提供:NPO法人 HEART
冬場は、あなたがお持ちの車に乗る前に、"一匹"乗車しているかもしれません。

車の中のエンジンルームやタイヤの隙間は、寒さをしのぐために猫が入り込んでいる時があるのです。

気付かずエンジン始動をして、猫が犠牲になってしまう事故が多発しています。

この動画でも、エンジンルームに野良ねこが、潜り込んでいて危険な状態でした。

取り出された猫は、びっくりして大暴れしていますが、猫の保護活動をおこなっているNPO法人ハートさんが引き取りました。

夏場でも日陰を求めて、車の下に潜っている時があるため、注意が必要です。

gooddoは無料で社会問題の解決に参加できるサービスです。あなたも無料で支援してください!
いいね!で10円を無料で支援する