♥いいね!で応援する(無料)
日本でも多くのNPO/NGOが活動をしています。一人でも多くの人に知ってもらうことが、問題解決の第一歩になります。ぜひいいね!してください。
途上国の子どもの教育支援・緊急支援を行う国際NGO・グッドネーバーズ・ジャパン
× 閉じる
いいね!して新着情報をチェック!
制作: 特定非営利活動法人山科醍醐こどものひろば
子どもの貧困という言葉を聞いたことがありますか?

今日本では、6人に1人の子どもが「貧困」だと言われています。

しかし、先進国のはずの日本で、貧困と言われてもピンとこない方もいるのではないでしょうか。

実際にはこの動画に出てくるような子どもたちがたくさんいるのです。

中学3年生の主人公・仁くん。

母子家庭で、弟と3人家族。母親は心の病気になり、家事も仕事もできないでいるため、生活保護を受けている。

仁くんは、中学生になってからは学校に行かず、家のことと弟の面倒を見ている。

「学校に行ってないんやない。学校に行っている場合じゃないんや。」

しかし周囲の大人たちは「福祉からお金もらってるからいいねぇ」「修学旅行代は国が持ってるんだから行かないといけないよ!」と話します。

「うちはそんな風に思われとる。テレビでもうちみたいな生活保護を受けている家庭はどうしようもないって。」

果たして、本当に“生活保護を受けている”“不登校”の仁くんはどうしようもないのでしょうか。


豊かだからこそ、貧しい環境の子どもは教育を受けづらくなっている


今日本で言われている貧困とは、「相対的貧困」と言い、所得の中央値の半分を下回っている人の割合で、つまりその国の所得格差を表している数字です。

決して低所得だから不幸という訳ではないですが、日本という国で子どもが育つ中ではとてもお金がかかり、経済的困難から様々な「困った状態」が発生することも少なくありません

わかりやすい衣食住の不足という物質的な部分だけでなく、様々な困った状態に派生し、その子どもが若者、おとなとなり新たな貧困を生むという連鎖を生み出して行くことになります


地域で子どもたちを支えることで、貧困の連鎖を止める


この動画を作成した NPO法人山科醍醐こどものひろばは、動画内で仁くんが行っていたような学習支援や子どもだけで夜を過ごさなければならない家庭の子どもへの夕食・入浴・家庭学習・余暇の保証を行ったりもしています。

自分がうまく出せない。自信がない。学校にも居場所がない。家庭に事情を抱えている。

でも、行政のサービスが受けられるような重度の課題を抱えているわけではない・・・そんないわゆるグレーゾーンの環境にある子どもたちへ取り組んでいます。




あなたもこのような問題を解決するために、活動を応援してください!!
♥いいね!で10円支援して下さい(無料)
支援金総額: 14,6055,885
あなたが以下のサポーター企業のいいね!をすると、1回につき10円の支援金が「山科醍醐こどものひろば」に届けられます。社会課題解決のために、ぜひ、いいね!してください。
妊娠から幼児期の子育て情報をお届け
Conobie[コノビー]
いいね!で10円
支援しよう(無料)
富士フイルムの情報を楽しくお届けする
Facebookページ。
いいね!で10円
支援しよう(無料)
SONYが今ある空間をそのままに
新たな体験を生み出す、新コンセプト
いいね!で10円
支援しよう(無料)
コンプレックスを解消する
男性美容専門メディア
いいね!で10円
支援しよう(無料)
日本で初めての
オーガニック料理教室。
いいね!で10円
支援しよう(無料)
~保険をもっと身近なものに!~
メディケア生命の公式Facebookページです。
いいね!で10円
支援しよう(無料)
ソフトバンクの情報を配信する
公式Facebookページです。
いいね!で10円
支援しよう(無料)
※サポーター企業と団体は、直接的な関係があるわけではございません。
※同じサポーター企業への2回目以降のいいね!は無効となります。