gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」で解決するべき問題と現状とは

この記事を要約すると

地球の約7割は海といわれており、そこには多くの生物が住んでいます。

私たちは陸に住んでいますが、海に助けられ、また海で生まれた資源を消費して生きています。しかし、私たち人間のこれまでの活動により、海が汚染され続け深刻な状況にまで陥っています。

このまま続けていけば持続的に海洋資源を得られなくなる危険性も出てきているのです。

そのような状況を鑑み「持続可能な開発目標(SDGs)」の中には海を守るための目標とターゲットが掲げられ、多くの国や機関が取り組んでいます。
今、海洋に起きている問題、そして現状はどうなっているのかを紹介します。

持続可能な開発目標・SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」のターゲットや現状は?

SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」が目指す世界

世界で起こっている問題に対して、持続可能な開発目標として定められたのがSDGsですが、その中でも目標14では「海の豊かさを守ろう」を掲げています。

海洋は私たちにとって重要な環境であり、漁業や観光などは社会、経済発展に不可欠です。
この海洋資源を持続的に開発しつつ、生態系を守っていくことは海の豊かさを維持する上では重要な課題となっています。

しかし海洋は水質汚染や気候変動にさらされ、環境の悪化や生態系を歪めてしまう状況に陥ってしまっています。

そのため現在の環境を改善しつつ、海洋や海洋資源を保全し、持続可能な形で利用できる世界を目指すのが、この目標14となります。

(出典:国際開発センター公式サイト)

海洋環境の現状・課題

このような目標が掲げられるのは海洋環境の現状が芳しくないためです。

海洋環境は悪化の一途をたどり、いずれは持続的な開発が不可能であると考えられていることから、目標を掲げ、ターゲットをつくり取り組まなければいけない状況なのです。

では海洋環境はどのような状況となっているのか、ご紹介していきます。

海洋汚染

海洋汚染はかなり深刻な状況となっています。

その原因は様々ですが、8割は陸地からの影響であると言われ、二酸化炭素や農業及び工業排水、未処理の下水や油、栄養塩類、堆積物、海洋ごみなどが陸地から海に流れ込み、悪影響を与えています。

他にも漁業や養殖業、製造業、沿岸の観光業、港湾開発など多種多様な活動が海洋汚染に影響しているのです。
その海洋汚染は「海洋温暖化」「海洋の酸素欠乏」「海洋の酸性化」といった状態が見られます。

海洋温暖化

地球では温暖化が進んでいますが、それは地表の温度だけでなく、海水の温度も上昇しています。

温室効果ガスが増えた影響で空気中の温度が上がりますが、海水も熱を吸収することになります。
そうなると海水温が上昇し、海流の変化を起こして海洋中の生態系に直接影響をおよぼしてしまいます。

また海水温の上昇によりサンゴを白化させてしまうため、後述の酸素欠乏や酸性化を助長することにもなりかねません。

海洋の酸素欠乏

温室効果ガスによる海水温上昇は海流の変化だけでなく、水中に溶ける酸素の量が減少するために海洋の酸素欠乏も引き起こします。

また水生生物の代謝が活発化するため、より多くの酸素を消費することになります。
さらに、暖かい海水は上に冷たい海水は下に動きやすいため、表層と深層の水の循環が起こりにくくなり、深層に酸素が行き届かない現象も起こります。

そして、温室効果ガスだけでなく、海洋の富栄養化もこの要因となっています。
農薬などを含んだ土壌の流出などにより、海水内の肥料分や栄養塩類の濃度が上昇することで、植物プランクトンや藻が大量に発生
これにより日中は光合成により一時的に酸素は過飽和状態になりますが、夜間は生物の呼吸が増えるため酸素を大量に消費し、酸欠状態に陥ります。

これで死滅したプランクトンが大量に沈降すると腐敗や分解が進み、海底の酸素を余計に消費してしまうため、酸素欠乏を加速させることになるのです。

海洋の酸性化

そして、酸性化も海洋汚染の中では深刻です。

海には熱だけでなく二酸化炭素も吸収されますが、この気体は海洋の酸性度を高めてしまいます。

酸性化の影響を受けるのはサンゴなどの石灰化生物であり、殻や骨格の生成能力は水の酸性度に左右されるため、酸性化が進めばそれらの能力が正常に動作しない可能性もあります。

2030年には世界のサンゴ礁の9割、2050年にはほぼ全てがこのような脅威にさらされると予測され、サンゴだけでなく、プランクトンや甲殻類などの生命、繁殖力、成長にも影響や被害がおよぶと考えられています。

食物連鎖が乱れれば、他の生物への影響も懸念されるため早急な対策が求められますが、二酸化炭素の排出量の削減には時間がかかっており、また削減できたとしても海洋中の酸性度が正常に戻るには多くの時間を必要とするために、容易ではないと言われています。

(出典:国際開発センター公式サイト)

プラスチックごみ

プラスチックごみも海洋に大きな影響を与えています。
陸地でのポイ捨てや不法投棄などされたプラスチックを原料とする製品は川から海へと流れ込みます。

そして海洋ごみとして漂い、環境や生態系に大きな影響を与えてしまうのです。
例えばレジ袋などは海洋生物が餌と間違えて誤飲し、体内で詰まってしまうことがあります。
また釣り糸は生物に絡まることもあります。どちらも海洋生物を傷つけ死に至らしめることもあるのです。
さらに海に流れ着いたプラスチックは波などの影響を受け破砕されることで細かい粒子になることがあります。
他にも歯磨き粉や洗顔料に含まれるスクラブは5mm以下の細かいプラスチックであり、これが海洋に流れ込むことでマイクロプラスチックとして海中を漂います

マイクロプラスチックは北極から南極まで幅広く分布しており、環境や生物への影響が懸念されています

(出典:国際開発センター公式サイト)
(出典:WWFジャパン公式サイト)

海洋資源の減少

現在は水産物の需要が世界的に高まっており、加工や保存、輸送技術の発達によってより多くの魚介類が消費されるようになったことから、過剰な資源消費に陥っているのです。

また違法漁業や乱獲なども水産資源に被害を与えています。
これらの過剰な資源の利用が続けば、海洋資源は減少の一途を辿り、やがて安定的な供給どころか海洋資源が利用できないといった状況も生み出されてしまいます。

そのため国際社会による協調した資源管理は必須であり、現在の課題にもなっています。

(出典:国際開発センター公式サイト)

SDGs達成に向けて「海のエコラベル」を選ぼう!

このような課題がある中で、SDGs達成のための一つの施策として、青いラベルにMSC(Marine Stewardship Council、海洋管理協議会)認証と書かれた「海のエコラベル」が貼られた水産物が売られています。

これらは海洋の自然環境及び水産資源の保全のもと取られた水産物であることを示すマークです。

海洋資源は適切な量を超えなければ、持続的に資源が得られ、かつ海洋環境や生態系を壊す可能性は低くなります。

そのため現在は漁獲量の時期や漁獲していい魚の大きさ、その際に使用する漁具の厳格化など、厳しい規定を設けることで環境や生態系を守っています
そのような取り組みで厳正に漁獲し、水産資源や海洋環境を守って獲られた水産物という証なのです。

このような海のエコラベルが貼られている水産物を私たちが購入するようになれば、需要の拡大に伴い、より多くの漁業者がルールを守り、環境や生態系を守る漁業を続けていくことにもつながります。

水産物を購入する際は、この海のエコラベルが貼られたものを積極的に購入していくことも、私たちにできる海洋保全活動の一つです。

海洋環境の危険を知り、できることを考えよう

海洋環境が汚染され、生態系が壊れ、持続的にその資源と恩恵を受けられなくなれば、次に危機に瀕するのは私たち人間です。
それだけ海は重要な資源であり、そして私たちの生活を守ってくれる存在なのです。

海洋の環境や生物多様性を守るために現在の状況を改善しなければ、手遅れになる可能性もあるのです。

そのためSDGsの目標達成に向けて各国政府や関係機関、企業が努力と取り組みを続けています。

私たちも個人レベルでできることを行う必要があります。
例えば海岸に打ち捨てられたごみを回収することや、海洋ごみとなる可能性があるものをポイ捨てせず、適切に捨てることもその1つです。

まずは私たちにできることを考え、できることから取り組んでいくことが、海洋を守る上で大切なことなのです。

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。