提供:CAPセンター・JAPAN
「お父さんはお酒さえ飲まなければ、いい人なんよとお母さんは言っていた。でもお酒のせいじゃないって僕は知っている。」

「だってお母さんを殴るときは、どんなに酔っていても雨戸を閉めてからだった。」

DVを受けたり、見たことがある子どもが見ている視点は、とても鋭く嘘を見抜きます。

いつ自分に暴力が向けられるのか分からないため、精神的に極度に不安定になります。

CAPセンター・JAPANさんは保育園・幼稚園・小学校・中学校を中心として、大人、 子どもたちにワークショップを提供し、子ども達には大切な自分を守るための知識とスキルを伝え、何ができるかを一緒に考えていく時間を提供しています。

ぜひ、あなたの力を貸してください。

gooddoは無料で社会問題の解決に参加できるサービスです。あなたも無料で支援してください!