提供:特定非営利活動法人 シャイン・オン・キッズ
ゴールデンレトリバーのベイリーとヨギは、ファシリティドッグと呼ばれる特殊な訓練を受けた犬です。

ファシリティドッグの役割は、自分の体を患者さんに触ってもらい、患者さんに楽しんでもらうことです。

2頭は現在、小児がんなどの難病にかかった子どもが闘病生活を送る、子ども病院で勤務しています。

シャイン・オン・キッズさんでは、子供たちがカメラでファシリティドッグを撮影した写真を写真集として発売したといいます。

プロのカメラマンも顔負けの臨場感ある写真が魅力的です。

こちらの団体では、ファシリティドッグを用いて、小児がんや重い病気の治療を受ける子ども達の心のケアを行っています。

ぜひ、あなたの力を貸してください。

gooddoは無料で社会問題の解決に参加できるサービスです。あなたも無料で支援してください!