gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

地球温暖化の原因や今後考えられる影響について解説

この記事を要約すると

持続可能な開発目標として制定された「SDGs」は、発展途上国のみならず先進国自身が取り組むユニバーサルなものであり、世界各国が積極的に取り組んでいます。

制定された17のターゲットの中に、「気候変動」の問題が挙がっていることからも「地球温暖化」は世界で考えなければならない問題となっているのです。

今回は地球温暖化の原因から今後考えられる影響について解説します。

地球温暖化のメカニズムや原因、現状は?私たちへの影響やすぐにできる対策も解説

地球温暖化の原因とは


地球の平均気温は14℃前後ですがもし大気中に水蒸気、二酸化炭素、メタンなどの温室効果ガスがなければマイナス19℃くらいになってしまいます。

太陽から地上に降り注ぐ光は地球の大気を素通りして地面を暖めその地表から放射される熱を温室効果ガスが吸収し大気を暖めているからです。

近年産業活動がさらに活発になり二酸化炭素・メタン、さらにはフロン系などの温室効果ガスが大量に排出されます。その後、大気中の濃度が高まり熱の吸収が増えた結果気温が上昇します。

そのほかにも、森林が減少したことや化石燃料の使用などにより大気中の温室効果ガスの濃度は急激に増加しました。

この現象が地球温暖化と言われています。

  • 地球の気温は水蒸気、二酸化炭素、メタンなどの温室効果ガスなどにより14度前後に保たれている
  • 近年では産業活動が活発になり二酸化炭素・メタン、さらにはフロン系などの温室効果ガスが増加
  • 大気中の濃度が高まり熱の吸収が増えた結果気温が上昇することが地球温暖化につながる

(出典:全国地球温暖化防止活動推進センター 「地球温暖化の原因と予測」)
(出典:気象庁 地球温暖化の原因)

温室効果ガスとは


地球の表面は主に窒素や酸素などの大気におおわれています。大気の中には二酸化炭素などの温室効果ガスがわずかに含まれており、この気体は赤外線を吸収し再び放出する性質があります。

先述したように、温室効果によって地球の平均気温はおよそ14℃に保たれています。温室効果をもたらす気体は主に水蒸気・二酸化炭素・メタン・フロン類で、なかでも二酸化炭素は大気中の約0.04%とわずかですが、最も温暖化への影響が大きいガスです。

温室効果ガスの種類は主に以下のようになります。

ガスの種類 特徴
二酸化炭素(CO2) 代表的な温室効果ガス。化石燃料の燃焼の際に発生する。
メタン(CH4) 天然ガスの主成分で、常温で気体。よく燃える。稲作、家畜の腸内発酵、廃棄物の埋め立ての際に発生する。
一酸化二窒素(N20) 数ある窒素硫化物のなかで最も安定した物質。他の窒素酸化物(例えば二酸化窒素)などのような害はない。燃料の燃焼、工業プロセスの際に発生する。
CFC、HCFC類 塩素などを含むオゾン層破壊物質で、同時に強力な温室効果ガス。モントリオール議定書で生産や消費を規制。スプレー、エアコンや冷蔵庫などの冷媒、半導体洗浄などに用いられる。
HFC(ハイドロフルオロカーボン類) 塩素がなく、オゾン層を破壊しないフロン。強力な温室効果ガス。スプレー、エアコンや冷蔵庫などの冷媒、化学物質の製造プロセスなどに用いられる。
PFC(パーフルオロカーボン類) 炭素とフッ素だけからなるフロン。強力な温室効果ガス。半導体の製造プロセスの際に発生する。
SF6(六フッ化硫黄) 硫黄とフッ素だけからなるフロンの仲間。強力な温室効果ガス。電気の絶縁体などに用いられる。
  • 空気中に含まれる温室効果ガスは赤外線を吸収し再び放出する性質を持つ
  • 二酸化炭素は大気中の約0.04%とわずかながらも、温暖化への影響が最も大きいガス
  • 温室効果ガスは二酸化炭素、メタンなどいくつものガスのことをまとめた総称

(出典;南房総市 「温室効果ガスってどんなもの?」)

地球温暖化による影響は?


地球温暖化が進行するとどんな影響が出るのか地球規模でいくつか解説します。

海面の上昇

地球温暖化によって海面が膨張し、過去100年で世界の平均回水面は19センチ上昇しました。南太平洋の島国では浸水が進み、海岸線が内陸へ入り込んでいます。国によっては、国土全体が海に沈んでしまう危険も増大しているのです。

生態系の変化

生育に適した気温や降水量のある地域に育つ植物は、気温や降水量が変化すると生育地域を変えざるを得なくなります。中には、気候の変化に適応できず、絶滅する植物も出てくるかもしれません。それに伴い植物に依存して生きる動物も生息域を変えなくてはならなくなり、変化に対応できない種が減少・絶滅する可能性があります。

農業への打撃

気温や雨の降り方が変わると、農作物の種類やその生産方法を変える必要がでてきます。特に経済力の無い小さな規模の農家はこれらの変化に対応するのが難しいため、生産性が下がる可能性があります。乾燥地域においては、土壌水分が減少することで、干ばつに見舞われる農地が増加する可能性が高いとされています。

  • 地球温暖化が進むことで地球規模で様々な影響が現れる
  • 海水面の上昇、生態系の変化、農業への打撃など
  • 私たちの暮らしにも大きな影響が出る

(出典:WWFジャパン 「地球温暖化が進むとどうなる?その影響は?」)

地球温暖化により予想されている未来


IPCC第5次評価報告書によれば、2081年から2100年の世界の平均地上気温は、1986年から2005年の平均よりも最小で0.3℃、最大で4.8℃上昇すると予測しているのです。現在のように温室効果ガスを排出し続けた場合の「RCP8.5」シナリオでは2.6〜4.8℃の気温上昇が予測されています。

その一方で、21世紀末に温室効果ガスの排出をほぼゼロにした場合の「RCP2.6」シナリオでは、0.3〜1.7℃と予測されているのです。

それ以外にも将来的にはさらなる海面水位の上昇、湿潤地域と乾燥地域で降水量の差の拡大、海氷の減少、海面水温の上昇などが大きな変化と言えるでしょう。

  • IPCC第5次評価報告書では2100年の世界の平均地上気温まで予測されている
  • パターンごとにシナリオが分かれており、それぞれの予測気温も異なる
  • 現状のままいけば2100年には気温上昇が2.6〜4.8℃、温室効果ガスの排出をほぼゼロにした場合は0.3〜1.7℃

(出典:環境省 STOP THE 温暖化 2017)

地球温暖化を防ぐために、まずは現状を知ろう


この記事では、地球温暖化の原因と今後考えられる影響について解説しました。
地球温暖化は、進行していくことで想像を超える大きな変化を招きます。

まずは現状を知ることからスタートし、自身ができることから始めましょう。

この記事に関連するタグ

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジン編集部

gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。