♥いいね!で応援する(無料)
日本でも多くのNPO/NGOが活動をしています。一人でも多くの人に知ってもらうことが、問題解決の第一歩になります。ぜひいいね!してください。
途上国の子どもの教育支援・緊急支援を行う国際NGO・グッドネーバーズ・ジャパン
× 閉じる


Sponsored by 特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
殺処分寸前から災害救助犬へ。
ガス室から生還した「夢之丞」の物語。


みなさんは、「夢之丞」と呼ばれる犬をご存知ですか?

今では災害救助犬として活躍する夢之丞ですが、元は捨て犬。
子犬の頃に殺処分寸前まで追い込まれ、心に傷を負った夢之丞が災害救助犬となるまでには、多くの人々の愛情と、支えが必要でした。


殺される寸前に引き取られ、
災害救助犬になった「夢之丞」


2010年11月、ピースウィンズ・ジャパンのスタッフは広島県動物愛護センターを訪れました。
ここに集められた犬猫たちのほとんどは殺処分対象。引き取り手がない限り、ガス室へと送られ殺処分されます。

この日、ガス室前のケージの隅で、

「次はボクの番だ」

そう察するような表情で、震えている子犬がいました。

生後3~4か月のこの子犬は、ガス室が満杯になり、殺処分が延期されたところです。

スタッフが抱き上げたとき、子犬は自分の死を覚悟して、震えながらおしっこを漏らしてしまいました。

生まれて間もない子犬が、冷たいケージと殺風景な景色の中で抱いた恐怖はどれほどのものだったでしょうか?
「安楽死」などという言葉では到底ごまかせない不安と絶望を、この子は確かに感じていました。

スタッフはこの子犬を引き取り、ガス室から生還した彼に夢と希望を託して「夢之丞(ゆめのすけ)」と名付けました。

災害救助犬として走り出した夢之丞



臆病で人が苦手な夢之丞でしたが、やがて災害救助犬候補として訓練を受けるようになります。
トレーナーの地道な努力により、だんだん人にも馴れ始めた夢之丞。日々の厳しい救助訓練をこなして、強く、たくましく育っていきました。

そして3年の歳月を経て、2014年8月20日に発生した広島土砂災害では、夢之丞と仲間のハルク2頭が、レスキューチームと共に出動。
土砂災害発生初日に広島市安佐南区で捜索・救助活動にあたり、夢之丞は行方不明者1名を発見することができました。

その後、同年12月のフィリピン台風、2015年4月のネパール地震、同年8月の台風13号(台湾)、2016年4月の熊本地震、2017年7月の九州北部豪雨の被災地にも出動しています。

もう、怯えて震える子犬の面影はありません。
夢之丞は多くの人々の支援を得て、人命を救うたくましい災害救助犬へと立派に成長したのです。

年間15,811頭(2015年)もの犬が殺処分されている現実



しかし、夢之丞のように殺処分を免れることのできた犬はほんのひと握り。
残念なことに、支援は十分に追いついておらず、2015年度には年間15,811頭もの犬が殺処分されました。

身勝手に捨てられた犬の大多数は、全国の動物愛護センターなどに連れて行かれ、ガスによる窒息死で命を奪われています。
すべての犬たちに、夢之丞のようなチャンスを与えることが難しい状況なのです。

夢之丞を救った
「ピースワンコ・ジャパン」って?

夢之丞が救われたように、人と犬の助け合いを通じた地域の活性化を目指す活動があります。
その名も「ピースワンコ・ジャパン」。
認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が運営するプロジェクトです。

PWJは広島県内の動物愛護センターなどで殺処分対象になった犬たちの全頭引き取りを2016年4月に始め、それ以来、県内の犬の「殺処分ゼロ」を維持しています。
同年8月には広島市内のNPOが猫の全頭引き取りを開始し、2011年度に犬猫の殺処分数で全国ワースト(計8,340頭)を記録した広島県は、 それから約5年で殺処分のない県に生まれ変わったのです。



※動物愛護管理行政事務提要より
では、「殺処分ゼロ」を実現するために、どのような活動が行われているのでしょうか。

PWJは殺処分対象の犬を引き取り、獣医師による診断やワクチン接種などの適切な健康管理と、ドッグトレーナーによるしつけを行い、里親になってくれる飼い主さんを探します。 また、一部の犬は災害救助犬やセラピー犬として育成されています。

2017年6月末現在、広島県神石高原町のシェルターには約1,300頭の犬がいます。

犬たちが暮らす犬舎には明るい日差しが差し込み、各部屋にはエアコンや床暖房を完備。8,000㎡を超える広大なドッグランもあり、ワンコたちは快適な生活を送っています。
そして、神石高原町のほか全国に4か所ある譲渡センターで、里親希望者と保護犬のマッチングを行い、家庭訪問などを経て譲渡しています。

■ピースワンコ・ジャパンの活動


2020年までに全国の犬猫「殺処分ゼロ」を目指します。

ピースワンコ・ジャパンでは、東京オリンピックが開催される2020年までに日本の犬猫の殺処分をゼロにする、という目標を掲げています。

広島で「殺処分ゼロ」を継続し、その流れを全国へと広げていくための最大のカギは譲渡率アップです。
2017年4月に広島県福山市に4つ目となる譲渡センターをオープンしましたが、年内には関東圏にさらに新設予定。今後も1頭でも多くの保護犬が里親さんにめぐり合えるよう、随時、増やしていく計画です。

2016年10月には「ピースワンコPRODOGスクール」を開校し、犬の飼養に関して専門的な知識を持った人材育成にも取り組んでいます。
また、全国で犬猫の殺処分ゼロを実現するには、他団体や個人で活動する方との連携が必要と考え、2017年2月に助成事業もスタートしました。

広島から始まった活動は、着実に全国へと広がっています。

※ピースワンコ・ジャパンの「殺処分ゼロ」とは、動物愛護センターに持ち込まれる犬のうち、 愛護センターの獣医師の診断でもう助からないと判断され、安楽死させられたり、センター内で病死してしまったりした犬を除く 殺処分対象の犬をすべて引き取り、いわゆるガス室を使った無差別的な処分を止めることです。 ピースワンコ・ジャパンは愛護センター側に対し、これらの犬を殺処分する前に必ずピースワンコ・ジャパンに連絡するよう依頼しています。

「ピースワンコ・ジャパン」の取り組みは、
様々なところで評価を受けています。


写真 2016年「日経ソーシャルイニシアチブ大賞」を受賞しました。
この賞は、ビジネスの手法を使って社会的な課題を解決する優れた取り組みを日本経済新聞社が表彰するものです。
ペット関連企業と連携した「非営利型ペットショップモデル」創出の試みや、過疎地の地域活性化事業との連動などを通じ、「殺処分ゼロ」という成果を生み出している点が評価されました。

社会的な評価の高まりとともに、多方面の方々との協力・連携も広がっています。
人気音楽グループ「SEKAI NO OWARI」は、2016年に動物殺処分ゼロを目指すプロジェクト「ブレーメン」を立ち上げ、 ピースワンコ・ジャパンをそのパートナーに選びました。2017年も様々な支援企画が予定されています。

また、日本テレビで放送されている「天才!志村どうぶつ園」では、「ぺこ&りゅうちぇるの捨て犬ゼロ部」のコーナーで、 2人がピースワンコ・ジャパンの施設で犬たちとふれあう様子がたびたび紹介されました。

1日30円(月額1,000円)からできる支援
「ワンだふるサポーター」とは?

ピースワンコ・ジャパンは「ワンだふるサポーター」と呼ばれるサポーター制度などにより、多くの人々の支援の上に成り立っているプロジェクトです。
継続的な保護犬の飼育と、計画的で長期的な活動を可能にするため、定期的な支援を必要としています。

例えば、


正直、「寄付しても、何に使われているかの実感が持てない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「ワンだふるサポーター」になると、寄付がどのように使われているのかの詳細や、災害救助犬・セラピー犬などの育成の様子など、分かりやすい活動報告が年に3回 「ニュースレター」という形で送られてきます。

夢之丞も「ワンだふるサポーター」の皆さまの熱い思いと行動に救われ、成長することができました。

殺処分対象の犬たちに、チャンスを。
今、私たちにできることは…


普段、こういった現実と直接関係のないところで生きている私たちにとっては、「殺処分」は身近に感じられない問題かもしれません。
しかし、自らの支援に救われ、成長できる命があることを知り、私は定期的な支援の道を選びました。

1日約30円の寄付で、多くの犬が救われます。

殺処分をゼロにし、人と犬が幸せに共生できる社会を実現するために、あなたも「ワンだふるサポーター」の一員になってみませんか?




※ピースワンコ・ジャパンは、広島県内の愛護センターなどから犬を引き取り、訓練、譲渡、飼い主の意識啓発、他の活動団体への助成等に 取り組んでいます。動物保護活動には様々な考え方がありますので、譲渡や繁殖制限などを含むピースワンコ・ジャパンの活動方針についてもぜひご一読いただき、ご理解のうえご支援をいただけますと幸いです。 ⇒http://peace-wanko.jp/action_policy.html

♥いいね!で10円支援して下さい(無料)
支援金総額: 14,9929,032
あなたが以下のサポーター企業のいいね!をすると、1回につき10円の支援金が「ピースワンコ・ジャパン」に届けられます。社会課題解決のために、ぜひ、いいね!してください。
SONYが今ある空間をそのままに
新たな体験を生み出す、新コンセプト
いいね!で10円
支援しよう(無料)
カシオ計算機が運営する「Ayamu地域介護」の
Facebookページ
いいね!で10円
支援しよう(無料)
~保険をもっと身近なものに!~
メディケア生命の公式Facebookページです。
いいね!で10円
支援しよう(無料)
ソフトバンクの情報を配信する
公式Facebookページです。
いいね!で10円
支援しよう(無料)
日常と食のコトで暮らしを楽しくする
ライフスタイルメディア
いいね!で10円
支援しよう(無料)
妊娠から幼児期の子育て情報をお届け
Conobie[コノビー]
いいね!で10円
支援しよう(無料)
富士フイルムの情報を楽しくお届けする
Facebookページ。
いいね!で10円
支援しよう(無料)
※サポーター企業と団体は、直接的な関係があるわけではございません。
※同じサポーター企業への2回目以降のいいね!は無効となります。