年間4,000頭以上が殺処分されている現実。あなたの支援で助かる命があります。

<PR>

みなさんは『犬の殺処分問題』を知っていますか?
 
環境省の調査によると日本では2022年度、年間2,434頭もの犬が殺処分を受けていることがわかりました。
 
私たちがこうして何気なく生活している間にも、毎日約7頭の犬が殺処分により命を落としていることになります。

 

安楽死とはほど遠い…『ドリームボックス』による殺処分の現実

身勝手に捨てられた犬の大多数は、全国の動物愛護センターなどに連れて行かれ、『ドリームボックス』と呼ばれる部屋で命を奪われています。とても楽しそうな雰囲気の名前ですが、実際は犬や猫を殺処分するためのガス室(殺処分機)のことです。
 

ボタンひとつで動く壁に押され、狭い通路を通って『ドリームボックス』に追いやられ、、室内が徐々に炭酸ガスで満たされ呼吸ができなくなり、最終的に窒息死で命を落とします
 
この『ドリームボックス』には、最期に苦しんだ犬や猫たちの爪あとが残っていると言います。テレビなどのメディアで報道される「安楽死」とはほど遠く、苦しみながら殺されているのが現実です。
 

日本の殺処分ゼロへのチャレンジ!
認定NPO法人によるピースワンコ・ジャパンの活動

このような犬や猫の殺処分を日本全国でゼロにするために活動している「ピースワンコ・ジャパン」というプロジェクトがあります。
 
ピースワンコ・ジャパンとは、広島県から認証を受けた「認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン」が、2012年から始めた「日本の殺処分問題」の解決などに取り組むプロジェクトの名前です。
 
認定NPO”とは、都道府県などから活動内容が認められたNPOのことで、日本全国でたったの2%しかありません。また、認定NPOによる、ピースワンコ・ジャパンへ寄付をすると「寄付した人」は税制優遇(税額控除)を受けることができる」のです。
 

ピースワンコ・ジャパンの始まり
きっかけは殺処分寸前のある1匹の子犬との出会い

ピースワンコ・ジャパンのスタッフが、広島県の動物愛護センターを訪れたときの話です。その日は殺処分が行われる日でした。そんな時、スタッフはドリームボックス前に置かれたケージの中で、震えている1匹の子犬に出会いました。
 

生後3ヶ月くらいのその子犬は、その日、ガス室が満杯となり殺処分が延期されたところでした。まさに命を奪われる寸前だったのです。
 
スタッフはこの子犬を引き取ることを決め、ガス室から生還した彼に夢と希望を託す意味を込めて「夢之丞(ゆめのすけ)」と名付けました。この「ゆめのすけ」は、のちに災害救助犬として活躍することになります。
 

殺処分寸前の「ゆめのすけ」の状態

スタッフが「ゆめのすけ」を抱き上げたときに、震えながらおしっこを漏らしてしまったと言います。犬はとても賢い動物です。きっと自分の死を覚悟したんでしょう
 
『次は僕の番だ』と。
 
生まれて間もない子犬が、冷たいケージと殺風景な景色の中で抱いた「死を待つ恐怖」は想像もつきません。そこには安楽死という言葉では到底ごまかせない不安と絶望がありました
 
おびえる犬の表情、ドリームボックスに残っている爪あと…ピースワンコ・ジャパンは「殺処分機をもう二度と稼働させてはいけない」という信念のもと始まったのです。
 

災害救助犬として活躍する「ゆめのすけ」

最初は人に怯えて、懐くこともありませんでした。しかし、周りの人々の温かい想いに触れ、徐々に心を開くようになり、信頼関係を築くようになったと言います。
 
やがて、災害救助犬候補として訓練を受けるようになり、トレーナーと一緒に日々の厳しい救助訓練をこなし、「ゆめのすけ」は強くたくましく育っていきました。
 
 
 

2014年8月の広島土砂災害でレスキューチームとして出動した時には、行方不明者1名を発見することができたのです!国内だけではなく、フィリピンやネパール、台湾、また2016年4月の熊本地震にも出動して活躍しています!
 
もう、人に怯えて震える子犬の面影はありません。「ゆめのすけ」は多くの人々の支援を得て、多くの命を救う災害救助犬へと立派に成長したのです!
 
この物語は24時間テレビでも取り上げられ、ピースワンコ・ジャパンの活動内容が日本全国に紹介されました。
 

ピースワンコ・ジャパンの活動内容とは?

ピースワンコ・ジャパンでは、「ゆめのすけ」のような殺処分前の犬を引き取り、獣医師による診断やワクチン接種などの健康管理、ドッグトレーナーによるしつけを行っています。
 
ピースワンコの活動は動画サイトやSNSなどでも広まり、2024年4月末までに、4,307頭以上の犬を里親さんへ譲渡、または元の飼い主さんへ返還してきました。
 

殺処分数が全国ワースト1位の広島県で殺処分ゼロを実現!

2016年4月、ピースワンコ・ジャパンは広島県で殺処分対象となった犬の全頭引き取りを始めました。
 
これは日本中でも前例のないチャレンジで多くの困難にも直面しましたが、懸命な努力の結果、犬猫の殺処分数がワースト1位だった広島県「殺処分ゼロ」を実現することができたのです!
 
今も維持しており、さらに今後、これを全国に広げ、日本の犬猫の殺処分をゼロにするという目標を掲げています。簡単な目標ではありませんが、広島県での経験を元に、同様の成果を上げてくれるでしょう。
 

1日約30円から始められる支援!「ワンだふるサポーター」とは?

ピースワンコ・ジャパンは『ワンだふるサポーター』と呼ばれる3万7千人以上の人々の支援があって活動しています。
 
譲渡センターは全国で8ヶ所あります。そこでは、毎日の食事の用意、予防接種や感染症を防ぐための衛生管理、散歩や訓練、施設の維持や拡充、譲渡活動をしており、「殺処分ゼロ」を実現するには、みなさんの支援を必要としているのです。
 
例えば、寄付金は次のように使われます。
 

 
正直、「寄付しても、何に使われているかの実感が持てない」という方もいると思います。
 
そこで『ワンだふるサポーター』では、寄付金がどのように使われているのかの詳細や、災害救助犬・セラピー犬などの育成の様子などの活動内容が、年に3回ニュースレターとして届けられます。
 
「自分ではどうすることもできないけど、チカラになりたい。」
「犬や猫の殺処分を無くしたい。」
 
このような『ワンだふるサポーター』の人々の熱い思いと行動に救われ、ピースワンコ・ジャパンは活動を続け、成長することができています。
 

殺処分対象の犬たちにチャンスを。
日本の殺処分問題に、私たちが今できること。

日常生活で「殺処分」とは、直接関係の無いところで生きている私たちにとって、身近に感じられない問題だと思いますが、現実で起きているのです。
 
犬や猫は飼い主を選ぶことはできません。生まれたところが違っただけで、生後間もなく「殺処分」により命を落としてしまう犬や猫がいるのです。
 
ここまで関心を持って読んでいただき、ありがとうございました。
 
「殺処分される犬を助けたい!」
「1匹でも多くの命を救いたい」
「日本の殺処分を無くしたい」
 
このように少しでも思った方は、「殺処分をゼロ」を実現するために、『ワンだふるサポーター』の一員になってみませんか?
 
あなたの1日約30円の寄付で、救われる命があります。
 

 

※ピースワンコ・ジャパンは、県や市の愛護センターからの犬の引き取り、訓練、譲渡、飼い主の意識啓発、他の活動団体への助成等に 取り組んでいます。動物保護活動には様々な考え方がありますので、譲渡や繁殖制限などを含むピースワンコ・ジャパンの活動方針についても ぜひご一読いただき、ご理解のうえご支援をいただけますと幸いです。 ⇒http://peace-wanko.jp/action_policy.html
情報提供:特定非営利活動法人ピースウィンズ ・ジャパン