認定NPO法人カタリバ


先進国で最悪レベル…。7人に1人の子どもが貧困状態な日本。
勉強する機会を奪われた子どもたちの現実とは?

<PR>

5人きょうだいの長女。
中学に通うさくらさん(仮名)の生活


5人きょうだいの長女として生まれたさくらさんには、弟が2人、妹も2人います。
小学生の頃に両親が離婚し、子どもたちは全員父親に引き取られました。

しかしその後、父親は重い病気にかかり、それが原因で仕事を失ってしまいました。

家計はひどく苦しくなり、お腹いっぱいにご飯を食べることもできなくなってしまったそう。
アパートの6畳にも満たない狭い部屋の中には、幼い弟や妹の絵本やおもちゃ、家族の洗濯物が散らかり、 足の踏み場もありません。

自分専用の勉強机はなく、家で唯一の食事用のテーブルが勉強場所です。
そのテーブルさえ、スペースがないため、食事が終わると片付けなくてはなりません。

夏になるとクーラーのない自宅は蒸し暑く、幼いきょうだいたちもいるため、勉強どころではありません。
家計が苦しいので、塾に行くことももちろんできませんでした。



「どうして私だけ…」

考えても仕方ないことと分かっていても、周りの友達の生活と比べてしまい、どんどん卑屈になってしまう…。
自分にも自信が持てなくなり、将来にたいしての希望や夢なんて何も、持つことができなくなってしまいました。

さくらさんが出会った放課後学校


そんなとき、さくらさんのお父さんがある案内を見つけました。
それは、NPO法人が運営する無料で通える『放課後学校』の案内でした。

多少の迷いはあったものの、涼しい環境で勉強ができること、そして無料で夕飯も食べられることに惹かれ、 さくらさんはその放課後学校へ通い始めました。

行ってみるとそこには、自分と似たような環境で育ち、同じ悩みを持つ中学生もいました。
親身になって話を聞いてくれる、NPOスタッフやボランティアのお兄さん、お姉さんもいました。
通い続けるうちに、そこにいるスタッフ、そこへ通う中学生たちに対して、家族みたいな温かさを感じるようになったそうです。

そして夕食が本当に楽しみで、毎日まず献立をチェックしているそうです。
献立が自分の好きなものだと、それだけで食前の勉強にも力が入るとか!

温かい夕食で、お腹がいっぱいになるととても幸せな気持ちになり、 さらに勉強も頑張ることができました。



勉強はあきらめかけていたけど、放課後学校では思う存分学ぶことができる。
勉強が楽しくなった彼女は、毎日自習室に通いました。

すると成績が上がり、得意な英語ではテストで100点が取れるようになったとか。
英検3級にも挑戦して、受かることもできたそうです。

これまで、「自分は不器用で何もできない」と思っていたというさくらさん。
でも今では、「英語は得意」と思える自信がつきました。

「英語を使って海外で活躍できる人になりたい」
それが、今のさくらさんの夢だそうです。

安らぎと明日への力を得る『第3の場所』


さくらさんが通っている、放課後学校。
週6日、平日の夕方と、休日の日中の時間帯に子どもたちを迎えています。
運営しているのは、認定NPO法人カタリバというNPO団体です。

写真 この放課後学校の1つで施設長を務めているのが、カタリバ職員の堀井勇太さん。
実は堀井さん自身も、母子家庭で育ったそうです。

だからこそ放課後学校へやってくる生徒たちが抱えている状況や悩みを、 自分のことのように理解することができる、と堀井さんは語ります。

そんな堀井さんの経歴ですが、飲食業界を経て、デザイン、インテリア関連のクリエイティブ業界など異色業種から 2009年にNPOカタリバへ転職されています。
様々なことを意欲的に学び、自らスキルを身に付け、今の仕事に至りました。

「自分が今、どうして充実した生活を送れているのか。」

それは、お母様の賢明な支えによるところはもちろんのこと、親戚、近所の人など"様々な生き方をする大人との関わり"があり、 そこから得たものがとても多かったからだそうです。
ただ、それらは自分で意識的に求めていったものではなく、幸運なことに「そこにあった」環境でした。 「自分は本当にラッキーだった」堀井さんは、そう思っています。

子どもたちの中には、家庭内の信頼関係さえ危うい子もいます。

「鍋って本当にみんなで食べるものなんだ。ドラマとかで見たことあるけど」

放課後学校の夕飯で、鍋を食べたときに、そんな呟きを堀井さんは耳にしたそうです。
だからこそ家庭以外の周囲が目を配り、子どもたちをみんなでサポートしていくことが大切だと、 堀井さんは確信して日々活動を続けているのです。

日本でも7人に1人の子どもたちが、
貧困により勉強する機会を奪われている可能性があります。


日本でも7人に1人の子どもが相対的貧困家庭で育っていると言われています。
衣食住などの悩み以外にも、希望の学校や大学に進学できない、学びたいことを学ぶことができないなど、切実な問題を抱えた家庭が日本にも多く存在しているということです。

2014年のデータでは日本の相対的貧困率は、OECD加盟国34か国の中で、9番目の高さにあります。



ひとり親家庭の子どもに限ると、2人に1人は貧困にあたり、ひとり親家庭の相対的貧困率は、OECD加盟国中、日本は1番高い状況です。



放課後学校を運営している「カタリバ」とは?


認定NPO法人カタリバは、「生き抜く力を、子ども・若者へ」を理念に活動している教育NPOです。
これまでに全国約22万人の生徒に様々なプログラムを届けています。

カタリバが目指していることは、子どもたち個人の主体性を引き出し、可能性を伸ばしていくこと。
生まれ育った環境、現在の環境などに関わらず、子どもたちが今後の社会で生き抜く力を身に付けてほしいと願っています。

貧困のせいで、夢を諦めてほしくない、学びたいと思っている子どもには思いっきり勉強してほしい。

それはどの子どもにも、無限の可能性があると信じているからです。

逆境に苦しむ子どもたちのための「新しい居場所」


子どもたち自身では、どうすることもできない家庭環境。
意欲はあっても経済的に進学できない、就職につながるような資格勉強ができないなどの理由から、貧困の連鎖が起きやすい状況もあります。

貧困の連鎖を断ち切るべく、カタリバは困難な状況の子ども達のために「新しい居場所」の提供を始めました。
それが、さくらさんも通っている、無料の放課後教室です。

スタッフとの対話を通した関わりを通じて、心の基盤となる居場所を提供し、 子どもたちの状況に応じて段階的な支援を行います。
放課後に本を読んだり、自習をするなど安心して過ごせる場所であり、また、食事の提供も行っています。

「子どもたちの未来のために!」
1日33円からできる、カタリバのサポーターとは?


カタリバは、支援してくださる多くのサポーターの人々の力で成り立っている団体です。
カタリバを利用している子ども達は、困難な状況でも夢を諦めずに進むことを選んでいます。

そんな子どもたちに、私たちにもできることがあります。

カタリバでは、被災や貧困によって将来を諦めている、勉強の機会を逃している子どもたちへの支援を募集しています。
少しの力がたくさん集まれば、子どもたちが授業を受けられたり、勉強に必要な辞書や教科書などを購入することができるのです。

金額は毎月1,000円から。1日に換算すると、その金額は約33円。
私たちの小さな心遣いで、子どもたちに勉強の場を提供することができます。

>>月1,000円からの支援をする<<

具体的には、このような形で子どもたちへの支援に変わります。

私たちが継続的に支援をしていくことで、子どもたちが安心して勉強でき、自分の希望の進路、職業に就く社会を作っていけるのです。


とはいえ正直、「寄付しても、何に使われているかの実感が持てない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「サポーター会員」になると、まず、「子ども達の作文」や、活動の詳細・寄付がどのように使われているのかが記載された年次報告書等の入会キットが、 さらに、定期的に、現地の人々やプロジェクトの様子がわかる情報が送られてきます。



また、カタリバは東京都から認定された「認定NPO法人」です。 「認定NPO法人」への寄付は、税額控除の対象となり、約40%が所得税額より控除されます。


※またお住まいの地域によっては、さらに住民税に対する控除対象となる場合もあります。

今では、約10,000人のご支援者の方々が、参加しています。

参加者の声をご紹介


カタリバには、これまでも多くの方々からのご支援が集まっています。
皆さんの温かい心遣いによって、さくらさん以外にも夢への一歩を踏み出した子どもたちがたくさんいます。

写真 東北の震災直後、カタリバの被災地での活動をテレビで見かけて支援を始めました。私は教育に関わる仕事をしていますが、今では貧困による「機会の格差」も気になっています。
服や食べるものは多少の差があったとしても、同じ教育機会が与えられないということだけは、あってはならないと思っています。 支援者向け活動報告会も来るたびに趣向が違い、同じことが二回とないのが印象的です。
河原畑 磨 様(40代・男性)

▶参加者の声をもっと見る

写真 教育は、日本の将来を作る基礎になります。子ども達がきちんと教育を受けられるようにするのが、我々年配者の責任だと思っています。 私自身には子どもがおりませんが、少しでも日本の将来を支えてくれる子ども達の力になれたらと思っています。
都度振り込むのは忙しくて難しいけれど、毎月カードで引き落としてもらえる手軽さも支援の決め手になりました。
メールマガジン等で頻繁に活動の様子をお知らせいただいているので、日本の子供たちに、わずかながらでも力になれているのかなということが、実感できています。
萩原 みゆき 様(40代・女性)

写真 友人の紹介でカタリバを知りました。理念に共感しながらも、ボランティアとして現場に行くことはなかなかできないので、「寄付」という形で携わっています。
カタリバの活動がきっかけとなって、成長できたり、キャリアを見つめなおせた、そう言った子供達が増えればと思っています。
昨今、社会課題が多様化してきていますが、カタリバの様々なアプローチがその解決に繋がるのではないかと期待しています。
西村 真一 様(30代・男性)

子どもたちが明るい未来の目指せるために、
私たちにできることとは?


普段の生活の中に、「貧困」という言葉そのものが身近に感じられない人は多いと思います。
しかし日本でも、7人に1人の子どもが相対的貧困家庭で育っています。
そして、日々の生活に精いっぱいで、興味があることやなりたい職業があっても、諦めなければいけない状況に置かれています。

同じ日本で生活しているにもかかわらず、想像もできない現実が、私たちの身近にあるのです。
生まれた環境によって、負の連鎖に巻き込まれてしまう…。
こんな悲しい現実から子ども達を救いたい、そんな思いで 私は定期的な支援をすることに決めました。

1日33円の寄付で、子ども達の人生が大きく変わっていきます!
支援を始めることに、最初は不安や心配もありましたが、解約や退会はいつでもできるので、その点では安心して入会できました。

未来を支える大きな可能性と夢を秘めた子ども達のサポートを、あなたも始めてみませんか?

>>月1,000円からの支援をする<<
※今ならgooddoのLINE友だち追加で「カタリバ」に10円の支援が届けられます。(無料)
情報提供:認定NPO法人カタリバ

※子どもたちのプライバシーを守るため、実際にカタリバが接している子どもたちの事例から、一部内容を変えて掲載しています。

運営会社利用規約個人情報保護方針個人情報の取扱いについて
Copyright c gooddo, Inc. All Rights Reserved.