寄付

ワールド・ビジョン・ジャパンは寄付金控除を適用できる!よくある疑問を解説

  • 2021年10月29日
  • 2021年11月1日
  • 寄付

寄付をすると、税金の控除を受けられる寄付金控除という制度を受けられることがあります。そして認定NPO法人であるワールド・ビジョン・ジャパンへの寄付は、寄付金控除の対象です。

しかし、ワールド・ビジョン・ジャパンへ寄付をした人すべてが寄付金控除を受けられるのではなく、確定申告を行うなどの適用条件があります。

ここでは、ワールド・ビジョン・ジャパンの寄付金控除について以下の内容をご紹介します。

  1. 寄付金控除の対象と適用条件
  2. ワールド・ビジョン・ジャパンの概要と寄付する方法
  3. ワールド・ビジョン・ジャパンの寄付金控除でよくある疑問

ワールド・ビジョン・ジャパンへ寄付をすると、困難な状況に陥っている海外の子どもを支援できるだけでなく、寄付をした人も寄付金控除が受けられます。

ワールド・ビジョン・ジャパンを通じての支援が気になっている方は、この機会に寄付を検討してみてはいかがでしょうか?

ワールド・ビジョン・ジャパンへの寄付は、寄付金控除の対象です

ここでは、ワールド・ビジョン・ジャパンと寄付金控除に関する以下の内容をご紹介します。

  • ・寄付金控除の制度
  • ・寄付金控除の適用条件

早速ひとつずつ見ていきましょう。

寄付金控除とはどのような制度か

寄付金控除とは、特定の団体へ寄付をした場合に控除を受けられる制度です。

「特定の団体」には、国や地方公共団体、公益社団・財団法人、認定NPO法人などが該当します。

ワールド・ビジョン・ジャパンは寄付金控除の対象団体となっているため、ワールド・ビジョン・ジャパンへ寄付をすることで寄付金控除を受けることが可能です。

しかし、ワールド・ビジョン・ジャパンへ寄付をしたすべての人が寄付金控除の対象となるわけではありません。寄付金控除を受けるには、ある条件を満たす必要があります。

続いて、寄付金控除の適用条件について確認してみましょう。

寄付金控除の適用条件とは

寄付金控除を受けるには、以下の適用条件を満たす必要があります。

  • ・寄付金控除の対象団体に寄付をすること
  • ・確定申告を行うこと
  • ・年間2,001円以上の寄付であること など

ワールド・ビジョン・ジャパンに寄付をした場合でも、年間2,001円以上の寄付をしており、かつ確定申告を行えば寄付金控除を受けることが可能です。

また寄付金控除を受けるには、寄付先から送られてくる寄付金の受領証(領収書)や電磁的記録印刷書面を、確定申告の際に添付する必要があります。

そのため、寄付金の受領証(領収書)や電磁的記録印刷書面を受け取ったら大切に保管しておくと良いでしょう。

さらに寄付金控除について詳しく知りたい方は、こちらをご一読ください。

寄付金控除の仕組みとは?確定申告の方法も紹介

そもそもワールド・ビジョン・ジャパンとは?寄付・支援の方法を紹介

ここで、ワールド・ビジョン・ジャパンに関する以下の内容を改めてお伝えします。

  • ・ワールド・ビジョン・ジャパンの団体紹介
  • ・ワールド・ビジョン・ジャパンへ寄付する方法

まずはワールド・ビジョン・ジャパンがどのような活動をしている団体なのか、確認してみましょう。

ワールド・ビジョン・ジャパンとはどのような活動をしている団体?

ワールド・ビジョン・ジャパンは、寄付や募金を通して困難な状況にある世界の子どもを支援する団体です。

活動内容として、以下の三本柱を掲げています。

【活動の三本柱】

  • ・開発援助
  • ・緊急援助
  • ・アドボカシー

ワールド・ビジョン・ジャパンでは、こうした活動を世界の33カ国で実施しています。

それぞれどのような活動なのか、具体的に見ていきましょう。

開発援助

活動の三本柱の一つ目は、「開発援助」です。

開発援助は、地域開発プログラムを核とした活動です。具体的には水衛生、保健・栄養、教育、子どもの保護、生計向上の分野で支援に取り組んでいます。

開発援助活動は、チャイルド・スポンサーシップというプログラムが大きな支えとなっています。

チャイルド・スポンサーシップとは、1日あたり150円の継続支援で困難な状況にある世界の子どもを支援できるプログラムのことです。

ワールド・ビジョンは、子どもたちの「健やかな成長」を願って開発援助活動を展開しています。

緊急援助

活動の三本柱の二つ目は、「緊急援助」です。

緊急援助では、自然災害や紛争により危機的な状況にある子どもたちを守るために支援活動事業を行っています。

自然災害や紛争での被災者は、半数以上が子どもたちです。

ワールド・ビジョンでは、危機においてもっとも弱い立場に置かれる子どもたちを守るため、緊急支援、復興支援、防災・減災の活動に取り組んでいます。

アドボカシー

活動の三本柱の三つ目は、「アドボカシー」です。

アドボカシーは、「権利」「支援」「代弁」という意味を持ちます。

ワールド・ビジョンのアドボカシーは、世界が子どもにとって安全で平和な場所になることを目指して、政府・国際機関や市民、支援地域で働きかけています。

世界には様々な問題がありますが、ワールド・ビジョン・ジャパンではその中でも

  • ・持続可能な開発目標(SDGs)
  • ・子どもの権利
  • ・子どもに対する暴力
  • ・教育
  • ・紛争・難民
  • ・保健・栄養
  • ・人身取引

の分野に力を入れてアドボカシーを行っています。

ワールド・ビジョン・ジャパンに寄付する方法は?

ワールド・ビジョン・ジャパンに寄付する方法には、定額寄付(チャイルド・スポンサーシップ、プロジェクト・サポーター)単発寄付(危機にある子どもたちのための募金)遺贈・相続の寄付があります。

なかでもチャイルド・スポンサーシップは、ワールド・ビジョン・ジャパンにおいて資金の集め方の半分以上を占める定額寄付です。

チャイルド・スポンサーになることで、困難な状況にある世界の子どもを支援できるだけでなく、手紙やプレゼントを通じた交流もできます。

チャイルド・スポンサーシップは、1日あたり150円の継続支援から始めることが可能です。

チャイルド・スポンサーシップが気になる方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

ワールド・ビジョン・ジャパンの寄付金控除に関するよくある3つの疑問

ここからは、ワールド・ビジョン・ジャパンの寄付金控除でよくある3つの疑問について解説します。

  1. 単発寄付でも寄付金控除を受けられる?
  2. 定額寄付は途中で辞めたり金額調整したりできる?
  3. チャイルド・スポンサーシップへ参加するために必要なモノは?

1.単発寄付でも寄付金控除を受けられる?

単発寄付の場合でも寄付金控除は受けられます。ただし、寄付金控除を受けるには下記の内容を満たしていることが条件です。

  • ・寄付金控除の対象団体に寄付をすること
  • ・確定申告を行うこと
  • ・年間2,001円以上の寄付であること など

また確定申告には、寄付先から送られてくる寄付金の受領証(領収書)や電磁的記録印刷書面の添付が必要になることもあります。

ワールド・ビジョン・ジャパンからは毎年1月に1年分の領収書が送られてきますので、領収書が届いたら大切に保管しておきましょう。

寄付金控除について詳しく知りたい方は、こちらをご一読ください。

>>寄付金控除の仕組みとは?確定申告の方法も紹介

2.定額寄付は途中で辞めたり金額調整したりできる?

定額寄付は、途中で辞めたり金額調整したりもできます。定額寄付であっても支援期間は自由なので、いつでも解約が可能です。

ワールド・ビジョン・ジャパンでは、支援の成果を実感するためにも、できれば1年間は継続していただけることを願っています。

また、定額寄付は金額変更も可能です。Webサイト「マイ ワールド・ビジョン」から登録情報を変更できます。

ただし、チャイルド・スポンサーシップの場合は、支援チャイルド一人あたり4,500円×人数での寄付であるため細かな金額の指定はできません。

3.チャイルド・スポンサーシップへ参加するために必要なモノは?

チャイルド・スポンサーシップへ参加するには、申込みサイトに氏名・生年月日・住所などの個人情報を入力する必要があります。

また、支援金を送金するためにクレジットカードの登録も必要です。

チャイルド・スポンサーシップへの参加を検討されている方は、この機会に申込まれてみてはいかがでしょうか?

寄付金控除を適用してワールド・ビジョン・ジャパンへ寄付してみませんか?

ここでは、ワールド・ビジョン・ジャパンと寄付金控除について解説しました。ここで、紹介した内容をまとめます。

  • ・寄付金控除とは特定の団体へ寄付をした場合に受けられる所得控除の制度である
  • ・寄付金控除を受けるには確定申告を行う必要がある
  • ・ワールド・ビジョン・ジャパンは寄付金控除を適用できる

ワールド・ビジョン・ジャパンへ寄付すると、寄付金によって海外の子どもを支援できるだけでなく、寄付をした人も寄付金控除が受けられます

また、チャイルド・スポンサーになることで、困難な状況にある世界の子どもを支援することに合わせて、手紙やプレゼントを通じた支援先の子どもとの交流も可能です。

寄付金控除を適用して、ワールド・ビジョン・ジャパンへ寄付してみませんか?

海外の子どもを支援しているNPO団体をもっと知りたい方は、以下をご一読ください。

>>海外の子どもたちを支援するには?課題別のおすすめNPO団体や寄付の方法を解説

この記事を書いた人
gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

- gooddoマガジン編集部 の最近の投稿