gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

地球温暖化による地球への影響は?このまま進むと世界はどうなるのか

この記事を要約すると

地球温暖化は今の世界に様々な影響を与えています。その影響はどれも深刻であり、日本も例外ではありません。 実際に豪雨や大型台風の被害を受け、多くの人が被災し、命も奪われています。

このような状況を続けていれば、未来にはさらに酷い影響があることは想像に難くないでしょう。

この記事では地球温暖化の影響や、将来的に予測されていることなどを紹介します。

地球温暖化のメカニズムや原因、現状は?私たちへの影響やすぐにできる対策も解説

地球温暖化による地球への影響

現在、世界規模で様々な影響を与えているのが地球温暖化であり、その影響も含め深刻な問題となっています。

地球温暖化は気温の上昇だけでなく、海面の上昇から熱波、大雨やそれによる洪水、干ばつなどの気候変動を引き起こし、私たちだけでなく地球に住む動植物などの生態系にも被害を及ぼしています。

農作物が被害にあい、作物の収穫が減るだけでなく、生物多様性が減少したり、絶滅してしまう動物も出てきます。

地球温暖化の影響範囲は広いですが、その中でも特に私たちにも関わる水問題から自然への影響、生活への影響は大きいと言わざるを得ません。 それぞれの観点からどのように影響を与えているのかを見ていきます。

水問題

水問題は様々な面で影響を及ぼします。 先述したように気温の上昇により海面が上昇しています。これは北極などにある海氷が融解していることが要因とされています。

海面の上昇は非常に危険です。日本への影響を考えると、1メートルの海面の上昇により、砂浜の9割以上が失われると予測されています。

例え40センチメートルでも沖に出ている120メートル分の干潟は消滅し、そこを住処にして産卵や子育てをしている、あるいは餌場にしている生物にも影響が出ます。 そうなると災害が起きやすくなります。高波による影響は特に大きくなり、沿岸部に被害をもたらします。

また近年の台風の大型化や豪雨が頻発するのもこの影響の1つであるとされています。 暴風や大雨による被害も甚大ですが、それに伴い起きる洪水や土砂崩れなどの二次災害も深刻になっています。

さらにこのまま温暖化が進めば、気候の変化により地域によっては降水量が減り、河川流量も減ることで水資源を得られない可能性が出てきます。

世界規模で見れば、中近東やアフリカ南部、アメリカ中西部で見られる現象です。逆の現象がロシアやカナダなどの高緯度地域で起こることもあります。

温暖化で気温が上がれば、降雪量が減ることや融雪の時期が早まることもあり、春や夏の水資源量の減少が予想されます。 そうなれば生活水を確保できなくなる危険性も出てくるなど、数々の水問題が発生します。

(出典:全国地球温暖化防止活動推進センター「1-6 海面上昇の影響について」,2010)

(出典:環境省「温暖化から日本を守る 適応への挑戦」)

(出典:世界自然保護基金(WWFジャパン)「地球温暖化が進むとどうなる?その影響は?」,2019)

自然への影響

地球温暖化による自然への影響も深刻です。先ほども触れましたが、生態系へは大きな影響を与えており、動植物共にその変化や絶滅といった個体の消滅も起こってしまっています。 そもそも生態系は以前までの環境があってこそ成り立っていたものです。

それが地球温暖化を原因とする気候変動によって変わってしまえば、これまで通り生きていくことは難しくなります。 これによりホッキョクグマやウミガメ、サンゴなど、様々な生物が絶滅に瀕しようとしています。 また温暖化による気温の上昇は地域によって乾燥を起こしています。

これが長期化することで大規模な森林火災などを増加させてしまい、生態系の破壊だけでなく、地球温暖化の要因となる二酸化炭素を吸収する森林を減少させてしまっているのです。

先ほども触れたような海面の上昇やこのような森林の現象により、自然そのもの、そして生物多様性が減少しています。

(出典:国立研究開発法人 国立環 境研究所「自然生態系への影響」)

生活への影響

気温の上昇や熱波、洪水、干ばつ、そして上述の森林火災などは生活へも影響してきます。 そもそも私たちの生活には農業による食物も不可欠です。農作物は正常な気候で育ちますが、これら異常気象とされる気候変動によって不作となってしまい、食物が不足してしまうのです。

近年の日本でも気温の上昇や大型台風の通過による被害で、農作物の不足などが起こっています。 これが世界規模になると食物が全くといって良いほど足りなくなり、飢餓に陥る人が増加します。

また必要な栄養を得られないことによる栄養不良や、免疫力の低下による病気の広がりも起こります。 これは食物だけでなく、洪水などで住む場所を追われた人々も同様です。

地域によっては不衛生な環境となり、病気が蔓延してしまうことも少なくありません。このような生活に関するリスクも大きくなるのが、地球温暖化です。

(出典:国立研究開発法人 国立環境研究所「人間社会への影響」)

  • 地球温暖化は気温の上昇だけでなく動植物などの生態系にも被害を及ぼし、絶滅してしまう動物もでてくる
  • 海面上昇は台風の大型化や豪雨にもつながっており、それに対し地域によっては降水量の減少や乾燥が原因で干ばつや森林火災も増えている
  • 異常気象による被害は農作物の減少になり、世界規模では飢餓に陥る人の増加や栄養不良、免疫力の低下による病気の広がりが起こる

地球温暖化がこのまま進むと大変なことに

地球温暖化は現状でも多くの国や地域で影響を与えており、日本もその中に含まれています。現在でも多くの被害がありますが、この状況が続いていけばさらに大変なことになります。

世界では地球温暖化についての研究や議論がなされていますが、その中の今後の予測を見ただけでも、被害は現在と比べ物にならない可能性があるとされています。

ではこのまま進んでいけば、どのような影響が発生していくか見ていきましょう。

各地域の予想される影響

まず地球全体への影響として懸念されているのは、2090~2099年までの気温上昇の予測が2.8℃となっており、海氷を有する北極海などの高緯度地域ではそれを上回るとも予想されています。

これにより海氷がさらに融解し、海面上昇はより大きく進む可能性があります。2080年代までに海面は40cm程度、今世紀末には82cmも上昇すると予想されていますが、それにより毎年高潮による浸水を受ける人口は、世界で7500万人~2億人にも増加するとされています。

またこれによる影響は人だけではなく、ライチョウなどの動物の生息敵地の面積の減少なども引き起こします。 2100年までに気温が3~4℃の上昇する場合、気候帯が毎年4~5kmのスピードで北上すると考えられており、これによる生態系の適応が追いつかなくなる可能性もあります。

そうなるとサンゴ礁生態の絶滅やブナ林の成立に適した地域の減少もありえるとされています。 わずかな温度上昇であっても世界中で河川の流出量が変化すると予想されており、渇水などの影響を受け、あるいは洪水の危険性が高まる地域もあると考えられています。

さらに食糧生産量が大幅に減少するリスクもあります。もしこのまま地球温暖化が進めば、2050年には食糧不足により小麦の価格は3倍、米の価格は2.2倍にも膨れ上がり、栄養不足の乳幼児が2500万人以上に増えると予測されているのです。

北極海の氷が2,100年になると消滅してしまうことも

先にも触れましたが、平均気温は2100年までに大きく上昇し、北極はその中でも顕著であると予想されています。 そうなると北極海の海氷は2100年までに消滅してしまう可能性もあるというのが専門家の見立てです。

1978年以降の北極の年平均化意表面積は10年あたりで2.7%も減少し、夏季には7.4%も減少しています。 このペースだと2050年代には夏季の海氷面積は現在の半分以下となり、2100年までには全て失われてしまう可能性があるといわれています。

この影響は海面上昇だけに留まらず、そこで生活しているホッキョクグマの生活を脅かします。 現状でも絶滅危惧種に指定されている生物であり、もしそのような事になれば、絶滅は免れなくなってしまうことでしょう。

(出典:世界自然保護基金(WWFジャパン)「地球温暖化が進むとどうなる?その影響は?」)

(出典:環境省「このままでは地球が危ない」,2012)

(出典:全国地球温暖化防止活動推進センター「地球温暖化の影響予測(世界)」,2010)

  • 2100年までに気温が3~4℃の上昇する場合、生態系の適応が追いつかなくなる可能性 がある
  • わずかな温度上昇であっても世界中で河川の流出量が変化すると予想されており、食糧 生産量が大幅に減少するリスクがある
  • 地球温暖化が進めば、北極海の海氷は2100年までには全て失われてしまう可能性が  ある

地球温暖化に関する取り組み

地球温暖化に関しては世界中で問題視されており、各国を交えての議論や各々の国での対策が行われています。 日本でも行われており、法整備や国際協議への参加を中心とした取り組みを進めています。

例えばCOP(温暖化防止会議/Conference of Parties)へ参加し、世界での取り組み状況や意見交換、ルール策定に参加しています。 また国内の温暖化対策の法整備として「地球温暖化対策推進法」を制定し、地球温暖化対策計画の策定や温室効果ガスの抑制、普及啓発などの推進や、環境基本法による環境保全の取り組みなどを行っています。

他にもリサイクルによる資源の再利用や、温室効果ガスの主となっている二酸化炭素を再利用した製品の開発を行うカーボンリサイクルの研究開発の推進を経済産業省主体で行っています。

国にばかり任せきりでは地球温暖化は食い止められません。温室効果ガスの排出は私たちの生活が直結しています。 自動車や電化製品の使用により化石燃料を大量に消費することになり、これによって二酸化炭素を多く排出することになります。

私たちが生活の中で使う製品の製造やリサイクル・廃棄にもエネルギーが消費されるため、温室効果ガスを増やすことになってしまうのです。

そのため自動車の使用を控え、公共交通機関を利用することや電化製品の使用を控え、エコに取り組むことが求められます。 また製造やリサイクル・廃棄にも配慮したエコマークなどがついた製品を購入することも温室効果ガス削減につながります。

他にも冷房の設定温度を上げるため、カーテンやグリーンカーテン、屋上の緑化といった対策を行うのも良いでしょう。

   (出典:全国地球温暖化防止活動推進センター「日本政府の取り組み」

(出典:環境省「地球温暖化対策推進法と地球温暖化対策計画」,2016)

(出典:環境省「環境基本法の概要」)

(出典:経済産業省「未来ではCO2が役に立つ?!「カーボンリサイクル」でCO2を資源に」)

   (出典:国立環境研究所 地球環境研究センター 「リサイクルって温暖化対策になるの?」)

(出典: 気象庁「地球温暖化を緩やかにするために私たちにできること」)

(出典:岐阜県「主な環境ラベル」)

(出典:京都府「みんなで取り組む地球温暖化対策」

  • 日本の温暖化対策としてCOPへの参加や、地球温暖化対策推進法を制定
  • 環境基本法では環境保全の取り組みなどを行っている
  • 二酸化炭素を再利用した製品の開発を行うカーボンリサイクルの研究開発が推進されて いる

地球温暖化は地球に深刻な影響を、私たちにできることをしよう

 

地球温暖化は現在進行形で起こっている深刻な問題です。私たちの生活だけでなく、自然環境やそこに生息する生物にも多大な影響を与えています。

その主たる原因は私たち人間の生活です。何百年もかけてこのような状況になってしまったため、一概に現代の人たちが悪いとは言えませんが、かといって改善できる手を打たなければ、私たちも同じ過ちを繰り返すだけになってしまいます。

今を生きる私たち、そして未来に生きる子どもたちの生活を守るためにも、すぐにこの問題に対しての取り組みを始めていかなければいけません。

そのためには私たち一人ひとりの意識と行動が不可欠です。抜本的で先進的、あるいは革新的解決策は私たちには用意できません。

それは政府や国際機関、関連機関に任せるしかありませんが、私たちは私たちにできる地道な活動をしていくことで地球温暖化を抑制することができます。 私たちにできることを知り、今日からその取り組みをスタートしていくことをおすすめします。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。