提供:特定非営利活動法人ジャパンハート
ミャンマーでは、貧しく若い女性が、働き口があるとそそのかされていった先で人身売買や売春の被害を受ける人々が急増しています。

それらが原因で、HIV患者が増え、エイズで親を亡くした子ども達も増えています。

親を亡くした子ども達は、日々の食べ物も得られず、教育を受ける機会にも恵まれない中で生きています。

そして貧しさから売春や人身売買のターゲットとなり、自らがエイズ感染の危険にさらされる負の連鎖が起きています。

ジャパンハートさんでは、この状況を受けて、養育施設「Dream Train」を開設しました。

人身売買に巻き込まれる可能性のある 地域から遠く離れたところに建設させ、子ども達を人身売買のリスクから引き離すことに成功しました。

この動画では、日本からの支援に対する子どもたちの「ありがとう」が詰まっています。

子ども達を人身売買から守り続けるために支援が必要です。