リデュース

リデュースの意味は?リサイクル・リユースと合わせて考えよう!

ごみの排出削減のために3R(スリーアール)という取り組みが提唱されています。
これはごみを出さないための予防や対策が盛り込まれていますが、その中でも優先的に行うべきとされているのが予防にあたるリデュースです。
このリデュースとはどのような取り組みを行うのか、3Rとともに紹介します。

リデュースとは?リサイクルとの違いやメリットについて解説!

「リデュースを社会に広める」
活動を無料で支援できます!

30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「リデュースを社会に広める」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!

設問数はたったの4問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?

\たったの30秒で完了!/

ごみを生み出さない「リデュース」という考え方


私たちが生きる社会は物で溢れ返っています。
これは高度経済成長以降、生活を豊かにしようとする考えから、多種多様な企業によって生み出された様々な物を、私たちが生きていくために購入し使用するためです。
それ自体は悪いことではなく、人類による進歩と発展であることに他なりません。

しかし一方で、多くの負担を自然環境に課してきました。物の製造には天然資源が不可欠であり、これまでも大量にそれらを消費してきました。
また製造された物は使い捨てられ、大量のごみとして処理されてきました。物は製造の過程で、あるいはごみとして処理される中で、物によっては使用中にも多くの二酸化炭素を排出します。
二酸化炭素は地球温暖化の原因である温室効果ガスの1つであり、気候変動を悪化させる要因にもなっています。

地球温暖化が進み私たちも多大な被害を受けていますが、それは動植物にとっても同様です。
排出されたごみは、最終処分として埋め立てられ、埋立地となった場所の環境は汚染される可能性もあります。

このように過剰に生産された物は、大量に消費されてごみとなり、自然環境に大きな被害をもたらしています。大量に排出されるごみは大きな問題であり、これを解決するために、3Rという考えが生まれました。
3Rとはリデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の「3つのR」をまとめたものです。
これらはごみを極力出さないための方法を3つに分けたものですが、その中でもリデュースは根本にあるものであり、最も優先度が高いものになります。

リデュースとはどのような取り組みか

ごみの排出削減をする上での根本であり、私たちが行うべき最優先の取り組みと位置づけられるリデュースですが、その方法はいたってシンプルです。

リデュースとは発生抑制を意味し、ごみになる物を減らすことを目的としています。
ごみの排出量を減らす上で、そもそもごみとなる物を減らすことができるのであれば、これほど有効な手はありません。物を購入して消費しなければ、ごみになることはないわけです。
しかしまったく物を使わないという生活はできないため、どうしても必要な物は出てきます。リデュースでは、そういった必要な物は購入し、はじめからごみになるものは購入したり、もらわないことを心がけることを謳っています。

例を挙げるとレジ袋は代表的な物になります。買い物に行ったとき、軽くて丈夫で、無料でもらえることからレジ袋は重宝されてきました。
しかし便利で大量に生産されることから、ごみになることも多い袋です。家に持って帰ってからは、ごみ袋として利用することもできますが、結局はごみとして処理されます。
その製造や処理には二酸化炭素が排出されるため、環境への影響もあります。
このレジ袋も、最初からもらわなければごみにはなりません。
そこでエコバックやマイバックを持ち歩き、レジ袋を断れば、ごみの発生抑制となるリデュースの取り組みとなります。

2020年7月1日から始まったレジ袋有料化の政策は、ごみとなるレジ袋の使用抑制を促すとともに、私たちの環境意識の向上を期待したものでもあります。

食材においてもできるリデュースの取り組み

私たちは生きていく上で食事をしなければいけません。そのため料理をするための食材や惣菜、弁当などを購入しますが、ここでもリデュースによってごみを減らすことができます。

例えば過剰包装は断り、食材においてはばら売りや量り売りを利用することで、ごみとなる包装を減らすこと、そして使い切れない食材を生み出さない工夫ができます。
使われず賞味期限が切れた食材は、生ごみとして廃棄されてしまうため、ごみの排出量を増やしてしまいます。
また食べ残しが発生すれば、同様にごみの排出量を増やします。
これらも元々食べる分だけ購入することで、ごみの排出抑制を行うことができます。

製造工程におけるリデュースの工夫

リデュースとはごみの発生抑制です。これは私たちの意識付けで変えることができますが、一方で企業ごとの努力によっても行われています。
企業、特に製造業におけるリデュースの主な手法としては製品の製造などの段階で、なるべく原材料の使用量を減らす省資源化や、長持ちする製品を製造する長寿命化が挙げられます。

省資源化ではペットボトルやガラスびんの薄肉化や自動車本体の軽量化、詰め替え商品の使用などが代表例として挙げられます。
省資源化によって全体的なごみの排出抑制につながると同時に、製造工程で排出される屑などのごみの量も減らすことができます。

長寿命化については、製品の耐久性の向上により、故障しにくくなる技術が含まれますが、近年では電球などの長寿命化も進められています。
長寿命化はリデュースだけでなく、リユースにも直結してくるため、ごみを出さないという点においては大きな効果を持つ工夫でもあります。

  • リデュースとは発生抑制を意味し、ごみになる物を減らすことを目的としている
  • 3Rの中で優先的に行うべきとされているのがごみを出さないための予防にあたるリデュース
  • 物は製造・処理過程で二酸化炭素を排出する
  • リデュースから始まる3R

    リデュースは3Rの1つとして、ごみの排出抑制のために私たちが取り組むべき優先度の高い取り組みでした。
    しかしこのリデュースだけでは、ごみの排出抑制は完全には行えません。根本的にごみを出さないようにすることは大切ですが、それはあくまで不要なものを買わない、もらわないということです。
    必要な物は購入しなければいけませんし、それらがいずれごみになることは明確です。一部を除いて、物である以上いずれは寿命が来るため、使えなくなり廃棄が必要となります。
    そんな中でもできるだけごみを出さないように取り組むのがリユースとリサイクルです。

    リユースとリサイクル

    3Rの1つであるリユースは再使用を意味し、物を大切にして使い終わったものでも繰り返し使うこと目的としています。

    例えばシャンプーなどのボトルに詰め替え用商品を入れて再び使うことや、水筒やタンブラーのように洗浄して何度も使える容器の使用は、その1つです。
    製品の長寿命化により、長く使えるものが多くなってきたことから、大切に扱えば繰り返し使える物も増え、リユースによるごみの排出抑制もしやすくなりました。

    一方でリサイクルは再生利用を意味し、ごみとなってしまった物を正しく分別し、資源として再生できるものを生まれ変わらせ、もう一度利用していく取り組みになります。
    新聞や雑誌などの再生紙としての利用やプラスチックを繊維として利用する方法は、リサイクルの一例として挙げられます。

    3Rによるごみを極力出さない循環型社会

    ごみとなってしまうものを始めから購入しない、持ち込まないリデュースは、私たちが最初にできるごみの排出抑制への取り組みです。
    しかし先述したように、どうしても必要な物は購入しなければいけませんが、それらを使い終わったらすぐ捨てるのではなく、繰り返し使えるものはできるだけ大切に長期間使えるように取り組むリユースを意識することが大切です。
    周りを見ると、そのようなものはいくつもあります。

    使い捨てのものばかりに頼らず何度も使うことは、環境だけでなく、私たちの経済事情に関しても優しい取り組みです。
    それでも使い続ければ、いずれは破損することもあります。どうしてもごみとなってしまう場合でも、分別をしっかりとして再生利用できるものをもう一度資源として生まれ変わらせるリサイクルも重要な手段です。
    これによりごみとなるはずだったものが、資源としてもう一度利用でき、ごみの量も減らせることから、利点はいくつも生まれます。

    必要な物に生まれ変われば再び誰かの手に渡り、大切に使われることでごみになるまでの延命が図れるため、省資源化にもつながります。
    3Rによりごみを出さないための取り組みを行うことは、資源が繰り返し利用できる循環型社会を構築することにもつながります。

  • リユースは再使用、リサイクルは再生利用を意味する
  • 繰り返し使えるものはできるだけ大切に長期間使えるように取り組むリユースを意識することが大切
  • 資源が繰り返し利用できる循環型社会を構築することが重要
  • 3Rで環境に優しい社会作りを

    3Rは私たちの取り組みによるものが大きいです。これは私たちが普段の生活の中で意識して行う取り組みなので、慣れない間は大変かもしれません。
    しかし、この取り組みは私たちが生活する地球環境にとって大切なことであり、私たちの未来を作ることにもつながります。

    ごみの排出を含め、このままの人間活動を続ければ、いずれ地球の環境は大きく変わり、人間を含めた多くの生物が生きていけない星になるかもしれません。

    私たちは、一人ひとりができることから始め、自分たちが生きる環境を守っていく必要があります。
    3Rは身近にあり、すぐにでも取り組める環境を守るための活動です。生活を見直して、できることから1つずつ進めていきましょう。

    「リデュースを社会に広める」
    活動を無料で支援できます!

    30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「リデュースを社会に広める」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!

    設問数はたったの4問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?

    \たったの30秒で完了!/

    動画はこちら
    この記事を書いた人
    gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

    - gooddoマガジン編集部 の最近の投稿