いいね!して新着情報をチェック!

「人権」 のタグが付いているトピック


素朴な疑問・質問、大募集中!
「その他人権」に関して、気になっていること、知りたいことはありませんか?まずは気軽に書きこんでみましょう!
147件中 110件表示
1
..
トピックにタグを付けてください
内容
内容を選択 >
テーマ
テーマを選択 >
×
地域を選択 >
+タグの新規追加
地域を候補の中から選んでください
テーマを候補の中から選んでください
内容を候補の中から選んでください
タグを候補の中から選んでください
タグの種類を選んでください
地域を選んでください
テーマを選んでください
子育て・教育を選んでください
国際協力を選んでください
環境を選んでください
人権を選んでください
動物保護を選んでください
医療・介護を選んでください
被災地支援を選んでください
文化・スポーツを選んでください
仕事・雇用を選んでください
地域活性化・コミュニティを選んでください
内容を選んでください
投稿元: その他

【イベント】8月26日(日) 中高生向け夏休みセミナー『私たちの身近にもある「貧困」問題』

認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
2018年8月15日 14:42
貧困や格差、という言葉、ピンときますか?
2030年までの世界が達成する目標として、SDGs(持続可能な開発目標)が掲げられ、
貧困・格差をなくすことは、世界の重要なゴールの一つと設定されました。
それは途上国の恵まれない子どもたちの問題かな、と思う人もいるかもしれません。
でも、実は私たちの身近にあります。
貧困や格差、という言葉、ピンときますか?
2030年までの世界が達成する目標として、SDGs(持続可能な開発目標)が掲げられ、
貧困・格差をなくすことは、世界の重要なゴールの一つと設定されました。
それは途上国の恵まれない子どもたちの問題かな、と思う人もいるかもしれません。
でも、実は私たちの身近にあります。
若者の貧困、子どもの貧困、お年寄りの貧困・・・
お金がなくて大学に行けない、ネットカフェで生活するしかない等、
若い人たちの貧困も社会問題となってきました。
貧困や格差は未来や希望を奪い、多くの場合、人権が根底から奪われます。
多くの人が貧困に苦しまないため、私たちに何ができるでしょう。
貧困問題を中心に社会問題にとりくむゲストとともに、
「自分たちに何ができるか」を考えてみませんか?
たくさんの中高生のご参加お待ちしております!

日時:8月26日(日)
14:00~17:00(開場13:30)

場所:玉川聖学院 谷口ホール
〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-11-22
東急東横線「自由が丘駅」正面出口より徒歩約6分
東急大井町線「九品仏駅」より徒歩約3分
http://tamasei.ed.jp/access/

参加費:中高生:500円
関係者・保護者:1,000円
大学生:1,000円(中高生優先)
大人一般:1,200円

お申込方法:参加申込フォームよりお申込みください:
https://docs.google.com/forms/d/1wgsrlZL7VUyxVg900u1kp1YRVBDYp0d-R4TPtZ6Yrfg/
上記からお申込みができない場合は、下記のHRN事務局宛に、件名を「8/26開催 中高生 夏休み人権セミナー参加希望」として、お名前、ご連絡先を明記の上、Eメールでお申し込みください。

お問合せ:ヒューマンライツ・ナウ(HRN)事務局
Tel:03-3835-2110
Email:event@hrn.or.jp

主催:認定NPO法人 ヒューマンライツ・ナウ
協力:玉川聖学院
投稿元: その他

【イベント】8/7 女性限定 チャリティヨガ&トークイベント:ヨガ×ココロ 

認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
2018年8月2日 17:28
暑い夏がやってきましたね。
ヒューマンライツ・ナウではこのたび、 チャリティヨガ・イベントを開催することにしました。
あわただしい日常の中、どうしても 周囲に優しくない態度を取ってしまう、 地球に優しくない行動をとってしまう、 自分を大切にできない、 そんな時、どうしますか。

にじいろヨギー代表で、女性の想いに寄り添う ヨガを教え続けてこられた見城佐知子さんをインストラクターとして お招きし、ヨガ&トークのイベントを開催します。
暑い夏がやってきましたね。
ヒューマンライツ・ナウではこのたび、 チャリティヨガ・イベントを開催することにしました。
あわただしい日常の中、どうしても 周囲に優しくない態度を取ってしまう、 地球に優しくない行動をとってしまう、 自分を大切にできない、 そんな時、どうしますか。

にじいろヨギー代表で、女性の想いに寄り添う ヨガを教え続けてこられた見城佐知子さんをインストラクターとして お招きし、ヨガ&トークのイベントを開催します。

ヨガ・インストラクター:見城佐知子さん
トーク:見城佐知子さん×伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ事務局長

■インストラクター・見城佐知子さん(にじいろヨギー代表)
多摩美術大学卒業後、設計事務所にて働く。その後妊娠を機に専業主婦へ。末の娘の出産後、ヨガを学び指導者となる。 ヨガインストラクターとして活動をはじめたその年の3.11もきっかけとなり生き方、暮らし方を見直しはじめる。より人に優しく環境に優しい生き方へ少しずつシフトし、2017年にはエシカルコンシェルジュ講座を2期にわたって受講し、さまざまな立場からエシカルを伝えている。 居住地の世田谷区では産前産後の講座の講師として活動、また区外の地域の子育て支援の場でもカラダのことだけでなく女性の悩みに寄り添った指導を続けている。 それとは別に__KU_KO(クコ)というブランドをもち、仲間と一緒に洋服をはじめとしたものづくりを続けながら、モノを大切にするということを知る機会になればと思っている。 2017年より和綿の栽培にチャレンジし、2018年よりWAcottonという名でプロジェクトを開始し、毎週コットン畑へ足を運んでいる。

お話の相手  ヒューマンライツ・ナウ事務局長 伊藤和子 ヨガ初心者


日時 2018年8月7日 午後6時半~8時半



会場 東京(詳細は未定)
詳細はホームページをご確認ください:http://hrn.or.jp/news/14285/

6時会場

6時半~7時15分 ヨガ

7時半~8時半   トーク 見城さんと語る「ヨガとココロ、カラダ、エシカルな生き方」

ワン・ドリンク付き3500円 (HRNから寄付金受領書を発行いたします)。



事前申込制 8月5日までにお申し込みください。(最少催行人数 10名。定員25名

定員に達し次第締め切らせていただきますので、お申込みはお早めにお願いします)

申込みフォームはこちら:https://docs.google.com/forms/d/1iTdxCN3bJ8nNzmDQw6uHO2y1yT8i6_6ttfFqMON_p_k/

フォーム送信が困難な場合にはメール(event@hrn.or.jp)宛に、

件名を「8/7イベント参加希望」として、

お名前、ご所属(任意)、ご連絡先、どちらで当イベントをお知りになられたかを明記の上、お申し込みください。
投稿元: その他

【イベント】7月24日(火)オリンピック&パラリンピック×人権:2020年までに達成したい!ダイバーシティー・人権の課題を語ろう

認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
2018年7月2日 14:02
東京オリンピック・パラリンピックまでもうすぐ2年。
オリンピック憲章は、人権・ダイバーシティーの尊重を明記しており、開催地・都市にはそれにふさわしい取り組みが求められています。
果たして東京・日本の人権・ダイバーシティはどうでしょう。差別的な表現、自分とは違う人たちへの無理解や無関心等によって苦しんでいる人たちがいます。東京都でオリンピック憲章に基づく条例制定の動きもありますが、自治体から社会全体にどんなメッセージを伝えることができるでしょうか。そして市民ひとりひとりは何ができるでしょうか。
LGBT、外国人差別、障害者の課題などについて、最前線で活動する方々に集まっていただき、議論する機会を設けたいと思います。ぜひ、皆様のご参加をお待ちしています。

東京オリンピック・パラリンピックまでもうすぐ2年。
オリンピック憲章は、人権・ダイバーシティーの尊重を明記しており、開催地・都市にはそれにふさわしい取り組みが求められています。
果たして東京・日本の人権・ダイバーシティはどうでしょう。差別的な表現、自分とは違う人たちへの無理解や無関心等によって苦しんでいる人たちがいます。東京都でオリンピック憲章に基づく条例制定の動きもありますが、自治体から社会全体にどんなメッセージを伝えることができるでしょうか。そして市民ひとりひとりは何ができるでしょうか。
LGBT、外国人差別、障害者の課題などについて、最前線で活動する方々に集まっていただき、議論する機会を設けたいと思います。ぜひ、皆様のご参加をお待ちしています。

【参加費】
一般 1,500円
ヒューマンライツ・ナウ会員、マンスリーサポーター、学生 1,000円

【日時】
2018年7月24日(火) 18:30-21:00 (開場 18:15)

【場所】
専修大学 神田キャンパス 5号館 6階 561教室
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8

交通案内
・水道橋駅(JR)西口より徒歩10分
・九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩5分
・神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩5分
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html#kanda
施設案内
https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/

【スピーカー】 
上川あや氏(世田谷区議会議員)×藤原志帆子氏(ライトハウス代表)×殷勇基氏(東京弁護士会・弁護士)×崔栄繁氏(DPI日本会議)

【お申込み】
参加申込ご希望の方は以下のフォームよりお申込みください:
https://docs.google.com/forms/d/1el-FUwO-go-A7R-LWolSNiktvNZTADfA5gNL-W-Rk-k/
フォーム送信が困難な場合にはメール(event@hrn.or.jp)宛に、件名を「7/24イベント参加希望」として、お名前、ご所属(任意)、ご連絡先、どちらで当イベントをお知りになられたかを明記の上、お申し込みください。
投稿元: その他

7/12~8/30【英会話連続講座】英語で学ぼう!SDGs×人権◆開催のお知らせ

認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
2018年6月28日 13:39
国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、この夏も「英語で学ぼう!SDGsと人権問題」を開催することになりました。

初めて参加される方も、去年のセミナーに参加された方にも楽しんで頂けるように、国連の仕組みに関する基礎講座に加え、ビジネスと人権( SDGゴール 8 )などといった時事に合ったトピックも加えました。
是非、皆様のご参加お待ちしております!

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウでは、この夏も「英語で学ぼう!SDGsと人権問題」を開催することになりました。

初めて参加される方も、去年のセミナーに参加された方にも楽しんで頂けるように、国連の仕組みに関する基礎講座に加え、ビジネスと人権( SDGゴール 8 )などといった時事に合ったトピックも加えました。
是非、皆様のご参加お待ちしております!

< 7月セミナー>
①7月12日(木)19:30-20:50 テーマ『持続可能な開発目標(SDGs)と人権の入門 』
②7月19日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGsと土地に対する権利(SDGゴール 9, 11, 15, 7)』
③7月26日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 16:平和とガバナンス 』

< 8月セミナー>
④8月2日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 8:ビジネス、経済成長と人権 』
⑤8月9日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 5:ジェンダー平等と女性の権利 』
⑥8月16日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 13:気候変動への対策と人権 』
⑦8月23日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 10:貧困と不平等をなくす 』
⑧8月30日(木)19:30-20:50 テーマ『 SDGゴール 3:健康と福祉 』

★お申込み方法や参加費など詳細は下記をご覧ください。
http://hrn.or.jp/news/14122/
_____________________________________________________________________
【主催】
認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
投稿元: その他

パレスチナ・ガザの今 〜現地からの最新報告と人権をめぐる専門解説〜

認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
2018年6月26日 17:22
3月30日以降、ガザの市民はイスラエルへの抗議運動を続けています。

故郷に70年も帰れずにいる難民の帰還権を求めるこの運動に対し、
イスラエル当局は実弾発砲をも含む武力で応じ、死傷者は増える
ばかりです。これまでに135人の市民が亡くなったほか、1万4,000人
3月30日以降、ガザの市民はイスラエルへの抗議運動を続けています。

故郷に70年も帰れずにいる難民の帰還権を求めるこの運動に対し、
イスラエル当局は実弾発砲をも含む武力で応じ、死傷者は増える
ばかりです。これまでに135人の市民が亡くなったほか、1万4,000人
以上が負傷し、子ども、ジャーナリスト、医療従事者も攻撃の対象
となって命を落としています。そして国際社会の非難をよそに、
国際法に違反するこれらの暴力は止みません。

ガザの人々は、一体なぜ、危険な抗議運動を続けているのでしょうか。
銃弾の飛び交う抗議運動の中で、
私たちに何を訴えようとしているのでしょうか。
そして、国際社会や私たちは、どのように応えるべきなのでしょうか。

本イベントでは、ガザ支援を続けてきた日本のNGO職員、
現地取材から戻ったばかりのジャーナリスト、そして国際法の
専門家の観点から、ガザを取り巻く状況を紹介します。

5月に行われた米国大使館のエルサレム移転の影響や、人々の声、
日本のNGOや海外NGOによる提言、国連の動きなど、
最新の情勢を解説し、来場者の皆様の質問にもお答えします。
ぜひご参加ください!

【イベント概要】
日 時/ 2018年 7月 3日 (火) 19:00~20:30
会 場/ 天光院 シュリーホール (定員70名)
     〒105-0011東京都港区芝公園1-3-16 電話:03-3431-1328
    交通案内:
    都営地下鉄三田線 御成門駅 A2出口から徒歩1分
    ※バリアフリー(エレベーター)出口A6から徒歩3分
    JR線・東京モノレール 浜松町駅 徒歩13分
    都営地下鉄浅草線・大江戸線 大門駅 A3出口から徒歩12分
資料代/1,000円

【申込方法】
事前予約必須ですので、以下URLより必要事項を入力してお申込み下さい。
https://www.ngo-jvc.net/jp/form/event/20180703-palestineevent.html

主催:
(特活)日本国際ボランティアセンター(JVC)
(特活)ヒューマンライツ・ナウ
協力:
(特活) アーユス仏教国際協力ネットワーク

【登壇者プロフィール】
●並木 麻衣 氏
日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業担当
イラク戦争のニュースを見て「紛争下でもたくましく生きる人々の
素顔を探しに行きたい」と思い、大学でアラビア語と平和構築を
専攻。授業で知った"紛争地"パレスチナで暮らしてみたくなり、
2006年から1年間パレスチナ・イスラエルへ留学。現地に友人が
増え、紛争の両側で生きる人々が抱える問題に直に触れ「日本から
できることは何だろう」と悩みを深めて帰国。大学卒業後はIT
ベンチャー、経理、大学などで働き、スーダン障がい者支援NGO
事務局長職を経て、2013年7月からJVCパレスチナ事業担当。

●志葉 玲 氏
ジャーナリスト
番組制作会社をへて2002年春から環境、平和、人権をテーマに
フリーランスジャーナリストとしての活動を開始する。
2003年3月から、イラク戦争の現地取材を複数回行い、2006年の
レバノン戦争、2014年のガザ攻撃など紛争地取材を重ねている他、
脱原発・自然エネルギー取材の他、沖縄などの米軍基地問題や
安保法制、貧困・格差など幅広く取材、発表している。雑誌・新聞
に寄稿し、現地で撮影した写真・映像をテレビ局や通信局に提供
する他、コメンテーターとして各メディアで発言、全国各地で講演
を行っている。Yahoo!ニュース個人のオフィシャルライター。

●伊藤 和子
弁護士/ヒューマンライツ・ナウ
1994年に弁護士登録。女性、子どもの権利、えん罪事件など、
人権問題に関わって活動。米国留学後の2006年、国境を越えて世界
の人権問題に取り組む日本発の国際人権NGO ヒューマンライツ・
ナウを立ち上げ、事務局長として国内外で現在進行形の人権侵害の
解決を求めて活動中。同時に弁護士として、女性をはじめ、権利の
実現を求める市民の法的問題の解決のために日々活動している。
ミモザの森法律事務所(東京)代表。

≪参考≫
日本国際ボランティアセンターのウェブサイト
http://www.ngo-jvc.net/jp/event/event2018/07/20180703-palestineevent.html

【お問い合わせ】
日本国際ボランティアセンター パレスチナ事業担当:並木 麻衣
TEL:03-3834-2388 MAIL:namiki@ngo-jvc.net
投稿元: その他

国際人権NGOヒューマンライツ・ナウ:スタッフ募集(総務・会計スタッフ<パートタイム>)

ヒューマンライツ・ナウ
2018年6月19日 15:14
http://hrn.or.jp/news/12540/
●人数:1名 ●週3~4日(パートタイム。試用期間あり。一年更新)
●待遇:時給1,100円。交通費実費支給、雇用保険加入。
●勤務地:東京都/ヒューマンライツ・ナウ東京事務所
●業務内容:総務・会計
http://hrn.or.jp/news/12540/
●人数:1名 ●週3~4日(パートタイム。試用期間あり。一年更新)
●待遇:時給1,100円。交通費実費支給、雇用保険加入。
●勤務地:東京都/ヒューマンライツ・ナウ東京事務所
●業務内容:総務・会計
■業務内容の詳細
(1)総務事務業務(会員管理、領収書発行、発送業務、人事労務など)
(2)経理事務(入出金管理、月次会計入力、年次決算、小口精算など)
(3)事業資金調達と管理(助成金申請、助成金の資金管理)
(4)ボランティアのコーディネート
■評価される資質・経験など
・企業や各種団体で、総務・会計事務の実務経験のある方
・PCスキル(Word・Excel基本操作、メール操作、データベース入力)
・ヒューマンライツ・ナウのミッションを理解し、適切・誠実に業務を遂行する能力
・正確な事務処理能力、多様なタスクを効率的にこなし、締め切りを守る能力
※簿記2級~3級の資格を有していることが望ましい。
■応募方法
・カバーレター(応募動機、希望の勤務形態等を明記)
・履歴書(写真必須、連絡先を明記)
・職務経歴書
を、下記郵送にてお送りください。
書類選考後、面接にお進み頂ける方には追ってご連絡をいたします。
なお、選考状況等に関する個別のお問い合わせ、並びに提出書類の返却には応じかねますのでご了承ください。
 宛先(郵送):
  東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
  特定非営利活動法人ヒューマンライツ・ナウ
  経理事務スタッフ募集担当 採用担当 宛
応募締切:適任者が見つかり次第、締切らせていただきます。
連絡先:
ヒューマンライツ・ナウ東京事務所
110-0005 東京都台東区上野5-3-4クリエイティブOne秋葉原ビル7階
電話 03-3835-2110 Mail: info@hrn.or.jp
投稿元: その他

【イベント】6月26日(火)『ビジネスと人権セミナー :ESGの視点から見た企業のセクシャルハラスメント対応の課題』

伊藤和子
2018年6月18日 16:01
#MeToo x 企業
『ビジネスと人権セミナー :ESGの視点から見た企業のセクシャルハラスメント対応の課題』

財務省のセクハラ問題を契機に、日本におけるセクハラ被害について様々な議論が交わされるようになりました。海外では昨年からの#Metoo運動を契機に、映画産業や民間大企業でのセクハラ被害が次々と明らかにされる中、セクシュアル・ハラスメント対応の不備がガバナンス・リスク、ひいてはESG投資リスクとみられるようになってきています。

#MeToo x 企業
『ビジネスと人権セミナー :ESGの視点から見た企業のセクシャルハラスメント対応の課題』

財務省のセクハラ問題を契機に、日本におけるセクハラ被害について様々な議論が交わされるようになりました。海外では昨年からの#Metoo運動を契機に、映画産業や民間大企業でのセクハラ被害が次々と明らかにされる中、セクシュアル・ハラスメント対応の不備がガバナンス・リスク、ひいてはESG投資リスクとみられるようになってきています。

翻って日本の民間企業のセクハラ対応はどうでしょうか。厚労省の調査でも均等法に基づくセクハラ対応が適切になされている企業は決して多数とはいえないことが明らかになっています。また、取引先に関連したセクハラへの対応という課題への対策が問われています。

こうしたなか、投資、企業のコンプライアンス、ジェンダー視点からのセクハラ対応や企業のダイバーシティの実現等の視点から第一線で活躍する講師をお招きし、日本企業、日本社会のセクシュアルハラスメント対応の課題を議論します。
実践的な講座となりますので、是非奮ってご参加下さい。
イベントURL:
http://hrn.or.jp/news/14023/

【日時】6月26日(火) 18:30-21:00(開場:18:00)

【場所】 専修大学 神田キャンパス 5号館 542号室
〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8

交通案内
・水道橋駅(JR)西口より徒歩10分
・九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩5分
・神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩5分
http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/access.html#kanda
施設案内
https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/

【スピーカー】
大和総研 河口真理子氏
ジャーナリスト 冶部れんげ氏
弁護士   五味祐子氏

【参加費】
法人(企業関係者):2000円
個人:1500円

【申 込】
参加申込ご希望の方は以下のフォームよりお申込みください:https://docs.google.com/forms/d/1oXkOpKCXfB7Bc5C1O-I7Nj6alMlRkwJhIsNeYjqaCJY/

フォーム送信が困難な場合にはメール(event@hrn.or.jp)宛に、
件名を「6/26イベント参加希望」として、
お名前、ご所属(任意)、ご連絡先、どちらで当イベントをお知りになられたかを明記の上、お申し込みください。

【スピーカープロフィール】

○河口真理子氏
一橋大学大学院修士課程修了後年大和証券入社。その後大和総研にて企業調査、SRI/CSRの調査研究に従事。2010~2011年大和証券グループ本社CSR室長~広報部CSR担当部長。2012年4月から 大和総研調査本部主席研究員。担当分野はESG投資、CSR、ソーシャルビジネス、エシカル消費。国連グローバル・コンパクト・ジャパンネットワーク理事、NPO法人・日本サステナブル投資フォーラム共同代表理事。エシカル推進協議会理事、アナリスト協会検定会員、サステナビリテイ日本フォーラム評議委員他著書「ソーシャルファイナンスの教科書」生産性出版

○冶部れんげ氏
ジャーナリスト。東京大学大学院情報学環客員研究員。昭和女子大学現代ビジネス研究所研究員。 1997年一橋大学法学部卒業後、日経BP社入社。経済誌の記者を務める。2006~07年ミシガン大学客員研究員としてアメリカの共働き子育て先進事例を調査。14年からフリーに。2018年一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。著書『稼ぐ妻・育てる夫―夫婦の戦略的役割交換』(勁草書房)『ふたりの子育てルール』(PHP研究所) 東京都男女平等参画審議会委員、日本政府主催の「国際女性会議WAW!」アドバイザーズメンバー2児の母。

○五味祐子氏
弁護士(パートナー)・国広総合法律事務所(http://kunihiro-law.com/)

1994年3月 上智大学法学部国際関係法学科卒業。1999年4月 弁護士登録(第二東京弁護士会)。

役職・委員など:内閣府法令遵守対応室・法令参与(現任)/海上保安庁 情報セキュリティ・アドバイザリー会議・委員(現任)/一般社団法人生産技術奨励会評議員(現任)/消費者庁 消費者志向経営の取組促進に関する検討会・委員/消費者庁 内部通報制度に関する認証制度検討会・委員。
著書:「なぜ、企業不祥事はなくならないか」(共著、日本経済新聞出版社)他。
投稿元: その他

【イベント】 HRN共催企画「POLARISー私がみる国際協力へのみち UN × NGO × フリーランス」

認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
2018年6月12日 12:16
★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’*

POLARIS 私がみる国際協力へのみち UN × NGO × フリーランス

☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°
★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’*

POLARIS 私がみる国際協力へのみち UN × NGO × フリーランス

☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* + ☆°・ ‥.゜★。°

いつかテレビで観た、銃弾の飛び交う戦地で、飢餓に喘ぐ避難民キャンプで懸命に生きる子ども達の姿。

ふとしたきっかけで、遠く離れた誰かの苦しみに想いを馳せ、国際協力の道を志す人々は少なくありません。

しかし、それを単なる志に終わらせず実際に行動に移し、国際協力の大道を歩まれる方は僅か。

多くは国際協力をキャリアにする難しさと不透明さに不安を感じ、いつのまにか就職活動の波に飲まれ、”若き日の志”と終わってしまっています。

「より多くの日本人が国際協力の場へ足を踏み出すべきだ」と言われる中、そもそも国際協力の幅広い形が知られていないことが、そのように叫ばれる原因の根っこにあるのではないかと思います。

私たちHearTo(ヒアトゥー)は、「“ヒト”を映し出すことで“ヒト”を動かす」を理念に、これまで3号のフリーペーパーを通して国際協力に携わっている方々に迫り、多様な生き方を発信してまいりました。

今回、紙面を飛び出して、“ヒト”へダイレクトに発信していきます。

国際協力の第一線で活躍されている方が、どのような経緯で今のお仕事をなさっているのか。また、その具体的な内容や特色、強みは何なのか。

国連・NGO・フリーランスという3つの違う携わり方を知り、その場で比較するイベントです。

より具体的かつ現実的に国際協力を”将来のキャリア”として考えてみませんか。

夜空に瞬くPolaris(北極星)のようにこのイベントでの出逢いが、未来を照らす一つの指針となること。そして…個人に秘められた無限の可能性に気づいてもらうこと。それが私たちの願いです。

また当日は、同団体で活動するロヒンギャ難民プロジェクトの写真展「OROSCOPO」も併設致しております。3月に好評を博したこの写真展をこの機会に再び開催することになりました。これは、ベルギー人の写真家 David Verberckt さんとの共同で行っているもので、二者の視点からみたロヒンギャをクローズアップしております。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日 時】 2018年6月15日(金)  16:30 – 18:30 (開場16時/入退出自由)

【会 場】 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 1階 シンポジウムスペース

     〒223-8521 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

     日吉駅(東急東横線・目黒線/横浜市営地下鉄グリーンライン)下車 徒歩1分

     <http://www.hc.keio.ac.jp/ja/hiyoshi_campus/guide/index.html>

     <https://www.keio.ac.jp/ja/maps/hiyoshi.html>

【形 式】 登壇、並びに対話セッション

【資料代】 学生無料/一般1,000円

【タイムテーブル】

16:30-17:30  各登壇者によるプレゼン(20分×3)

     〜【国連職員・NGO職員・フリーランス】三者多様な国際協力の携わり方をご紹介します〜

17:30-18:10  登壇者×学生によるトークセッション

     〜HearToメンバーが、三名の現在に至る経緯や学生時代に迫ります〜

18:10-18:30  Question & Answer session(質疑応答)

     〜最後は来場者の皆様から直接インタビュー!トークセッションで湧いた疑問や興味に答えます〜

【Facebookページ】

イベント情報はこちらからもご確認できます↓

https://www.facebook.com/events/132319114304676/

【予約フォーム】

参加される方は、お手数ですが、人数把握のため以下の予約フォームにご記入を宜しく御願い致します。

https://goo.gl/forms/rK5S8q5VAuAlcfJ82
投稿元: その他

【関西イベント】HRN関西:新人弁護士等歓迎企画!朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権

認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
2018年6月5日 14:44
ヒューマンライツ・ナウ関西/新人弁護士等歓迎企画!
朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさんは、朝鮮学校高校「無償化」問題についてご存知でしょうか。
2010年、日本政府が留保を続けていた社会権規約13条「無償教育の漸進的導入」につき、ついに留保を撤回し、「高校無償化制度」が始まりました。
ヒューマンライツ・ナウ関西/新人弁護士等歓迎企画!
朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさんは、朝鮮学校高校「無償化」問題についてご存知でしょうか。
2010年、日本政府が留保を続けていた社会権規約13条「無償教育の漸進的導入」につき、ついに留保を撤回し、「高校無償化制度」が始まりました。
「全ての意志ある高校生が安心して勉学に打ち込める社会をつくるため、高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図」(文部科学省HP)るという素晴らしい制度の始まりでした。
この制度は、外国籍の高校生たちも当然対象となっていたのです。しかし、現在、朝鮮学校に通う高校生たちはその対象から除外されてしまっています。
ヒューマンライツ・ナウは、2010年3月に「高校授業料無償化政策からの朝鮮学校除外に反対する緊急の要請書」
において、日本政府に対し、朝鮮学校のみを除外する措置は、憲法および日本が批准している人権条約上の義務に明確に違反する重大な差別であるため、朝鮮学校を除外することなく、差別なき平等な無償化政策を実施するよう強く要請しました。
各地で訴訟が進み、一審判決も出揃う中、改めて、朝鮮学校高校「無償化」問題について、そして国際人権の観点から、民族教育を受ける権利・アイデンティティ教育を受ける権利について、共に考えてみませんか。
2017年7月28日大阪地方裁判所第2民事部が朝鮮学校高校「無償化」訴訟について歴史的な勝訴判決を下しました。
本企画には、大阪訴訟弁護団からの報告もあります。
みなさん、ぜひ奮ってご参加ください!
日 時/2018年6月27日(水)
    18時30分~20時30分(開場18時)
会 場/大阪弁護士会館 1205号室 (530-0047 大阪市北区西天満1-12-5)
 京阪電車中之島線 なにわ橋駅 出口1から約5分
 地下鉄・京阪本線 淀屋橋駅 1号出口から約10分
 地下鉄・京阪本線 北浜駅 26号階段から約7分
 JR東西線 北新地駅 約15分
参加費/500円(資料代含む) 
    ※司法修習69期・70期・71期の方は無料です。
<内容>
1 ヒューマンライツ・ナウよりプロジェクト活動の紹介
2 朝鮮学校高校「無償化」裁判と国際人権
 ・朝鮮学校無償化裁判の概要についての報告
 ・朝鮮学校の歴史についての報告
 ・民族教育、アイデンティティ教育についての国連の考え方
 ・日本における民族教育、アイデンティティ教育の現状
3 質疑応答
【お申し込み・お問い合わせ】
メールにてお名前、ご所属(任意)を明記の上、6月22日(金)までにお申し込み下さい。
hrn-kansai@hrn.or.jp (ヒューマンライツ・ナウ関西グループ)
<主催> 認定NPO法人ヒューマンライツ・ナウ
投稿元: その他

【イベント】6月8日(金)シンポジウム『メディアで起き始めた#Me Too  声をあげられる社会をつくるために』

伊藤和子
2018年5月29日 15:00
[日時] 6月8日(金) 18時から21時 / [場所] 専修大学 神田キャンパス 5号館7階571教室 / [主催] ヒューマンライツナウ / [参加費] 一般2000円、学生1000円 / [スピーカー] 小島慶子氏(エッセイスト・東京大学大学院情報学環客員研究員)、浜田敬子氏(ビジネスインサイダー統括編集長)、古田大輔氏(BuzzFeed Japan編集長)、伊藤詩織氏(フォトジャーナリスト)

内容:
6月8日(金)午後6時から9時まで、財務省のセクハラ問題や#MeToo運動の専門家たちを招き、政府がどう変わるべきか、女性への人権侵害のない日本社会をどうつくるかを議論していくシンポジウムを開催致します。
今年4月に財務省のセクハラ問題が発覚し謝罪したものの、財務省の対応は問題を生んでいます。それから、日本でもメディアを通じて数々の女性たちが#MeToo運動を起こし始めました。声をあげる被害者への二次被害が深刻ななか、私たちがどう現実を変えれるか、そしてセクハラや性暴力を許さない社会、声をあげられる社会をどうつくっていけるかが現在、重要になっています。
[日時] 6月8日(金) 18時から21時 / [場所] 専修大学 神田キャンパス 5号館7階571教室 / [主催] ヒューマンライツナウ / [参加費] 一般2000円、学生1000円 / [スピーカー] 小島慶子氏(エッセイスト・東京大学大学院情報学環客員研究員)、浜田敬子氏(ビジネスインサイダー統括編集長)、古田大輔氏(BuzzFeed Japan編集長)、伊藤詩織氏(フォトジャーナリスト)

内容:
6月8日(金)午後6時から9時まで、財務省のセクハラ問題や#MeToo運動の専門家たちを招き、政府がどう変わるべきか、女性への人権侵害のない日本社会をどうつくるかを議論していくシンポジウムを開催致します。
今年4月に財務省のセクハラ問題が発覚し謝罪したものの、財務省の対応は問題を生んでいます。それから、日本でもメディアを通じて数々の女性たちが#MeToo運動を起こし始めました。声をあげる被害者への二次被害が深刻ななか、私たちがどう現実を変えれるか、そしてセクハラや性暴力を許さない社会、声をあげられる社会をどうつくっていけるかが現在、重要になっています。
エッセイスト・東京大学大学院情報学環客員研究員の小島慶子さん、ビジネスインサイダー統括編集長の浜田敬子さん、BuzzFeed Japan編集長の古田大輔さん、そしてフォトジャーナリストの伊藤詩織とともに、財務省をはじめ日本政府やメディア、そして日本社会そのものがどう変わるべきか、私たちに出来ることを考えていきたいと思っています。
HRNイベントURL (http://hrn.or.jp/news/13928/)

参加申込:
参加申込ご希望の方は以下のフォームよりお申込みください。goo.gl/HtnqFG
フォーム送信が困難な場合にはメール(event@hrn.or.jp)宛に、件名を「6/8シンポジウム参加希望」として、お名前、ご所属(任意)、ご連絡先、どちらで当イベントをお知りになられたかを明記の上、お申し込みください。
147件中 110件表示
1
..