gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

グラミン日本の支援方法、融資を受ける方法は?グラミン銀行の仕組みとは

グラミン日本の支援方法、融資を受ける方法は?グラミン銀行の仕組みとは

2018年9月に事業を開始した「グラミン日本」。
今回はグラミン日本の支援方法や融資を受ける方法、またグラミン銀行の仕組みなどについて紹介します。

グラミン日本とは


グラミン日本は、1983年にバングラデシュで設立されたグラミン銀行の日本版だと位置づけられています。
国民の6人に1人の割合で貧困ラインより下の生活をしているという日本で、シングルマザーや生活困窮者を中心に自立を支援するために設立されたのが、グラミン日本です。

設立日に会見を行ったグラミン日本理事長である菅正広は、「働いて生活をステップアップしたい人、前向きに生きていきたい人で互助グループ(5人一組)を作れる人が融資対象」と話しています。

融資の限度額は初回は20万円となり、返済している期間はグラミン日本のスタッフと毎週会合(センターミーティング)に参加することになります。

(出典:グラミン日本公式サイト)

グラミン日本が目指す社会

日本は世界の中でも先進国として知られており、事実そういった扱いを受けているのですが、実際には国民の約6人に1人、数にして約2,000万人が貧困ラインよりも下の生活をしていると言われています。

一度貧困状態に入ってしまうと、なかなか抜け出せないというサイクルに陥ってしまうことに加え、病気・怪我・失業などによって、急激に貧困に陥ることもあります。
グラミン日本は、そのような貧困状態にある人に、低金利や無担保で融資を行うことで、起業や就労を促し貧困状態から抜け出して自立への支援を理念としています

これまでにあった団体と違っているのは、貧困状態にある人々に一時的に生活資金を支援するのではなく、「起業や就労」のために融資をするということです。

そしてその設立には「ユヌス・ソーシャルビジネス7原則」を根本の理念としています。
これは

  • 利益の最大化ではなく、社会問題の解決こそが目的であること。
  • 財務的に持続可能であること。
  • 投資家は投資額を回収するが、それ以上の配当は分配されないこと。
  • 投資額以上の利益は、ソーシャルビジネスの拡大や改善のために使うこと。
  • 環境へ配慮すること。
  • スタッフは標準以上の労働条件・給料を得ること。
  • 楽しみながら仕事をすること。

の7つです。

グラミン銀行とは


グラミン日本のようなグラミン銀行の流れを組むプロジェクトは、世界中に広がっています。
その元となったグラミン銀行について紹介します。

グラミン銀行が創設された背景

1974年にバングラデシュで飢饉が起こったとき、「ムハマド・ユヌス氏」が、農村などの貧困者にも銀行サービスを広げていくことで、融資システムを構築していくための可能性についてのプロジェクトを立ち上げたのが、そもそもの起源です。

バングラデシュ中央銀行の支援もあり、徐々に広がりを見せていったこのプロジェクトは1983年に出されたバングラデシュの政令によって独立銀行として認定され正式にグラミン銀行が発足しました。

グラミン銀行の仕組み・システム

グラミン銀行のシステムは当初はドナー機関から資本の提供を受けることで活動を行っていましたが、1990年代半ばごろからはバングラデシュ中央銀行から資本の提供を受けています。

近年では資金の調達のために債券が発行されています。
グラミン銀行の特徴として、借り手の約97%が女性であり、その高い返済率が注目されています。

また、そのシステムはマイクロファイナンスと呼ばれているものです。
マイクロファイナンスとは、

  • 生活困窮者に対するものである
  • 小規模な融資額である
  • 無担保融資である

というもので、グラミン銀行はその代表的なものとされています。

マイクロファイナンスと一般的な消費者金融の違いは、マイクロファイナンスが「起業や就労のため」の準備資金であるということです。
融資された金額を生活費に充てて一時的にしのぐという性格のものではありません。

また、グラミン銀行はその理念として「4つの原則」と「16の決意」を公表しています。
4つの原則とは「規律」「団結」「勇気」「勤勉」であり、16の決意の内容は以下の通りです。

16の決意
  • 私たちはグラミン銀行の4つの原則に従い、私たちの人生のあらゆる歩みの中でこれを推進する:規律、団結、勇気、そして勤勉。
  • 繁栄は家族のために。
  • 私たちはあばら家には住まない。まず第一に家を修繕し、新しい家を作るために働く。
  • 私たちは一年を通して野菜をつくる。私たちはそれらを豊富に食べ、余った分を売る。
  • 私たちは耕作期にはなるべく多くの種をまく。
  • 私たちは家族を増やしすぎないように計画する。支出をおさえ、健康に気を遣う。
  • 私たちは子供たちを教育し、子供たちの教育費を払えるよう保証する。
  • 私たちはつねに子どもと周囲の環境を清潔に保つ。
  • 私たちは穴を掘ったトイレ (pit-latrine) をつくり、使う。
  • 私たちは筒井戸から水を飲む。もし井戸がない場合は、水を沸かすかミョウバンを使う。
  • 私たちは息子の結婚式で持参金をもらわず、娘の結婚式にも持参金を持っていかない。私たちのグループは持参金の呪いから距離をおく。私たちは幼年での婚姻をさせない。
  • 私たちは不正なことをせず、また他人に不正なこともさせない。
  • 私たちはより多くの収入を得るため、共同で大きな投資をする。
  • 私たちはつねにお互いに助け合えるよう用意する。もし誰かに困難があれば、私たちは全員で彼または彼女を助ける。
  • もしどこかのグループが破綻しそうだとわかったときは、私たちはそこへいって回復を手助けする。
  • 私たちはすべての社会活動に共同で加わる。

これらは、世界中に広がるグラミン銀行団体の根本の理念とされています。

グラミン銀行の実績

グラミン銀行は過去に「ノーベル平和賞」を受賞した実績を持っています。
これは企業としては唯一のもので、「底辺からの経済的および社会的発展の創造に対する努力」が認められたためです。

2006年10月13日にグラミン銀行及び創設者のムハマド・ユヌスが受賞したもので、その受賞はバングラデシュで熱狂的に迎え入れられました。

関連記事

グラミン日本のビジネスモデルは?日本初のグラミン型マイクロファイナンス機関

グラミン日本でも融資を行っている


グラミン日本でもグラミン銀行と同様に、貧困状態にある人々に低金利・無担保で少額の融資を行っています
この融資によって起業や就労の準備資金とし、貧困状態から脱却して自立することへの支援を目的としています。

その資本は「グラミンアメリカ」を参考として7億円を目途としており、「寄付・基金・賛助会員会費・クラウドファンディング」などによって資金を調達しています。

このグラミンアメリカでは、すでに約10年の間に約12万人を支援対象にして12.4億ドルの融資が行われており、それに関連して12万件を超える雇用が創出されるなど、大きな成果をあげています。

グラミンのこのシステムは、先進国、開発途上国を問わず世界中で取り入れられています。

(出典:グラミン日本公式サイト)

支援対象者(メンバー)の条件

グラミン日本の融資である「グラミン・ローン」を受けることができる対象者には規定があります。
それが以下の項目です。

  • 日本の貧困ライン以下の生活困窮者であること。
  • 働く意欲があり、生活をステップアップしたい人であること。
  • 互助グループ(5人一組)を作ること。
  • 毎週1回のセンターミーティングに参加できること。
  • 事前に開催される金融トレーニングに参加できること。

融資される資金は、消費されていく生活資金に使用することはできません
起業や就労によって所得を創出することができるものに対してのみ融資されます。

関連記事

グラミン銀行の仕組みや目的とは?グラミン日本もメンバーに融資

貧困のない社会を目指すグラミン日本


先進国と言われている日本であっても、近年貧富の差が拡大傾向にあると言われています。
それは病気や怪我、失業だけでなく、配偶者との離別や死別など、急激に生活環境が変わることによって、誰にでも起こりうることです。

そして、一度貧困状態に陥るとなかなかそこから抜け出せない構造であるのが現状です。

グラミン日本では、こういった状況のために貧困状態から抜け出すのを支援しているのです。
シングルマザーやワーキングプアの人たちに、一時的な生活資金ではなく、「起業や就労」のために準備資金を支援することで自立を促し、貧困状態から抜け出すことを目的に活動しています。
こうした活動によって、貧困のない社会を作ることを目指しているのがグラミン日本なのです。

関連記事

グラミン日本で支援対象者(メンバー)となる条件、融資を受けるまでの流れ

グラミン日本を支援する方法


グラミン日本では、事業運営に関して広く寄付等による支援をお願いしています。
グラミン日本の理念や活動に共感している人々からの支援を運営資金としているのです。

支援には以下のように様々な方法があります。

寄付で支援

寄付の仕方にもいろいろとありますが、わかりやすいのはその都度金額を指定して寄付をするというものです。

寄付の仕方にはインターネットからクレジットカードを使用しての寄付や銀行振り込みによる寄付があります。
特別ややこしい手続きなどは必要なく、簡単な作業で寄付を行うことができます。

寄付の使い道

支援する人々から集められた寄付は「グラミン・ローン」と呼ばれるグラミン型マイクロファイナンス事業の活動費に使用されます。

グラミン日本でも、グラミン銀行やグラミンアメリカと同じシステムで、借り手が5人1組となって互助グループを作り、励まし合いながらローンを返済し、自立した経済活動を行うことを目指していきます。

消費者金融などのように、貸した後はどうお金が使われているのかは不明ということではなく、融資された後には毎週1回センターミーティングが行われ、グラミン日本のスタッフが助言しながらフォローをしていきます。

そのため、非常に高い返済率があるのもグラミン型マイクロファイナンスの特徴です。

基金による支援

基金による支援という方法もあります。
基金はグラミン日本でいう資本金に当たります。

グラミン日本では、ユヌス・ソーシャルビジネス7原則に基づいて運営がなされているために、株式のような配当金などはありません。

事業利益は配当はされずに、グラミン日本の事業改善や事業拡大に使用されます。
現在は東京から活動が行われているグラミン日本ですが、大阪や名古屋、福岡といった大都市や東北や熊本のような復興地域にも活動の輪を広げていく計画です。

基金に参加を申し込む場合は、公式HPの「問い合わせ」から申し込みを行うと「基金募集要項」「基金申込書」が送付されてきます

賛助会員(団体・個人)として支援

一時的な寄付ではなく、賛助会員になるということも可能です。

団体賛助会員は、単に資金を寄付するというだけでなく、グラミン日本と共に理念を追求していく「パートナー」という立場になります。

グラミン日本とパートナーとなった団体賛助会員で貧困のない社会をつくることを目指していくのです。

ここでは、パートナー同士のビジネスマッチングなどが行われる「パートナーコミッティ」で、より緊密な関係を作ることができます。

個人賛助会員に対しては、

  • 年次報告書等を通じて活動状況などを報告
  • 「会員懇談会」(グラミン日本をサポートする会員が広く集う場で、懇談の機会だけでなく、実績報告、ゲストスピーチなどを設け、会員間の新たなつながりを創出する場)
  • 「オンラインコミュニティ」(インターネット上の会員限定コミュニティで、活動状況の報告やイベントなどについて会員の皆様とオンライン上の交流を図る場)

などを通じてグラミン日本との関係性の強化と交流の機会がもたれています。

SDGsコンソーシアムを設立

SDGsとは「持続可能な開発目標」のことを指し2015年の国連で採択され、内容は17の目標で成り立っています。

1番目の目標であり、最優先されているのが「あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる」というもので、それぞれの国の貧困状態にあるすべての年齢、性別の人が対象となります。

発展途上国だけに限らず、アメリカや日本のような先進国もSDGsの対象です。
グラミン日本も、こうした人々を支援するために活動を始めたわけですが、そのSDGsを実現するためにこれまでに2回の「SDGsコンソーシアム」が実施されています。

関連記事

グラミン日本を支援・寄付する方法は?

グラミン日本について理解を深めよう


グラミン日本は2018年9月にシングルマザーや生活困窮者を中心に自立を支援するための事業を開始しました。
シングルマザーやワーキングプアの人たちに、一時的な生活資金ではなく、「起業や就労」のために準備資金を支援することで自立を促し、貧困状態から抜け出させることを目的に活動しています。

グラミン日本の活動は、日本社会の貧困という問題を解決するだけでなく、埋もれた能力を発掘できる可能性も秘めています。
こうした活動は、社会全体において有益であることは確かであり、多くの人の支援により支えられます。

まずはグラミン日本の活動やグラミン銀行のシステムなどについて理解を深めることも支援の一歩となります。

グラミン日本に関する記事