べています。

    国際協力により給水支援

    2017年8月から2018年までに、ミャンマーのラカイン州からバングラデシュに避難してきた人々は約80万人にものぼると言われています。

    しかし、避難民の約8割が生活する避難民キャンプで、緊急に掘削された浅井戸の水が枯渇しつつあるうえ、大半の浅井戸が大腸菌に汚染されているとの調査結果があったことから、それらの問題に対する支援が行われました。

    バングラデシュ東部のコックスバザール県ウキア郡にあるクトゥパロン避難民キャンプでは、ミャンマーから避難してきた人の約8割にあたる約60万人が生活しているとされています。
    このキャンプでは避難民が使用する水を確保するため、約5,000本の浅井戸が掘削されましたが、大量の人による水の過剰なくみ上げにより水源が枯渇しつつあったのです。

    日本は、バングラデシュ政府からの支援要請に応える形で給水施設の建設を実施。
    キャンプ内最大級となる給水施設を建設し約4万人に安全な水を届けることを可能にしました。

    独立行政法人国際協力機構JICA「バングラデシュ:ミャンマーからの避難民キャンプで 最大級の給水支援へ」,2018)

    政府開発援助(ODA)による支援

    日本ではODAによる支援も行われています。これまではミャンマーに対し、無償資金協力として国連機関を通じた人道支援や教育に関する支援などを実施。

    2019年度はミャンマーに対し、主に以下の支援が行われています。

  • 日本ミャンマー・アウンサン職業訓練学校整備計画
  • 人材育成奨学計画
  • 航空機監視システム改良計画
  • 農村地域における農業機械及び建設機材整備計画
  • またロヒンギャの避難民が多いバングラデシュでは以下の支援が行われています。

  • 材育成奨学計画
  • バングラデシュにおける全球測位衛星システム連続観測点高密化及び験潮所近代化計画
  • (出典:外務省「ODA(政府開発援助)ミャンマー」,2019)
    (出典:外務省「ODA(政府開発援助)バングラディシュ」,2019)

    私たちにもできることから始めよう


    ロヒンギャ難民の現状や支援団体が現地で行っている活動について解説しました。

    難民キャンプでは今も様々な問題が残っており、支援活動が行われているものの、まだまだ多くの支援が必要とされています。

    私たちができる支援は寄付や情報の拡散になりますが、一人ひとりの寄付が少額でも、多くの人が参加することで大きな力となります。

    無理なく継続できる範囲で、ロヒンギャ難民を救うためにアクションを起こしてみてはいかがでしょうか。

    年間約50万人が参加、
    累計2億円の支援金額を達成!

    「ちょっといい明日づくり」に挑戦する私たちgooddoと一緒に、まずは無料で社会支援をしてみませんか?

    この無料支援は、「難民が日本で安心して暮らし、共に生きられるよう」活動している「認定NPO法人 難民支援協会」に10円の寄付として贈られます。

    動画はこちら
    この記事を書いた人
    gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

    - gooddoマガジン編集部 の最近の投稿