gooddoマガジン|社会課題やSDGsに特化した情報メディア

先進国で最悪レベル…。7人に1人の子どもが貧困状態な日本。 勉強する機会を奪われた子どもたちの現実とは?

<PR>

5人きょうだいの長女。 中学に通うさくらさん(仮名)の生活

5人きょうだいの長女として生まれたさくらさんには、弟が2人、妹も2人います。

小学生の頃に両親が離婚し、子どもたちは全員父親に引き取られました。

しかしその後、父親は重い病気にかかり、それが原因で仕事を失ってしまいました。
家計はひどく苦しくなり、お腹いっぱいにご飯を食べることもできなくなってしまったそう。

アパートの部屋は家族6人で住むには狭く、幼い弟や妹の絵本やおもちゃ、家族の洗濯物が散らかり、 足の踏み場もありません。

自分専用の勉強机はなく、家で唯一の食事用のテーブルが勉強場所です。

そのテーブルさえ、スペースがないため、食事が終わると片付けなくてはなりません。

夏になると自宅は蒸し暑く、幼いきょうだいたちもいるため、勉強どころではありません。

家計が苦しいので、塾に行くことももちろんできませんでした。

「どうして私だけ…」 考えても仕方ないことと分かっていても、周りの友達の生活と比べてしまい、どんどん卑屈になってしまう…。

自分にも自信が持てなくなり、将来にたいしての希望や夢なんて何も、持つことができなくなってしまいました。

さくらさんが出会った放課後学校

そんなとき、さくらさんのお父さんがある案内を見つけました。

それは、NPO法人が運営する無料で通える『放課後学校』の案内でした。

多少の迷いはあったものの、涼しい環境で勉強ができること、そして無料で夕飯も食べられることに惹かれ、 さくらさんはその放課後学校へ通い始めました。

行ってみるとそこには、自分と似たような環境で育ち、同じ悩みを持つ中学生もいました。
親身になって話を聞いてくれる、NPOスタッフやボランティアのお兄さん、お姉さんもいました。

通い続けるうちに、そこにいるスタッフ、そこへ通う中学生たちに対して、家族みたいな温かさを感じるようになったそうです。

そして夕食が本当に楽しみで、毎日まず献立をチェックしているそうです。
献立が自分の好きなものだと、それだけで食前の勉強にも力が入るとか!

温かい夕食で、お腹がいっぱいになるととても幸せな気持ちになり、 さらに勉強も頑張ることができました。

勉強はあきらめかけていたけど、放課後学校では思う存分学ぶことができる。

勉強が楽しくなった彼女は、毎日自習室に通いました。

すると成績が上がり、得意な英語ではテストで100点が取れるようになったとか。 英検3級にも挑戦して、受かることもできたそうです。

これまで、「自分は不器用で何もできない」と思っていたというさくらさん。

でも今では、「英語は得意」と思える自信がつきました。
「英語を使って海外で活躍できる人になりたい」 それが、今のさくらさんの夢だそうです。

安らぎと明日への力を得る『第3の場所』

さくらさんが通っている、放課後学校。
週6日、平日の夕方と、休日の日中の時間帯に子どもたちを迎えています。
運営しているのは、認定NPO法人カタリバというNPO団体です。

この放課後学校の1つで施設長を務めているのが、カタリバ職員の小川元樹さん(仮名)。

実は小川さん自身も、母子家庭で育ったそうです。

だからこそ放課後学校へやってくる生徒たちが抱えている状況や悩みを、 自分のことのように理解することができる、と小川さんは語ります。

そんな小川さんの経歴ですが、飲食業界を経て、デザイン、インテリア関連のクリエイティブ業界など異色業種から 2009年にNPOカタリバへ転職されています。
様々なことを意欲的に学び、自らスキルを身に付け、今の仕事に至りました。

「自分が今、どうして充実した生活を送れているのか。」

それは、お母様の賢明な支えによるところはもちろんのこと、親戚、近所の人など”様々な生き方をする大人との関わり”があり、 そこから得たものがとても多かったからだそうです。
ただ、それらは自分で意識的に求めていったものではなく、幸運なことに「そこにあった」環境でした。 「自分は本当にラッキーだった」小川さんは、そう思っています。

子どもたちの中には、家庭内の信頼関係さえ危うい子もいます。

だからこそ家庭以外の周囲が目を配り、子どもたちをみんなでサポートしていくことが大切だと、 小川さんは確信して日々活動を続けているのです。

日本でも7人に1人の子どもたちが、貧困により勉強する機会を奪われている?

日本でも7人に1人の子どもが相対的貧困家庭で育っていると言われています。

衣食住などの悩み以外にも、希望の学校や大学に進学できない、学びたいことを学ぶことができないなど、切実な問題を抱えた家庭が日本にも多く存在しているということです。
2014年のデータでは日本の相対的貧困率は、OECD加盟国34か国の中で、9番目の高さにあります。

※内閣府「平成26年版 子ども・若者白書」より

ひとり親家庭の子どもに限ると、2人に1人は貧困にあたり、子どもがいる大人1人世帯の相対的貧困率は、OECD加盟国、いわゆる一般的に先進国とされる国の中で、日本は1番高い状況です。

放課後学校を運営している「カタリバ」とは?

認定NPO法人カタリバは、「生き抜く力を、子ども・若者へ」を理念に活動している教育NPOです。

これまでに全国約22万人の生徒に様々なプログラムを届けています。
生まれ育った環境、現在の環境などに関わらず、子どもたちが今後の社会で生き抜く力を身に付けてほしいと願っています。

子どもたち自身では、どうすることもできない家庭環境。
意欲はあっても経済的に進学できない、就職につながるような資格勉強ができないなどの理由から、貧困の連鎖が起きやすい状況もあります。

貧困の連鎖を断ち切るべく、カタリバは困難な状況の子ども達のために「新しい居場所」の提供を始めました。
それが、さくらさんも通っている、無料の放課後学校です。
放課後学校では孤独や不安を抱える子どもたちに安心して通える関係性を築き、安らぎと明日への力を得るかけがえのない場所となっています。

30秒で終わる「カタリバ」の活動に関するアンケートに答えて、
無料でできる支援に参加しよう!(参加者15万人以上!)

紹介したさくらさんの日常のように、『住むところはあって、毎日食べるものに困るほどではない』
しかし、子どもたち自身ではどうすることもできない家庭環境などの問題を抱え、自分の将来に希望を持てない子どもたちがいる…。

それが先進国である、日本の現状なのです。

そんな子どもたちを支援している、認定NPO法人カタリバさん。

今なら、30秒で終わる3問のアンケートに答えていただくだけで、10円の支援金がカタリバさんに届けられます。

支援にかかる費用は、サポーター企業が負担するため、あなたに費用はかかりません!

2018年5月に始めたこの取り組み。
2019年12月末時点で、なんと30万人を超える方が参加してくださり、3,173,710円の支援金をカタリバさんにお届けできたのです!

ここまで関心を持って読んでいただき、ありがとうございます。
「子どもたちを応援したい!」

もしあなたがそうお思いなら、アンケートに答えて支援に参加してみませんか? >>アンケートに答えて支援する<<

情報提供:認定NPO法人カタリバ
※子どもたちのプライバシーを守るため、実際にカタリバが接している子どもたちの事例から、一部内容を変えて掲載しています。
※カタリバ職員のプライバシー保護のため、仮名にて記載させていただいています。