gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

SDGsの目標13「気候変動に具体的な対策を」で解決するべき問題と現状とは

この記事を要約すると

SDGsに掲げられている目標13「気候変動に具体的な対策を」は、人類にとって普遍的な問題です。
地球のどこに住んでいる人も、気候変動の影響を受けないことはありません。
気候変動問題について今すぐにでも対策を講じなければ、問題はさらに悪化する可能性があります。

気候変動問題の解決するべき問題と現状についてわかりやすく解説します。

持続可能な開発目標・SDGsの目標13「気候変動に具体的な対策を」のターゲットや現状は?

SDGsの目標13「気候変動に具体的な対策を」が目指す世界


SDGsの目標13では「気候変動に具体的な対策を」講じることが目指されています。気候変動は先進国、開発途上国を問わず、国境を越えて取り組むべき課題です。

天候の変化や海面水位の上昇、異常気象など、既に世界中で気候変動の影響が顕在化しています。その影響は、農業生産、飲料水の確保、生態系保全、エネルギー供給、インフラなどあらゆる分野に及びます。

また、気候変動の影響は、特に脆弱な生活環境に置かれている貧困層にとっては深刻な被害をもたらすものです。

気候変動の現状や原因


気候変動は全世界が共通の目標をもとに取り組まなければならない問題です。
全世界がこの問題の解決に向けて取り組みを進めるためには、気候変動の現状や原因を正確に把握しなければなりません。

既に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の活動によってたくさんのことが明らかとなっています。

気候変動に関する政府間パネルとは、人為起源による気候変化、影響、適応及び緩和方策に関し、科学的、技術的、社会経済学的な見地から包括的な評価を行うことを目的に設立された組織です。
各国政府を通じて推薦された科学者が参加し、5~6年ごとにその間の気候変動に関する科学研究から得られた最新の知見を評価し、評価報告書として公表しています。

以下では、「気候変動に関する政府間パネル」によるデータに基づいて、気候変動の現状や原因について、項目に分けて説明します。

温室効果ガス

2014年のIPCC第5次評価報告書によると、地球の平均気温は産業革命以前の1880年と比較して0.85℃も上昇しています。

地球温暖化の最大の原因は、人類の活動による二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素などといった温室効果ガスの排出によるものです。
このなかでも、温室効果ガスの総排出量の約 76%を占める二酸化炭素は地球温暖化に最も大きな影響を及ぼしているとされています。

二酸化炭素の排出量は、産業革命から増加の一途をたどっており、現在では、1990年と比較して約60%も増えています。特に、2000年から2010年にかけての排出量は、直前の30年のどの10年間よりも大幅に増えています。

二酸化炭素濃度は、産業革命以前と比較すると約40%も上昇しました。現在の二酸化炭素排出量は、地球全体の森林などの生態系が吸収できる二酸化炭素の量の倍以上とも言われています。

現状における温室効果ガスの濃度と排出の継続を合わせて算出した場合、1850年から1900年の期間を基準とする地球の平均気温上昇は、このままいけば今世紀末までに摂氏1.5度を上回ると見られています。

今後、こうした状況が続けば、温室効果ガスの増加に関して以下で説明するような問題が数多く起こる可能性があります。
たとえ、温室効果ガスの排出量の増大が止まったとしても、気候変動のほとんどの影響は、数世紀にわたり持続するとされています。

しかし、大幅な制度や技術的変革が起きれば、地球温暖化がこの水準を超えない可能性は50%以上に高まります。
一刻も早く、気候変動に具体的な対策を講じる必要があるのです。

(出典:国際開発センター)
(出典:国際連合広報センター)

気候要素の変化

地球温暖化が進んでいくことで生じる問題は気温が上昇するだけではありません。
地球全体の気候システムが大きく変化することになります。

世界各地では既に、降雨量の変化をはじめ様々な影響が現れ始めており、人の生活や自然環境にも重大な問題を引き起こしています。

気候変動がもたらす災害や自然災害による経済損失は、年間平均1,000億米ドルを超えると言われ、毎年約2億人の人々が被災しています。
こうした災害リスクに備えるための投資だけでも、毎年60億米ドルの投資が必要となるなど、問題は深刻です。

特に、こうした地球温暖化による最も大きな影響を受けるのは社会的に最も弱い立場に置かれた人々であることを忘れてはなりません。
この温暖化の影響により、2030 年までに新たに1億人以上が貧困に陥りかねないと警告されています。
さらに、人間だけでなく多くの野生生物が急速な環境の変化についていけず、減少・絶滅する恐れが高くなるとみられています。

(出典:国際開発センター)

地球温暖化

地球は太陽からのエネルギーで暖められ、暖められた地表面から熱が放射されます。

エネルギーを生み出すために化石燃料を燃焼させたときなどにCO₂が排出されますが、このCO₂を始め、メタン、亜酸化窒素等の温室効果ガスは、地表面から放射された熱を吸収することで大気を暖め、地球温暖化を引き起こします。

気候システムの温暖化には疑う余地がなく、1950年代以降、観測された変化の多くは数十年から数千年間にわたり前例がないものです。

陸域と海上を合わせた世界平均地上気温は、1880年~2012年の間に0.85℃上昇しています。大局的に見ると、平均気温が1度上昇するごとに、穀物の収量は約5%ずつ低下するといわれています。

(出典:環境省公式サイト)
(出典:気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第5次評価報告書)
(出典:国際連合広報センター)

気候変動の問題に必要な対策


気候変動問題は、今すぐに対策を講じなければならない問題です。
では、どうすれば気候変動問題を解決することができるのでしょうか。

以下では、気候変動の問題を解決するために必要な対策について説明していきます。

脱炭素化

気候変動の問題を解決するためには、気温上昇の原因となる温室効果ガスを削減しなければなりません。
温室効果ガスを多く排出しているのは、大量の炭素エネルギーを用いる企業です。

それらの企業は、温室効果ガス排出量データおよび重要な気候リスク情報を適切に開示することが今後ますます重要となってきます。
温室効果ガス削減目標を設定し、削減策を実施することで先手を打っていくことは、適応コストを下げる安全な方法でもあります。

脱炭素化に向けて、温室効果ガス排出量の削減や適応対策プロジェクト、関連研究開発を進めるためには、二酸化炭素の排出量に応じて税率を課す「カーボン・プライシング」が重要なプロセスとなります。

これは、政府規制によるカーボン・プライシング施策(排出量取引、炭素税など)のもとで、二酸化炭素価格が事業活動に対して与える影響について、企業が自主的に定量的に明らかにし、二酸化炭素に価格設定を行うものです。

このようにすることで、自社がどれだけの温室効果ガスを排出しているのかを把握することができるようになり、それに対する対策を講じるようになると考えられています。

大量消費の抑制

気候変動への対策として、大量消費を抑制することも重要です。私たちが行う消費は、生産されることによってはじめて可能となるものです。

企業が生産活動を行うためには、大量のエネルギーが消費されています。
生産活動に消費されているエネルギーとは、具体的に言えば、石油・電気・ガスといったものです。

こうしたエネルギーは、温室効果ガスを大量に発生させます。石油燃料で動く車、火力で発電する火力発電所、プロパンガスなどの消費はこの典型例です。

化石燃料の多くは地中深くに貯蔵されていた二酸化炭素を大気中にばらまくことになるため、大量消費を抑制することは、温室効果ガスを抑制することに役立つのです。

今後、大量消費を抑えていくためには、私たち一人ひとりが温室効果ガスの排出していることを認め、それを少しでも排出しない生活スタイルに変えていくことが重要です。

環境保全

環境保全も地球温暖化対策には重要です。
私たちの生産・消費スタイルをすべて脱炭素化することは非常に困難です。

問題となっているのは、地球が温室効果ガスを吸収する能力を上回って、私たちが温室効果ガスを排出していることです。

したがって、温室効果ガスを吸収する能力を上回らない程度にまで、エネルギーなどの消費を抑える必要があります。
そのためには、森林保護が重要な意味をもちます。森林を保護することによって、温室効果ガスによる影響や気温の上昇を緩和することにつながります。

私たちにもできることがたくさんある!


気候変動問題は人類が一丸となって取り組まなければならない課題の一つです。

国や企業による取り組みも重要ですが、私たち一人ひとりの行動も必須です。
まずは、解決しなければならない問題として気候変動問題について一人ひとりが理解を深め、身近なところでできることをしていくことが重要です。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。