提供:セカンドハーベスト・ジャパン
包装が破れた飲食品や、イベントなどで余った飲食品をまだ食べられる状態であっても、廃棄されている現状があります。

日本では年間1900万トンの食べものが捨てられており、これは世界の7000万人もの人々が1年間食べていける量だと言われています。

それにも関わらず、貧困や家庭環境から食べ物が十分に得られてない人も日本にはいます。

そんな状況から、セカンドハーベスト・ジャパンさんは、日本で初めて「フードバンク」を開始したNPO団体です。

フードバンクとは、賞味期限内であるにも関わらず、様々な理由で流通ができない食品を食品メーカーなどの企業や農家、個人の方から寄贈していただき、食品を必要としている福祉施設や生活困窮者に届ける仕組み・活動です。

全ての人に食べ物を届けるために、ぜひあなたの力を貸してください。
グッときたら、社会問題解決のためにいいね!&シェアしてください!
いいね!で10円を無料で支援する