災害(寄付)

災害により義援金を募集している被災地を探す方法は?

近年、数多くの災害によって各自治体やNPO法人などで義援金を募っています。
特に日本においては「台風」「集中豪雨」「地震」など数多くの災害が時期を問わず発生する国です。

少しでも多くの人からの義援金を必要としている中で、実際に義援金を募集している被災地を探す方法を知らないことで行動に移せない方も多いのではないでしょうか。

今回は、実際に災害によって義援金を募集している被災地を探す方法について解説します。

災害地や被災者に寄付しよう!ふるさと納税や遺贈寄付の方法、義援金の受付窓口・団体の探し方などを解説

年間約50万人が参加、
累計2億円の支援金額を達成!

「ちょっといい明日づくり」に挑戦する私たちgooddoと一緒に、まずは無料で社会支援をしてみませんか?

この無料支援は、「社会的課題を解決するため」に活動している「団体(NPOやNGO)の1つ」に10円の支援金として贈られます。

義援金とは

義援金とは被災された方一人ひとりに分配されるお金です。

義援金の多くは非営利組織や自治体、内閣府などが窓口となり、通常はいったん被災自治体に送られ、「配分委員会」のもとに被災者に対し「公平・平等」に配分されます。

義援金の特徴について以下にまとめます。

  • 義援金は被災地での救命・復旧活動には使われません。義援金は被災者に分配されるもので、ボランティア団体や行政がおこなう復興事業や緊急支援には使われないとされています。
  • 義援金は被災者に公平に分配されます。被災した県が設置した義援金配分委員会によって、寄付金の100%が公平・平等に被災者に配布されます。
  • 義援金は被災地に届くまでに時間がかかるという特徴もあります。理由としては被災者数などの正確な情報を把握した後に均等に配分されるため配布作業も混乱する被災自治体が担当するためです。

その反面、支援金は被災地で支援を行うNPO・NGOなどに対して直接寄付を行い、使い道については各団体に任されます。
例えば医療、炊き出し、物資支援、子どものケアなどの費用に充てられ、団体の活動資金を直接支援できます。

  • 義援金とは被災された方一人ひとりに分配されるお金
  • 非営利組織や自治体、内閣府などが窓口となり被災自治体に送られ、被災者に対し「公平・平等」に配分される
  • 被災地で支援活動を行う団体に送る寄付金は「支援金」として活用される

(出典:農林水産省「今、私たちにできること 義援金・支援金・ボランティアで復興を支援」)

義援金を受け付けている自治体を探す方法


実際に義援金を受け付けている自治体を探す方法はいくつもあります。

一つ目は被災地である地方自治体において義援金を受け付けている場合です。
実際に被災した市町村・県などのウェブサイトから義援金支援を行うことができます。

その他にも、自身が現在在住している自治体でも義援金を募っていることも珍しくありません。
一度、確認した上で支援を行いましょう。

二つ目は非営利組織や共同募金行う団体、銀行・信用金庫を経由した義援金支援です。
公式サイトに義援金の受付口座が記載されているため、自身が支援したい災害に合わせて、選択することができます。

その他、全国信用金庫協会でも義援金を募集しており、チェックしておきましょう。

  • 被災地である地方自治体において義援金を受け付けているためウェブサイトを確認すると良い
  • その他、非営利組織や共同募金行う団体、銀行・信用金庫を経由した義援金支援を行う方法もある
  • ウェブで義援金を受け付けている災害について調べられる

状況によっては支援金の寄付も検討を


様々な状況を踏まえた上で支援金による寄付が良い場合もあります。
支援金とは被災地で活動するNPO法人やNGO法人に送る寄付金のことです。

支援金の特徴は以下の通りです。

  • 支援金は被災地での救命・復旧活動に使われます。各機関やNPO、ボランティア団体の判断によって人命救助やインフラ整備などの復旧活動に速やかに役立てられます。
  • 支援金は支援団体が使い道を決定します。各団体ごとに支援金の使途や収益の報告を行って透明性を確保しています。
  • 支援金や被災地からのニーズに応じて、各機関や団体が各自の判断と責任において柔軟に使用できることから、すぐに活用されます。

義援金の場合は被災した県が設置した義援金配分委員会によって、寄付金の100%が公平・平等に被災者に配布されます。
しかし被災者数などの正確な情報を把握した後に均等に分配されることから時間が大きく掛かるのがデメリットです。

それぞれの特徴を踏まえた上で、支援金か義援金かを選ぶことが求められます。

  • 支援金とは被災地で活動するNPO法人やNGO法人に送る寄付金
  • 支援金は被災地での救命・復旧活動に使われる
  • 支援金は支援団体が使い道を決定することができる

(出典:農林水産省「今、私たちにできること 義援金・支援金・ボランティアで復興を支援」)

被災者の大きな助けとなる義援金


今回は、災害により義援金を募集している被災地を探す方法について解説しました。義援金は被災者の方に特化した支援として大きな助けになるものです。

義援金と支援金の違いをしっかりと押さえた上で自身に合った支援方法を選ぶことも大切と言えるでしょう。

(出典: 日本財団「支援金と義援金の違い」)

年間約50万人が参加、
累計2億円の支援金額を達成!

「ちょっといい明日づくり」に挑戦する私たちgooddoと一緒に、まずは無料で社会支援をしてみませんか?

この無料支援は、「社会的課題を解決するため」に活動している「団体(NPOやNGO)の1つ」に10円の支援金として贈られます。

動画はこちら
この記事を書いた人
gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

- gooddoマガジン編集部 の最近の投稿