女性

貧困や独身女性のための支援団体はあるの?女性をサポートするための活動内容を紹介

独身女性の貧困が深刻となっています。女性の未婚率は時代とともにどのように変化しているのでしょうか。
年代によって割合は大きく異なりますが、全体的に未婚率は上昇傾向にあります。
「独身」には結婚したものの様々な事情により離婚した場合も含まれるため、シングルマザーとして子育てをしている人もいます
貧困に至った経緯は家庭によって異なりますが、貧困により制限されることが多く辛い思いをしているという点は共通しているのではないでしょうか。
ここでは女性をサポートする支援団体やサポートの活動内容について紹介します。

独身女性の貧困が深刻化し非正規雇用の生活で老後への不安も拡大。
対策や支援団体はあるのか?

年間約50万人が参加、
累計2億円の支援金額を達成!

「ちょっといい明日づくり」に挑戦する私たちgooddoと一緒に、まずは無料で社会支援をしてみませんか?

この無料支援は、「子どもの貧困の本質的解決を目指し」活動している「特定非営利活動法人 Learning for All 」に10円の支援金として贈られます。

貧困に悩む独身女性は増加傾向

近年、貧困状態にある女性が増え続けています。
「国立社会保障・人口問題研究所」が2007年の国民生活基礎調査をもとに算出したデータによると、単身女性の32%、65歳以上の単身高齢女性と母子家庭の50%以上が「貧困状態」であることがわかりました。
女性が仕事を積極的にするようになり晩婚化が目立ってきましたが、未婚のままの女性が増加したことや、離婚した女性が育児と家事、仕事の両立ができずに低賃金の仕事しかできないために貧困になっているということがその理由とされています。

離婚により貧困になってしまうケース

また、近年増加している熟年離婚は年金支給額に関する問題を起こしています。
夫の給与が主な収入源となっている場合、多くは夫と夫が勤めている会社が妻の分の年金や社会保険料を支払っています。
そのままであれば、妻は保険証を利用することもできますし、将来的にはそれによって計算された年金を受け取ることができるようになります。
しかし離婚した場合はそれらの年金や社会保険料を自分で支払うことになります。
これらは生活が苦しい家庭にとってはかなりの高額で、より生活が苦しくなることになります。
さらにそうした年金を支払う額が少ないと将来自分が受け取る年金も少なくなってしまいます。
年齢を重ねているほど、高収入の仕事を見つけ就職することは難しくなる傾向にあります。
また、元々仕事をしていた女性も、長いブランクがある場合は即戦力として雇用することをためらう企業も多く、再就職も難しいというのが現状です。
これがさらなる貧困を生み出す原因となっているのです。
婚姻歴がない女性はそれらの年金や社会保険料を自分で払い続けていたことになります。
経済的に自立ができており、ゆとりをもって貯蓄できている場合は問題ないのですが、貯蓄額が少ないまま年齢を重ねていった場合は老後の蓄えに不安が出てきます。
このように貧困状態は様々な問題が発生する可能性を秘めているのです。

  • 単身女性の貧困が深刻な状態にある
  • 単身女性の32%、65歳以上の単身高齢女性と母子家庭の50%以上が貧困状態
  • 単身女性が貧困に陥る理由は離婚や仕事など様々な要因がある

(出典:国立社会保障・人口問題研究所「2007年社会保障・人口問題基本調査」)

貧困に苦しむ女性の強い味方!日本で行われている支援活動や内容は?

日本では女性を支援する制度として様々な手当や税の控除などの他にも支援活動やサポートが行われてます。
こういった支援活動やサポートうまく利用することで貧困の状況を打破していきましょう。

女性のためのキャリア支援、就職支援

職業安定所やハローワーク、市区役所などでは様々なキャリア支援が行われています
例えば「家事や子育てと両立可能な就業・再就職支援」です。
これは家事や育児のために希望する通りの仕事に就けない女性を応援する支援で、就業時間が短い、託児所がある、フレックス制を導入しているなど家事や育児と仕事を両立しやすい条件の仕事を探してくれる制度です。
同様のものに「マザーズハローワーク」というものがあります。
こちらも母子家庭やシングルマザーなどに対して配慮がなされている職場を紹介してくれるものでマッチングしやすくなっています。
また、どうすればスムーズに仕事を見つけることができるかといったセミナーなども定期的に行われています。
こういった支援は公的機関だけでなく民間でも行われています。
何か専門資格を持っている場合はそれを活かした再就職を支援するようなサイトもありますし、不足している保母、保育士や看護師のような専門職の復職支援を行っているサイトや団体がいくつもあります。

シングルマザー支援

シングルマザーの場合は家事、育児、仕事の両立がどうしても難しくなりますが、シングルマザーに対しての支援も色々と行われています。
自治体にもよりますが、「地域少子化対策重点推進交付金」「ひとり親家庭等日常生活支援」といった形で何かしらの手当や控除が発生することもありますし、訪問型保育制度、ベビーシッター紹介制度、といったものを利用して子どもを預けることも可能です。
また、こういった支援を積極的に行っているのは人手が足りていない職種が目立ちます。
バス、トラックなどのドライバー業界は人手不足、高齢化が問題視されるようになってから長くなります。
ネット通販などの普及によってますます仕事が増加しているにも関わらず、若い人があまり就かないことから常に人手が足りていないのです。
こういった企業や業界ではシングルマザーを支援するような活動が盛んで、託児所の設置や勤務時間の個別化などがどんどん行われています。
支援が行われている業界から仕事を探すのも有効的であると言えます。
(出典:厚生労働省「マザーズ・ハローワーク」

心身の健康支援

母子家庭、シングルマザーの女性は仕事と子育ての両立で心身共に疲れていることがあります。
そうした女性のためにも「ひとり親家庭への相談窓口」「育児相談窓口」のような様々な機関が設置されています。
こうした窓口では母子家庭やシングルマザーならではの悩みなどを無料で相談することができ、その内容によって解決策を指示してくれることもあります。
場合によっては担当部署に連絡をしてくれる場合もあるため何か悩みがある場合はこれらの窓口を利用するのも良いでしょう。
多忙な場合は電話相談などを積極的に利用しましょう。

  • 行政や地域では家事や子育てと両立可能な就業・再就職支援を実施
  • 地域少子化対策重点推進交付金、ひとり親家庭等日常生活支援などがある
  • マザーズハローワークやシングルマザーを支援するような活動もされている

(出典:厚生労働省子ども家庭局家庭福祉課「ひとり親家庭等の支援について」)

貧困に苦しむ女性には理解者や協力者が必要


貧困に苦しんでいる女性がその状況を一人で打破していくのは非常に難しいことです。無理をしているうちに心身が疲弊してしまうことも少なくありません。
簡単に解決しないのはそれぞれが抱えている事情が違っているからということもあります。
状況を改善していくには理解者や協力者を一人でも多く見つけることが大切です。
周囲に相談ができる人がいない場合は公的機関や民間組織を利用してサポートを受けるのも良いかもしれません。

年間約50万人が参加、
累計2億円の支援金額を達成!

「ちょっといい明日づくり」に挑戦する私たちgooddoと一緒に、まずは無料で社会支援をしてみませんか?

この無料支援は、「子どもの貧困の本質的解決を目指し」活動している「特定非営利活動法人 Learning for All 」に10円の支援金として贈られます。

動画はこちら
この記事を書いた人
gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

- gooddoマガジン編集部 の最近の投稿