gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

アフリカで強制結婚させられる子どもたちが多い理由、解決のために必要な支援とは

この記事を要約すると

世界では様々な問題が取り沙汰され、解決のために多岐にわたる活動が行われています。
その1つに強制結婚の問題があります。

これは世界の各地で起こっている問題であり、特にアフリカでは年々増加傾向にあります。
その対象は主に子どもたちであり、アフリカでは多くの強制結婚が行われています。

なぜアフリカでそれほど多くの強制結婚が起こってしまうのか、それはアフリカが置かれている現状に原因があるのです。

こちらではそんなアフリカの現状と強制結婚が起こる理由、そして解決のために必要な支援などを紹介していきます。

アフリカで起こる人身取引、その背景や目的とは

アフリカでは多くの女の子が強制結婚の被害にあっている


アフリカでは多くの女の子が強制結婚の被害にあっています。その多くが人身取引からの被害です。

2012年から14年の間に世界106カ国で確認されているだけでも6万3,251人の人身取引による被害者が存在し、このうち2014年に確認されたのは1万7,752人で71%が女性だったといわれています。

さらにこのうち子どもの被害は25~30%と報告されています。

これはあくまで世界的に見た人身取引の数値であり、アフリカ限定ではありません。アフリカでは内戦、紛争の勃発、腐敗した政治によって国内のそのような被害の把握が満足にできていないのです。

この人身取引からの児童婚や強制結婚は多く、18歳の誕生日を迎える前に結婚した女の子は世界で推定6億5,000万人といわれています。

そして今も年間1,200万人の女の子は18歳未満で結婚していると推定されているのです。そのうちサハラ以南のアフリカでは推定1億1,500万人で全体の18%を占めます。

世界的な割合は減少傾向にあるのですが、アフリカだけは25年前には7人に1人だったのに、最近は3人に1人となっており増加傾向にあることとも分かっています。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト)

強制結婚の背景にある問題とは

ではなぜこのようにアフリカで強制結婚が多いのでしょうか。
アフリカでは推定1億2,500万人の女の子が18歳未満で結婚しており、その中でも最も高いのがニジェールの76%、続いて中央アフリカ共和国の68%となっています。

このような国は貧困であることがほとんどなのですが、児童婚がなくならない背景にはまさにそのような経済的な要因が挙げられます。

上記の国も含め人身取引、そして児童婚や強制結婚が多い国の多くは貧困国となっています。
このような国に住む人々の多くはたくさんの家族や子どもを養っている家庭もあり、貧困は生活していく上で致命的なのです。

そのため人身取引をすることで女の子と金品を交換し、生活費を得るという家庭も少なくありません。
この強制結婚に根ざした貧困問題は様々な要因が絡みあって起こっています。

紛争や内戦の勃発、腐敗した政治による権力や財産が一点集中で、行政がまともに機能せず雇用などが生まれないといった原因もあります。

これらを原因として水道や電力といったインフラの整備さえままならず、国内外の不平等な状況、例えば不適正な価格で取引されることから所得がほとんど得られないといった状態になり貧困に陥ってしまいます。

また、インフラの整備ができていないと水などの確保が必要となり、長時間をそれに費やしてしまうことで所得を得るような活動が満足にできず、子どもは教育を受ける機会を失ってしまいます。

こういった子どもの教育が受けられない環境は将来にも繋がります。
教育を受けられなかった子どもは大人になっても仕事に就けず、貧困の連鎖が生まれてしまいます。

このようなことから貧困問題はあらゆる負の連鎖から生まれており、人身取引や強制結婚が横行する状況ができてしまいます。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト)
(出典:セーブ・ザ・チルドレン公式サイト)

強制結婚が女の子たちに及ぼす影響


このように身内に売られ強制的に結婚させられた子どもたちは心に深い傷を負うことになります。

ただでさえ家族に裏切られ、売られたことよる精神的なショックもありますが、見ず知らずの年が大きく離れた男性と結婚させられ、強制的な性交による出産や、相手からの仕打ちで疲弊してしまい、立ち直ることができない子どもも少なくありません

それまで生活していた環境が一変してしまうのです。まだ成長もままならない子どもであれば、その苦痛は計り知れないことでしょう。

実際に強制結婚をさせられた女の子の中には結婚したことで教育の価値を見出されないことから、学校を辞めさせられ結婚生活を送らされる子もいます。
時には暴力を受けることもあり、それによって精神的に衰弱してしまったとのことです。

他にも強制的な性交により8歳の女児が子宮を含む内臓破裂を起こし、死亡した例も報告されています。このように悲惨な出来事が強制結婚では起こるのです。

(出典:日本ユニセフ 公式サイト)
(出典:セーブ・ザ・チルドレン公式サイト)

アフリカの強制結婚の被害者たちに必要な支援


このような女の子たちを救うために支援活動は行われています。

まず強制結婚をなくすための啓発活動を家族に行ったり、経済的支援を行ったりすることでその被害をできるだけ減らせるように活動しています。

こうする事で、家族が進んで人身取引に応じることを予防し、被害者を減らすよう支援しています。

ただしこれは根本的な解決にならないこともあります。そのため大きな要因となる貧困に関してはインフラの整備や、作物の生産による経済活動、そしてそれらを公平な価格で交易するフェアトレードを広める活動をしていくことで、是正するような支援も行われています。

すべての貧困をなくすことは難しいですが、このような支援も強制結婚をしなければいけない状況を防ぐことに繋がります。

また各地域で女の子が入学し通い続けられるよう、学校の施設や元々あった学校の修繕などを行い、教育者の配備や授業に必要な教科書などの提供も支援活動として行われています。

教育がしっかり施されれば、人身取引や強制結婚の違法性も広がり、将来的にもこの根絶に繋がっていくのです。

そして、既に強制結婚させられてしまった女性たちを放っておくわけではありません。
強制結婚によって傷ついてしまった彼女たちの心を癒すためカウンセリングなどのケア活動も行われています。

さらに直接的ではありませんが、児童婚や強制結婚をなくすため、法と政策を整備する支援もあり、日本のように婚姻可能年齢を引き上げ、それを法として整備すれば取り締りを行うこともでき、同じような被害にあう女の子を減らすことが可能になるのです。

私たちにできることを考え、行動しよう


アフリカでは人身取引、そしてそこから生まれる児童婚や強制結婚が問題視されています。
それを改善し、撲滅するために世界ではSDGsという17の目標と169のターゲットを儲け、世界規模で連携してそれぞれができるあらゆる方法で問題に取り組んでいます。

当然、私たちもそれに協力していかなければなりませんが、国の活動を待っているだけでは今日苦しんでいる人々の支援にはなりません。

すぐに動けるのはNPO団体など人道支援を行っている組織です。彼らは問題がある地域に駆けつけ人々を救えるような支援を日々行っています。
私達はそうし人道支援団体への寄付をすることで、アフリカで苦しむ女の子たちを支えるための行動を取ることができます。

彼らの活動資金は寄付や募金によって賄われており、私たちが寄付をすることでその活動を支えることができるのです。

まずは私たちにできることをしっかり考え、行動に移していくことが大切です。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。