ハザードマップ

ハザードマップにアプリはある?市区町村の防災マップアプリとは?

ハザードマップにアプリがあると、いつでも手軽に確認することができ、外出先で自然災害にあった場合の情報収集にも役立つので便利です。
この記事では、ハザードマップのアプリに関する情報を紹介します。

ハザードマップとは?ハザードマップを活用して災害に備えよう!

「大規模災害の被災者を救助・救命する」
活動を無料で支援できます!

30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「大規模災害の被災者を救助・救命する」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!

設問数はたったの3問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?

\たったの30秒で完了!/

ハザードマップとは


ハザードマップとは、大雨、台風、地震などの災害が発生した場合、浸水や土砂災害などが発生する危険区域や避難場所、避難経路などを地図上にまとめたものです。

どの地域にどんな危険箇所があるのか、付近の避難場所や避難経路を確認しておくことで、万が一災害が発生した場合に迅速に避難することができます。

  • ハザードマップとは、危険区域や避難場所、避難経路などを地図上にまとめたもの
  • ハザードマップにアプリはある?


    ハザードマップには、パソコンのサイトをアプリ風に使用することができるものや、自治体が提供しているスマートフォン向けのアプリなどがあります。

    国土交通省では、全国のハザードマップを確認することができる「ハザードマップポータルサイト」を公開しています。
    ハザードマップポータルサイトは、パソコンでも確認することができますが、スマートフォンでも利用できるwebアプリケーションです。

    ハザードマップポータルサイトをアプリ風に使う方法

    ハザードマップポータルサイトをスマートフォンで開き、以下の設定をしておくとアプリ風に使うことができます。

    Androidを使用している場合の設定方法

    1. Androidのスマートフォンで普段使用しているブラウザを利用してハザードマップポータルサイトを開く
    2. アドレスバーの点が縦3つ並んでいる部分(縦3点リーダー)をタップ
    3. 「ブックマークを保存」を選択
    4. 追加先にホーム画面を選択

    ホーム画面にハザードマップポータルサイトのアイコンができます。
    ブックマークしたハザードマップポータルサイトのアイコンをタップすると、アプリ風に利用することができます。

    iPhoneを使用している場合の設定方法

    1. safariを利用してハザードマップポータルサイトを開く
    2. 画面中央にある四角に上向き矢印のマークをタップ
    3. ホーム画面に追加をタップ
    4. 画面右上の追加をタップ
    5. ホーム画面にハザードマップポータルサイトのアイコンができる

    ブックマークしたハザードマップポータルサイトのアイコンをタップすると、アプリ風に利用することができるようになります。

  • 国土交通省では、「ハザードマップポータルサイト」を公開している
  • ブックマークしたハザードマップポータルサイトのアイコンをタップすると、アプリ風に利用できる
  • (出典:国土交通省「ハザードマップポータルサイト~身のまわりの災害リスクを調べる~」)

    市区町村のハザードマップ・防災マップアプリ


    お住まいの地域の自治体が防災アプリを提供している場合は、スマートフォンにインストールしておくと、防災に関する情報を簡単に入手することができます。
    実際に提供されている防災アプリをいくつか紹介します。

    東京都防災アプリ

    東京都では「東京都防災アプリ」を提供しています。
    東京都防災アプリは、「東京防災」「東京くらし防災」「災害時モード」の3つのモードで構成されていて、これらのモードを使い分けることで、いざというときに役立つだけではなく楽しみながら防災に関する知識も学ぶことができるアプリです。

    (出典:東京都防災ホームページ「東京都防災アプリ」)

    中央区防災マップアプリ

    東京都中央区では「中央区防災マップアプリ」を提供しています。
    中央区防災アプリの主な機能には以下の通りです。

  • 災害時の必要な情報をプッシュ通知でお知らせ
  • 避難所や帰宅困難者の一時滞在施設の開設状況と施設までの経路の案内
  • インターネットの通信ができない場合でも避難所や帰宅困難者の一時滞在施設までの経路案内の補助
  • SNSを活用した災害時の安否連絡や確認
  • 関東地域の鉄道運行状態をリアルタイムで表示
  • 公共交通機関各社やライフライン事業者のホームページのリンク集
  • 防災について学べる防災クイズ
  • 災害により帰宅困難になってしまった場合や、鉄道の運航状態を確認することができるため、関東エリアまたは中央区付近に会社や自宅がある人におすすめのアプリです。

    (出典:中央区ホームページ「中央区防災マップアプリ」)

    江東区防災マップアプリ

    東京都江東区では「江東区防災マップアプリ」を提供しており、以下のような機能があります。

  • 自宅付近の避難所をアプリに登録
  • 避難所の検索、経路案内
  • 避難所や一時施設の開設状況の確認
  • 災害発生時にプッシュ通知でお知らせ
  • 江東区防災アプリは、江東区内の情報を得ることができる防災アプリです。

    (出典:江東区ホームページ「江東区防災マップアプリ」)

    板橋区防災マップアプリ

    板橋区では、防災マップと防災関係情報を閲覧することができる「板橋区防災マップアプリ」を提供しています。
    板橋区防災マップアプリの機能は、以下の通りです。

  • 区内の地図を搭載し、インターネット非接続状態でも現在地を表示
  • 避難所、避難場所、給水施設(深井戸)、警察署、消防署、救急病院や区施設等を地図上に目印を表示
  • 現在地から防災関係施設と進行方向を案内
  • 電子データ化した区の防災ガイドブックなどの閲覧
  • 板橋区防災マップアプリでは避難所、避難場所の施設の案内だけではなく、警察署、消防署、救急病院などの区の施設が表示される機能が搭載されているため、災害時に必要な施設を見つけることができます。
    また、現在地から避難所までの進行方向と経路が案内されるのでいざというときに便利です。

    (出典:板橋区ホームページ「防災マップアプリ(スマートフォン用)」)

    市川市防災アプリ

    千葉県市川市では「市川市防災アプリ」を提供しています。
    市川市防災アプリには以下のような機能があります。

  • GPS機能を利用して現在地から防災関連施設までの経路の確認
  • 「地震・津波被害想定」、「江⼾川・真間川・内⽔・⾼潮浸⽔想定」の確認
  • 「地震発⽣後の⾏動」「AED(⾃動体外式除細動器)の使⽤⼿順」など防災マニュアル
  • 市川市防災アプリでは災害発生時の防災関連施設までの経路の確認や案内だけではなく、「市川市」市内の川の浸水想定区域の確認、地震発生後の行動やAEDの使用手順マニュアルなどを見ることができます。
    アプリをダウンロードしておくと、緊急時以外でも覚えておきたい内容を事前に学習することができるでしょう。

    (出典:市川市ホームページ市川市ホームページ

    ふくい防災シグナル

    「ふくい防災シグナル」は丹南ケーブルテレビが提供しているアプリです。
    ふくい防災シグナルで利用できる機能は、以下の通りです。

  • 避難情報(避難準備、避難勧告、避難指示)
  • 避難所・避難場所情報
  • 災害対策本部設置状況
  • 被害状況
  • 自治体からのお知らせ情報
  • ふくい防災シグナルでは、河川カメラ・雨量観測情報 、道路カメラ情報も得ることができます。川の近くや、危険な場所に近付かずに様子を確認することができるので安心です。

    JC-Smart(icvアプリ)

    「JC-Smart(icvアプリ)」は三井住友海上火災保険が提供しています。
    JC-Smart(icvアプリ)には、以下のような機能があります。

  • 避難情報(避難準備、避難勧告、避難指示)
  • 避難所・避難場所情報
  • 自治体の発表する河川洪水予報
  • 自治体からのお知らせ情報
  • JC-Smart(icvアプリ)では、医療機関の休日診療情報や警察からの情報を見ることができます。ダウンロードしておくと日常のいざというときにも便利です。

    IBCつながるアプリ

    「IBCつながるアプリ」は、アイビーシー岩手放送が提供しています。
    IBCつながるアプリには以下の機能があります。

  • 避難情報(避難準備、避難 勧告、避難指示)
  • 避難所・避難場所情報
  • 被害状況
  • IBCつながるアプリでは、緊急ニュースや岩手県内の鉄道情報を知ることができます。岩手県で鉄道を利用する人は事前にダウンロードしておくと良いでしょう。

  • 自治体ごとに防災アプリを提供している
  • 事前にダウンロードしておくと、いざというときや、緊急時以外でも活用できる
  • (出典:一般財団法人 マルチメディア振興センター「Lアラートを活用した防災アプリ一覧(全国版)」)

    ハザードマップにある「避難場所」と「避難所」は何が違う?


    災害時に避難する場所は大きく分けて2つあります。
    「避難場所」に指定されている場所と「避難所」と呼ばれている場所です。それぞれの違いについて説明します。

    避難場所とは?

    避難場所とは、地震、台風などの災害時に自分の住んでいる場所や会社付近が危険な状態になったときに、状況がおさまるまで一時的に待つ場所のことです。
    具体的には、公園、幼稚園・保育園や学校の校庭などが指定されています。

    避難場所は状況が収まるまで待つ場所のため、基本的には水や食料などの蓄えはありません。状況が収まり、安全に移動が可能になれば自宅に戻れることを前提に避難する場所となります。

    避難所とは?

    水害や土砂崩れや地震などで家屋が浸水した人や、家屋の倒壊や焼失によって自宅に戻ることができない人、被災する恐れのある人が一定期間避難生活をする場所のことを避難所と言います。

    自宅に戻れない人や、自宅に戻ると危険がある人が避難生活をすることを目的としているため、水、食料、トイレなどが備えられています。
    避難所に指定される場所は小中学校、公民館などの公共施設です。

  • 避難場所とは、災害時に状況がおさまるまで一時的に待つ場所のこと
  • 避難所とは、災害により自宅に戻ることができない人や、被災する恐れのある人が一定期間避難生活をする場所のこと
  • (出典:東京消防庁ホームページ「広報とうきょう消防第3号」)

    ハザードマップや防災マップアプリを暮らしに役立てよう


    ハザードマップや防災マップアプリは、実際に災害にあってからではなく事前に活用することで、万が一災害が起こったときに冷静に行動することができるでしょう。
    また、防災マップアプリは、災害時に帰宅困難になったときの宿泊施設や病院などの施設の位置案内など、緊急時に役立つ機能が搭載されています。

    ハザードマップや防災アプリは災害時に必要な情報を入手するだけではなく、暮らしに役立つ情報がたくさん盛り込まれているため、暮らしの一部として役立てていきましょう。

    「大規模災害の被災者を救助・救命する」
    活動を無料で支援できます!

    30秒で終わる簡単なアンケートに答えると、「大規模災害の被災者を救助・救命する」活動している方々・団体に、本サイト運営会社のgooddo(株)から支援金として10円をお届けしています!

    設問数はたったの3問で、個人情報の入力は不要。あなたに負担はかかりません。年間50万人が参加している無料支援に、あなたも参加しませんか?

    \たったの30秒で完了!/

    動画はこちら
    この記事を書いた人
    gooddoマガジンはソーシャルグッドプラットフォームgooddo(グッドゥ)が運営する社会課題やSDGsに特化した情報メディアです。日本や世界の貧困問題、開発途上国の飢餓問題、寄付や募金の支援できる団体の紹介など分かりやすく発信しています。

    - gooddoマガジン編集部 の最近の投稿