捨て犬となり、一人きりで生きてきたワンコ。警戒心が強く、人間のことを信じていません。  

そんなワンコを保護するため、動物保護団体「Hope For Paws」の職員は、ワンコが眠りについた夜中に再度近づきます。
なんとかリードをつけることができましたが、ワンコは怯えて暴れてしまいます。


しかし、職員が「愛情」をもって、優しく接し続けたところ、少しずつ心を開いていきました。


今では、人間にも慣れ、昔のような警戒心もすっかり無くなり、本来のやさしさを取り戻したワンコ。


人間に心を開かせてくれた動物保護団体の男性の「愛情」に感謝です。

実は海外では、動物の命が守られているのが当たり前。

このように海外では、捨て犬を保護し、飼い主を探すことが当たり前になっています。
ドイツでは、犬・猫の殺処分は「0」です。

ドイツには保健所のような殺処分施設は存在していないため、殺処分という制度自体がありません。

もし何らかの理由で飼えなくなった場合でも、アニマルシェルターで保護され、その中の約90%が新しい飼い主にもらわれていきます。

イギリスでも、殺処分数は7,000頭未満。

毎年10万頭が保護されていますが、ほとんどの犬は新しい飼い主が見つかります。

そう、海外では、捨て犬を保護し、新しい飼い主を見つける仕組みがあるのです。


一度捨てられたら、新しい家族に会えない国・日本


一方日本では、約28,000頭もの犬が、殺されていることをご存じでしょうか。

捨てられた犬たちは、各都道府県の動物愛護センターや保健所につれていかれ、その約9割もの犬が殺処分となります。

殺処分は通常、炭酸ガスによって窒息死させる方法で行われ、かけがえのない命が、人間の身勝手により奪われています


ペットショップに行く前に、保護された犬の里親になるという選択肢も思い出して。


日本で殺処分を減らすためには、保護された犬と新しい飼い主が出会うこと、つまり犬の里親が増えることが1つの解決策となります。

さまざまな事情で飼えなくなったペットや、劣悪な環境のブリーダーから保護されたペットなどを救出して保護し、新たな飼い主を探す活動をする団体が数多くあります

罪のない犬たちを殺さずに救う日本にするには、私たち1人ひとりがこのことを忘れず、伝えていくことなのではないでしょうか。

日本でも、犬や猫を保護して譲渡する活動する団体がいます。

ぜひ殺処分をなくすために、無料で応援してください!

いいね!で10円を無料で支援する
次のおすすめ動画


テレビ番組やニュースで話題になった、災害犬「夢之丞」をご存知ですか?実は「夢之丞」は、犬の殺処分ゼロを目指して活動するピースウィンズさんが、殺処分寸前だったところを保護して育てた犬です。

制作: ピースワンコ・ジャパン(認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン)


このような活動により、多くの犬の命を救っています。

しかし現在も捨てられる犬は後をたたず、ピースワンコ・ジャパン(認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン)さんは現在約190頭の犬を保護しています。

殺処分ゼロを目指して活動するピースワンコ・ジャパンさんへ支援することで、夢之丞のように一匹でも多くの犬を助けることができます。


1日30円(月1,000円)で助かる、小さな命があります。
出典 : Peace Wanko Japan

ピースワンコ・ジャパンでは殺処分前の犬を引き取り、獣医師による診断やワクチン接種などの適切な健康管理、ドッグトレーナーによるしつけを行なっています。その後、広島市内や神奈川県藤沢市内に開設した譲渡センターなどで新しい飼い主を探します。

捨てられた犬たちを保護し、新しい飼い主が見つかるまで責任を持って飼育するためには、皆さまからのご支援が必要です。

現在、ピースワンコ・ジャパンを1日30円(月額1,000円)から気軽に支援できるプログラム、ワンだふるサポーターを募集しています。2013年からはじまったこの取り組みで、すでに多くの方にご支援を頂いています。

あなたの毎月のご寄付によって、犬たちに寄り添った長期的で計画的な支援が可能になります。


皆さまのご寄付は、新しい飼い主が見つかるまでの飼育費(食事代、医療費など)や災害救助犬・セラピー犬の育成、正しい飼い方や動物愛護の意識を広めるための啓発活動などになります。

あなたも、犬たちの命を守るためにご支援をお願いします。
※ワンだふるサポーターは、認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンが運営しています。ご寄付は寄付金控除の対象となります。

ワンだふるサポーターになると、会員証とワンコのポストカード、年に3回のニュースレターをお送りします。

保護された犬たちや、災害救助犬・セラピー犬などの育成の様子をご紹介し、頂いたご寄付がどのように使われているのか、分かりやすくご報告します。



日本全国で、28,570頭もの犬が殺されているのをご存知ですか? (2013年度)

出典 : Peace Wanko Japan

捨てられた犬たちは、各都道府県の動物愛護センターや保健所につれていかれ、その多くが殺処分となります。

殺処分は通常、炭酸ガスによって窒息死させる方法で行われ、かけがえのない命が、人間の身勝手により奪われています。

殺処分が起こる理由、それは「犬を捨てる飼い主がいるから」です。殺処分犬の多くは、飼い主が飼育放棄をし、捨てられた犬です。

飼い主が犬を捨てる理由(例)

「引っ越し先がペット禁止だから」
「こどもがアレルギーだから」
「言うことを聞かず、うるさいだけだから」
「ブリーターをやめて犬に用がなくなったから」

犬を捨てる理由は、ほとんどが人間の身勝手な理由ばかりです。


しかし、殺処分ゼロを実現した事例もあります。
出典 : Peace Wanko Japan

ピースワンコ・ジャパンは、犬猫の殺処分数が全国ワースト(2011年度)だった広島県から、殺処分ゼロにすることを目指しています。

2011年度、広島県で殺処分された犬は 2342頭。ピースワンコ・ジャパンはこの数字をゼロにする活動に取り組んでいます。

活動している神石高原町では、 殺処分をゼロにすることに実現しました。


殺処分ゼロのための3つの取組み

①災害救助犬・セラピー犬の育成
動物愛護センターから譲りうけた犬の中から、災害救助犬やセラピー犬を育成しています。救助犬は地震などの災害時にすぐに駆けつけ、瓦礫や土砂の中から1人でも多くの命を助けることができるよう、日々トレーニングに励んでいます。

また、現在2頭が地元の福祉施設を回るセラピー犬として活躍しています。

②捨て犬の保護
殺処分ゼロを目指し、捨て犬や迷い犬の保護・譲渡を行っています。これまでに419頭の犬を保護し、うち219頭の犬を飼い主に返還、または新たな飼い主に譲渡することができました。(2015年5月末時点)

③犬と人の施設づくり
標高700mの高原で、計6000平米のドッグランやドッグカフェ、ドックホテルを運営し、人と犬のふれあいの場を運営しています。

大人も子供も犬も、一緒になって伸び伸びと大自然を満喫し、一生の思い出になるような最高の瞬間を共有していただける「楽園」を創りだしていきます。


この活動により、多くの犬の命を救うことができました。 しかし現在も捨てられる犬は後をたたず、私たちは現在190頭の犬を保護しています。

さらに多くのワンコの命を救うためにあなたもご支援お願いします。


ピースワンコ・ジャパンとは?

ピースワンコ・ジャパンは、1996年から国内外の災害支援活動を行ってきた認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンが、人と犬の助け合いを通じた地域の活性化を目指し、災害支援のパートナーである犬を育て救う活動として行うプロジェクトです。

ピースワンコ・ジャパンは犬の殺処分ゼロを目指し、災害救助犬やセラピー犬の育成、捨て犬や迷い犬の保護・譲渡に取り組んでいます。


正式名称: 認定NPO法人ピースウィンズ ・ジャパン

所在地: 広島県神石郡神石高原町近田1161-2 2F

連絡先: TEL : 0847-89-0885

WEBサイト: http://peace-wanko.jp/

あなたの1日30円(月1,000円)のご支援で、助かる小さな命があります

捨てられた犬たちを保護し、新しい飼い主が見つかるまで責任を持って飼育するためには、皆さまからのご支援が必要です。

現在、ピースワンコ・ジャパンを1日30円(月額1,000円)から気軽に支援できるプログラム、ワンだふるサポーターを募集しています。

あなたの毎月のご寄付によって、犬たちに寄り添った長期的で計画的な支援が可能になります。

税制上のメリットについて
ワンだふるサポーターを募集しているピースウィンズ・ジャパンは、日本に約47,000あるNPOのうち、約250しかない、国税庁によって認可された認定NPO法人です。みなさまから1年間でご寄付いただいた金額の内、2000円を超える部分について、最大で40%が税額から控除されます。

例:月に3000円のご寄付をいただくと、年間で36,000円になるのですが、そのうち、最高で、13,600円が税額控除として戻ってきます。ですので、実質、月に1,900円程のご負担で、3,000円分の支援ができます。(確定申告をする必要があります。)


ご支援よろしくお願いします。