リユース

リユースとリサイクルの違いは?

私たちは生活の中で多くのごみを排出しています。家庭や個人の差はありますが、それらのごみは焼却処分され、埋立などで廃棄されます。しかし、そのような廃棄方法が環境に多くの負担を課してしまっている現状です。

このような問題を解決するために3Rという取り組みが行われていますが、その中にはリユースとリサイクルが含まれます。
この記事では、リユースとリサイクルとは何なのか、どのような違いがあるのか紹介します。

リユースとは?リサイクルとの違い、環境のためにできることについて解説!

「リユースを社会に広める」
活動を無料で支援できます!

30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「リユースを社会に広める」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!

設問数はたったの4問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?

\たったの30秒で完了!/

ごみの排出量と処分の現状は?


日本では高度経済成長以降、多くのごみを排出してきました。これは大量生産・大量消費の慣習が根付き、使い捨ての文化ができあがったためです。
私たちの生活は、この慣習と文化によって豊かになりましたが、環境にとっては大きな負担を与えることになりました。

私たちの生活から出るごみは「一般廃棄物」という分類になりますが、2011年から一般廃棄物の排出及び処理状況についての調査が行われています。
この調査によるとごみの排出量は、4,289万トン(2017年)であり、東京ドーム約115杯分もの量が排出されていることが分かりました。これは1人1日あたり920gのごみを排出していることになります。
しかし、これでも同調査の結果としては少しずつ減少しています。

ごみの焼却施設数についても1,120施設から1,103施設に減少し、ごみの焼却熱を利用した発電設備を有するごみ焼却施設数が増加したことで、総発電電力量も増加しています。
ごみの排出量及び廃棄について好転が見られるものの、最終処分場については、残余容量は増加し、処分場の確保は引き続き厳しい状況を強いられています。

ごみの排出と処分が環境に大きな負担となる

なぜごみの排出と処分が問題になるのか、それはごみそのものが環境に大きな負担となるためです。
そもそもごみとなるものは元々私たちが生活の中などで利用するために購入した製品そのものや製品を梱包していた袋や箱といった様々なものになります。
これらは天然資源を元に作られているものが大半ですが、資源は無限ではなく有限であり、自然から生み出されたものです。
天然資源を消費し続ければ自然環境のバランスが崩れ、生態系を破壊してしまう恐れもあります。

また製造からごみとして処理するまでには多くの二酸化炭素を排出することになります。二酸化炭素は温室効果ガスであり、地球温暖化や気候変動を促進・悪化させる要因になります。
さらに焼却処分を行った残りは最終処分場へ送られ埋め立てられますが、既に埋め立て場所を確保するのが難しいほど多くのごみが出ており、埋め立てられることでその土地は汚染される可能性が高くなります。
つまりごみの排出を減らすことが、地球温暖化を含む様々な環境への負担を低減することにつながります。

行政ではそのための政策をいくつも行っていますが、私たちの生活の中からごみが発生する以上、私たちのできるごみの排出削減活動をしなければいけません。
その取り組みの1つが「3つのR」です。この3つのRは3R(スリーアール)とも言われ、リデュース、リユース、リサイクルの3つをまとめたものになります。

  • 日本では高度経済成長以降、大量生産・大量消費の慣習が根付き、多くのごみを排出してきた
  • ごみそのものが環境に大きな負担となる
  • 3Rはリデュース、リユース、リサイクルのこと
  • (出典:環境省「一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成29年度)について」,2019)

    リユースとリサイクルの違いとは?

    3Rであるリデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)ですが、それぞれ私たちのできることは違います。
    この中でもごみの排出削減で最も優先されるのはリデュースです。リデュースはそもそもごみとなるものを減らす発生抑制を目的としています。
    はじめからごみとなるものを購入したり、持参したりしないよう心がけることを謳っています。

    例えば買物に行くときにはエコバックやマイバックを持参し、レジ袋を断ることが取り組みとして挙げられます。
    またこの効果を狙って、日本では2020年7月1日からレジ袋有料化がスタートしました。これはレジ袋の使用抑制及びごみとしての排出、私たちの環境への意識を高めることを目的としています。

    このようにリデュースはごみをできるだけ生み出さないという取り組みを行いますが、それでもごみとなるものは出てきます。
    そこで次に行う取り組みがリユースとリサイクルになります。このリユースとリサイクルはどのような取り組みを行うのか、どう違うのか、見ていきましょう。

    リユースとは

    リユースは私たちが生活の中で必要とし、購入した物を大切にして、すぐには捨てず、繰り返し使う再使用を目的とした取り組みです。

    使い捨てが当たり前となってしまった現代において、意識を変え、いらなくなったらすぐに捨てるのではなく、もう一度使えないか、別のことに使えないか再考して、資源の無駄遣いを減らすようにします。
    例えば壊れたものであってもすぐに捨てるのではなく、修理や交換などを行って使うことが挙げられます。
    あるいはシャンプーやボディソープのボトルは、詰め替え製品を購入して、ボトルは洗って何度も使うことも1つの取り組みです。

    他にもリユースボトルやリターナブルびん(※)など繰り返し使える容器を利用するのもリユースとしての活動になります。
    必要なものを使い終わったからといって廃棄するのではなく、長く使い続け、多くの物を製造・消費し、ごみとして排出するサイクルを抑制する狙いがあります。

    ※リターナブルびん:酒屋のビールびんや宅配の牛乳びんなど、使い終わったら回収し、洗浄して再利用されるびんのこと

    リサイクルとは

    リサイクルは、ごみとして排出される物の中で、もう一度資源として生かし、同類の製品あるいは違う製品の素材として利用する再生利用することを意味します。
    例えば新聞や雑誌、段ボールなどはリサイクルすることでトイレットペーパーに再生利用することができます。
    またペットボトルは、ボールペンやTシャツに、プラマークが付いているプラスチック製容器包装は、工業用プラスチック製品として生まれ変わります。

    リユースからリサイクルへ

    リユースとリサイクルは根本的に取り組む内容が異なります。
    リユースは繰り返し使うことで物を大切にするのに対して、リサイクルはごみとなった物を再生利用することが目的です。
    またこの2つは取り組みの中で、私たちに置かれた比重が違います。リユースとリデュースは、私たちの心がけによって行われるものです。

    ごみの発生抑制を行うリデュースは、ごみとなる物をできるだけ買わない、持参しないことを心がけることです。これは私たちの行動で変わりますし、リユースの意味である再使用は生活の中で何度も使える物を認識し、捨てずに大切に使い続けることで維持されます。

    それに対してリサイクルは、どうしてもごみとなってしまうものを正しく分別し、再生利用できるものを施設に送り出します。
    リサイクルにおいて私たちができるのは、ごみとなった物をリサイクルできるように分別して出すことに留まります。
    分別したごみはリサイクル業者によって、いくつもの工程を経て、新しい資源として生まれ変わり利用されます。
    つまりリサイクルにおいて私たちができるのは、分別までです。もちろん正しく分別することも大切な取り組みではありますが、その先は業者に委ねるしかありません。

    またリサイクルへの意識が全員に根付いていればい良いですが、すべてにおいてリサイクルを行えているわけではありません。
    リサイクルは最終手段であり、その手前であるリデュースやリユースが重要となるため、ごみの削減においては私たちが行う取り組みに比重が置かれているということです。

    ごみの排出量を減らすためには、私たちの生活の中で意識しごみの排出を止めることが必須です。リデュースによりごみとなる物を減らし、生活の中で必要な物に関しても大切に繰り返し使い、すぐにごみとなることを防ぎます。
    それでもいずれは消耗し、廃棄しなければいけないときが来ます。そうなったとき、無作為にごみとするのではなく、分別してリサイクルに回すことで、さらにごみとなる物を減らせるということになります。

  • ごみの排出削減で最も優先されるのはリデュース
  • リユースとリデュースは私たちの心がけによって行われるもの
  • リサイクルにおいて私たちができるのは、ごみとなった物をリサイクルできるように分別して出すこと
  • 私たちの行動が未来を変えるきっかけになる

    3Rは、私たちができるごみの排出抑制への取り組みです。ごみは私たちの生活の中からも排出されており、その量は膨大です。
    それらのごみは私たちが日常から意識して、ごみとなる物を最初から出さない、使い終わったものでも繰り返し使用する、資源として再利用できるものを分別することで減らすことができます。
    その中でもリユースは今家にある物や周りにある物から実施していくことができます。今日からリデュースやリサイクルに取り組むのも良いでしょう。
    まずは周りを見回して、捨てようと思っているけどまだ使える物などは、捨てるのではなく再使用する方法を考えてみることをおすすめします。

    「リユースを社会に広める」
    活動を無料で支援できます!

    30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「リユースを社会に広める」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!

    設問数はたったの4問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?

    \たったの30秒で完了!/

    動画はこちら
    この記事を書いた人
    gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

    - gooddoマガジン編集部 の最近の投稿