提供:特定非営利活動法人えひめイヌ・ネコの会
愛媛県の山のふもとで傷だらけの手のまま、山の斜面を下りてきたコン太君。

たまたま地元の人に見つけられ、その方からNPO法人えひめイヌ・ネコの会さんに電話がありました。

スタッフさんがすぐに病院へと連れて行きました。

しかし、イノシシ用の罠にかかったと思われるその手はすでに黒く壊死しており、両手を切断する手術が行われました。

しかし、現在は手先が傷つかないように、厚手のガーゼや靴下を重ねて、靴の代わりにすることで歩けるまでに回復しました。

NPO法人えひめイヌ・ネコの会さんでは、現在コン太君の里親を探しています。

ぜひ、あなたのシェアやいいね!での応援をお願いします。

gooddoは無料で社会問題の解決に参加できるサービスです。あなたも無料で支援してください!