オンライン授業

オンライン授業のメリットは?学生だけじゃなく社会人も学べる!様々な魅力を紹介

オンライン授業は以前から存在していた学習方法の1つではありましたが、そのメリットや魅力については、昨今注目されるようになったことで知られるようになりました。

この授業方法を利用することで、これまでにできなかった学習が可能となり、人生を豊かにしていくこともできます。
この記事ではオンライン授業のメリットや魅力について紹介します。

世界で深刻な教育問題。各国の制度や男女格差、必要な支援について知ろう

注目され始めたオンライン授業とは?


2020年の新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛などで学校や塾などの授業ができなくなる事態が発生しました。
この影響は、学生だけでなく社会人にも及びました。会社に出社することで教室などと同様に密集状態ができあがるため、感染拡大を招く危険性があるのです。

学校や塾では自宅でパソコンやタブレット、スマホを利用し、学習を行う「オンライン授業」が導入されつつあります。オンライン授業を行うには、環境などを整える必要があるため、日本では普及が遅れているようです。

社会人の場合は、出社せず仕事を行うテレワークを導入する会社が相次ぎました。ただ業種によっては、まったく仕事ができない企業もあったためすべてではありません。
しかしオンラインを用いて仕事をするという環境が、この事態に構築されたことになります。

教育の場で注目されるオンライン授業

学校によってはこのオンライン授業が導入され、登校できない環境下でも学べる環境ができあがっています。
それは日本だけではなく世界でも広がっています。むしろ世界にはいち早くこのオンライン授業に切り替えたという学校も存在しています。
その導入の割合や活用方法は、国や学校によっても異なりますが、模索しながら学習を進めています。

オンライン授業には通常の授業とはまた違ったメリットがあり、その恩恵により、新しい学習スタイルによって様々なことを学べる環境が構築されているのです。
このオンライン授業は学生だけでなく、社会人にも恩恵があり、仕事をしていても学ぶことができる環境です。

  • 新型コロナウイルス感染拡大は、学生だけではなく社会人にも影響が出たことにより、テレワークを導入する会社が増えた
  • 学校では、オンライン授業などを導入する環境を整えつつある
  • オンライン授業は、仕事をしながら学べるため、社会人にも恩恵がある
  • オンライン授業の種類


    オンライン授業は基本的にインターネット環境があれば受けられます。
    今回新型コロナウイルスの影響によってオンライン授業が導入された小中高校そして大学では、自宅からオンライン授業を受けます。

    オンライン授業は登校せずに授業を受けられる

    平時であってもそうですが、オンライン授業は教室などへ行く必要がないため、移動時間が別のことに活かせるというメリットがあります。
    これは外出自粛による影響だけでなく、離島や過疎地でも活かせるメリットです。
    登校の必要がないため、例え近くに教室がなかったり、登校することができない場所に住んでいたりしても授業を受けられるということになります。

    現在は離島や過疎地によっては生徒数の減少から学校が閉校になり、本州などの学校に長時間かけて登校しなければいけないという環境もあります。
    そういった環境でも子どもたちに授業を受けさせる方法としてICT(情報通信技術)を利用した合同授業なども模索されていました。

    実際に文部科学省からも初等中等教育におけるICTを活用した学習指導についての重要性などは新型コロナウイルスの感染拡大以前から提唱されています。
    このように距離的な問題をクリアし、時間や教室など授業を受ける場所などを準備する必要がない、デジタルによる資料を全員が使えるなどコストの節約ができるのは大きなメリットです。

    オンライン授業は講義や研修も可能

    塾などにおいてレベルが非常に高い教師や講師の授業をどこからでも受けることが可能となります。
    レベルが高い教師の授業は人気であり、人数制限があるといった問題もオンライン授業であれば、誰もが受けられるようになります。
    ただ後述する授業形式によってはこのメリットが得られないものもありますが、そういった可能性を持っているのがオンライン授業の良いところです。

    これは学校に限らず、会社にも言えることで研修などを行うとき、講師を呼ぶとその人の予定などにも合わせなければならなくなりますが、オンラインであれば各地に支社などが点在していても同時にまとめて研修を行うことが可能となります。

    オンライン授業には同期型オンライン授業(同時双方向型の授業)とオンデマンド型授業の2つのタイプがあります。タイプごとに特徴があるため、ここからはタイプごとのメリットについても紹介します。

  • オンライン授業は、離島など登校が難しい環境にも活かせる
  • 人数制限なく授業などを受けられるようになる
  • 研修など支店ごとに講師を呼ぶものもオンラインであれば同時に行うことが可能
  • オンライン授業のメリット


    2タイプあるとされるオンライン授業にはそれぞれメリットがあります。

    同期型オンライン授業(同時双方向型の授業)

    同時型オンライン授業は、Web会議システムを用いて、パソコンやタブレット、スマホの画面上に教師や講師、生徒を映し出し、音声によってコミュニケーションを行いながら授業を受けられます。
    通常教室で行う授業に近いものを、画面を通して行えるというシステムです。

    この授業ではリアルタイムに意見の交換や様子を確認しながら授業が進められることから、教師や講師はこれまでの対面講義に近いスタイルで授業を行うことができます。
    同時に生徒も質問などをその都度聞くことができるので、普段と同じように授業が受けられるのがメリットです。

    討論や意見交換を自宅にいながらリアルタイムでできるのは便利と言えるでしょう。
    またパソコンやタブレット、スマホなどを使って行うので、デジタル教材を生徒に配布して利用することができます。教科書やノート、プリントなどの紙媒体を大量に用意する必要がないのは環境の視点からも魅力的です。

    オンデマンド型授業

    オンデマンド型授業はインターネット上に資料や写真、音声、動画などの教材を設置し、課題などを配布して、教材を見ながら学ぶ授業になります。

    同期型オンライン授業と違い、リアルタイムにコミュニケーションを取りながら授業を受けることはできませんが、時間にとらわれず授業を受けることができます。
    よくあるパターンは授業映像が配信されており、それを自分のタイミングで再生して、授業を聞きます。これにより学生はもちろん、社会人でも時間があるときに授業を受けることができるのは魅力的です。

    また決まった資料を受け取り、授業を受けるので、授業を受ける側はタブレットやスマホなど普段から画像や映像を見る環境さえあれば受講可能なので、オンライン授業を受ける環境を整える上で負担が少ないのもポイントになります。

    大人も学べるオンライン授業

    オンライン授業は時間や距離といった問題を解決し、自宅にいながらも普段と同じ、あるいは通常は受けられないような学習を行うことができるという魅力がありました。
    これは学生だけでなく社会人でも大きなメリットとなります。

    社会人になっても学ぶ意欲はあるけど授業を受けに行く時間がない、教室が離れている、学生に混じって勉強するのは抵抗があるなど、様々な理由で学習ができないという人がいます。
    しかしオンライン授業を利用している習い事であれば、そういった問題が解決する可能性もあります。

    例えばよくあるのは英会話であり、同期型オンライン授業を用いて対面で行う教室もあります。
    英会話は相手の顔が見える状況で、音声によるコミュニケーションが取れれば成り立つため、オンライン授業に向いた習い事と言えるでしょう。
    また楽器の演奏などを趣味とする人も、実技を伴うものはこの同期型オンライン授業によって習うことができ、実際に教室も開かれています。
    指導者が欲しいが行く時間がない、近くにいないという問題も、オンライン授業で解決しています。

    他にプログラミングや機械学習などのかなり専門的ながらパソコンを用いることで学べるものについてもオンライン授業が行われているものがあります。
    こういったものはオンデマンド型授業を用いているものも多く、仕事で忙しくても土日などの時間があるときを利用して習うことができます。
    加えてオンデマンド授業の習い事であれば、費用が比較的安いものや無料というものもあるため、コストを抑えられるメリットもあります。

  • 同時型オンライン授業は、対面講義に近く、リアルタイムで受けることができる
  • オンデマンド型授業は、受講者が時間を決めて受けることが可能
  • オンライン授業は、学生だけでなく社会人の習い事としても活かせる
  • (出典:文部科学省「第5章 初等中等教育における学習指導でのICT活用」)

    オンライン授業は社会人にもメリットがある


    オンライン授業は新しい学習スタイルです。時間や距離の問題を解決するため、学生はもちろんのこと、社会人であっても新たなことを学べるのは大きな魅力と言えるでしょう。
    仕事をしていると、忙殺されることからどうしても時間を理由に新しいことを取り入れなくなります。

    しかしオンライン授業であれば、わずかな時間でも学ぶことができるため、今までできなかった学習もでき、人生を豊かにします。
    学生であっても、限られた時間を有効に使い、予習や復習、試験勉強などを行うためにオンライン授業を活用できれば、能力の向上につながります。
    オンライン授業は今後普及が進む可能性があり、利用できれば賢く学ぶことが可能です。オンライン授業について知識を深め、人生に活かしていきましょう。

    動画はこちら
    この記事を書いた人
    gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

    - gooddoマガジン編集部 の最近の投稿