gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

「僕は、お母さんの腕を切り落とした」
元子ども兵が体験した、紛争での残酷な真実とは?

<PR>

「この女の腕を切り落とせ、さもなければお前もこの女も殺す」
お母さんが大好きだった、16歳のチャールズくんの運命とは?

アフリカの東部に位置するウガンダでは、1980年代後半から内戦が勃発していました。
「神の抵抗軍」という武装勢力は、10歳そこそこの子どもたちを誘拐して、暴力やドラッグによって洗脳。
銃を手にとって、戦場へと送り出していました。

「僕には家族がいて普通に暮らしていました。
ある日、お母さんが隣村まで用事で出かけた日のことです。

僕はお母さんの帰りが待ちきれず、隣村に迎えに行く途中で銃を持った兵士たちに囲まれ、反政府軍の部隊に連れて行かれました。

誘拐された数日後、チャールズ君(仮名)は兵士たちと故郷の村を訪れ、生まれ育った村を襲撃する作戦に参加させられたのです。
大人の兵士たちは、チャールズ君を村まで連れてくると、彼のお母さんを前にしてこう命令しました。

「この女を殺せ!」
そういって、銃の先で彼女をこづきました。

「怖くて怖くて仕方がありませんでした。
もちろん、『そんなことできない』と言いました。
そうすると、今度は剣を持たされ、『それなら、片腕を切り落とせ。そうしなければお前も、この女も殺す』 と言われました。」

「僕は、お母さんが大好きでした。
恐ろしくて手が震え、頭の中が真っ白になりました。」

お母さんも僕も、とにかく命だけは助けてほしい・・・。

チャールズ君は、手渡された剣を、お母さんの腕に何度もふりおろしました。

被害者であり、加害者でもある…
何年経っても苦しみが続く子ども兵

その後チャールズ君は、16歳のときに戦闘の途中で怪我をし、置き去りにされていたところを、幸いにして救出され保護されました。
そして、保護された後にお母さんにも再会することができました。

チャールズ君のお母さんは、片腕を切断され気を失ったものの、一命を取り止めていました。

「片腕を失ったお母さんは以前よりもずっとやせ細っていて、元気がありませんでした。」

それでも彼女はチャールズ君に、優しく問いかけてくれたと言います。

「軍隊の中で、つらいことはなかった?」
「大変だったね」「苦しかったね」

「でも・・・」チャールズ君は続けます。

「お母さんは、もう僕を子どもの頃のように愛してくれることはない。分かってるんだ。 だって僕は、お母さんを傷つけてしまったのだから・・・」

武装勢力から解放され、大好きだったお母さんに再会できた後も、チャールズ君の苦しみは続いています。

子ども兵に生まれた村や家族を襲わせる、残酷な理由とは?

なぜ、反政府軍(神の抵抗軍)はチャールズ君に故郷を襲わせ、母親に怪我を負わせたのでしょうか?
誘拐された子どもたちは、当然のことですが、はじめは兵士となることに抵抗します。

「大好きな家族のもとに帰りたい!」

と、住んでいた村へと脱走を試みる子どももいます。
でも、もし生まれ育った村がなくなったり、家族がいなくなってしまえば?

帰る場所がない、自分の帰りを待ってくれる人がいない、大好きな家族とはもう会えない・・・

子どもたちは、やむなく兵士として戦うという道を選ぶしか、なくなってしまいます。
まるで悪魔のように残酷なシステムが機能しているのです。

子どもは従順で洗脳されやすく、小柄で機敏です。
強制的に徴兵が可能で、すぐに”補充”ができるため、まるで消耗品のように扱われてしまっているのです。

また、アフリカだけでなく、世界中に約25万人以上の子ども兵が存在しているといわれます。もし、自分の子どもが無理やり兵士にさせられたら…

そんな世界を、あなたは想像できますか?

子ども兵の社会復帰を支援している、
「認定NPO法人テラ・ルネッサンス」とは?

戦争で苦しんだりケガをしたり、理不尽な暴力をふるわれる「子ども兵を助けたい」と願い、アフリカで子ども兵士の社会復帰支援センターを運営している日本のNPO団体、認定NPO法人テラ・ルネッサンス。

2001年に「すべての命が安心して生活できる社会(=世界平和)の実現」を目指して、 当時大学4年生だった鬼丸昌也さんが設立した団体です。

はじまりは同じく2001年、大学4年生の鬼丸さんがカンボジアを訪れたときです。
地雷原を訪れる機会があり足を運んでみると、そこで聞こえてきたのは黙々と作業する地雷除去要員の息遣いと金属探知機の「ピー」という反応音のみ。
そこには私たちの暮らしに溢れている生活音が一切ありませんでした。

そして現地で地雷の被害に苦しむ人々に出会い、人間から何もかもを奪い去る地雷に対して「自分に何ができるのか?」と考え、支援をはじめたことが今の団体の活動につながっています。

カンボジアで支援活動をしていくなかで、紛争に巻き込まれてしまう「子ども兵」という存在を知った鬼丸さん。
当時、その被害がもっとも深刻だったのがアフリカ(ウガンダ)であったことから、 子ども兵の問題を解決するために、支援活動の拠点を広げていきました。

30秒で終わる「テラ・ルネッサンス」の活動に関するアンケートに
答えて、無料でできる支援に参加しよう!

チャールズ君のように、ただそこで生まれたために誘拐され、子ども兵士となり生まれ育った村を襲撃させられてしまう子どもたちがいる…。

日本では考えられないことですが、それが現在も世界のどこかで起こっている現実なのです。

そんな子どもたちのために、「子ども兵士」の問題解決に取り組んでいる、認定NPO法人テラ・ルネッサンス。
現在はアフリカのウガンダ、コンゴ、ブルンジの3ヶ国で、子ども兵として戦わされた人々をはじめ、紛争被害にあった人々や最貧困層の人々に対して支援を実施しています。

今なら、30秒で終わる3問のアンケートに答えていただくだけで、10円の支援金がテラ・ルネッサンスに届けられます。

支援にかかる費用は、サポーター企業が負担するため、あなたに費用はかかりません!

ここまで関心を持って読んでいただき、ありがとうございます。
「紛争で傷ついた子どもたちを助けたい!」

少しでも気持ちが動いたら、アンケートに答えて支援に参加してみませんか?

情報提供:認定NPO法人テラ・ルネッサンス